また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2272649 全員に公開 山滑走 白山

別山 天気が崩れる前に

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
風嵐ゲート前
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間25分
休憩
35分
合計
10時間0分
Sスタート地点01:1802:46市ノ瀬ビジターセンター03:14猿壁登山口06:34チブリ尾根避難小屋06:3508:12御舎利山08:26別山08:3808:51御舎利山09:07チブリ尾根避難小屋09:2910:14猿壁登山口10:26市ノ瀬11:18風嵐ゲート11:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〇白山公園線、発電所過ぎまで自転車が使えた。
〇市ノ瀬からの作業道は一部雪切れはあるが、ほぼ雪は繋がっている。
〇1100m地点から曲池を目指す。下部は藪がちだが、1300mあたりから快適なブナ林になる。
〇御舎利山直下はガリガリのためクトー装着。北面はカチカチ、登山道が分かるのでそちらから登る。

●チブリ尾根避難小屋までは若干のカニで登り返しは最小限に。
その他周辺情報大門温泉370円
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋(ガイド 防寒テムレス) インナー手袋 予備手袋(防寒テムレス インナー手袋) 防寒着(化繊ダウン) バラクラバ(厚手) 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン(電池確認) スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備ヘッドランプ 予備電池(スマホ用モバイルバッテリー  単3  単4) GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 細引き ダクトテープ ビニールテープ 針金 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ウィペット ナイフ カメラ スキー板 シール シールワックス スクレイパー クトー ヘルメット ココヘリ 地獄ゴーグル 水500ml ホット紅茶500ml アイゼン ロールペーパー スリング(120mm 60mm) カラビナ2枚 安全環付き1枚

写真

隊列を組んでチャリ。星が出ているので快適。
2020年03月22日 01:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隊列を組んでチャリ。星が出ているので快適。
3
発電所過ぎでチャリデポ。
2020年03月22日 02:13撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発電所過ぎでチャリデポ。
1
林道1100mあたりから取り付く。藪がちだけどすぐに快適になる。
2020年03月22日 04:06撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道1100mあたりから取り付く。藪がちだけどすぐに快適になる。
2
1700mを過ぎて白んできた。
2020年03月22日 05:36撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1700mを過ぎて白んできた。
6
今日はあんちゃんポンです。
2020年03月22日 05:52撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はあんちゃんポンです。
5
この頃には御前峰もガスの中…
2020年03月22日 06:23撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この頃には御前峰もガスの中…
2
別山はまだスッキリ見える。
2020年03月22日 06:24撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山はまだスッキリ見える。
7
別山谷が気になる。
2020年03月22日 06:25撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山谷が気になる。
4
チブリ尾根避難小屋裏で休憩。
2020年03月22日 06:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チブリ尾根避難小屋裏で休憩。
2
尾根筋は黒いところが増えたような気がする。
2020年03月22日 06:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋は黒いところが増えたような気がする。
6
1月にクトーをコロコロ落とした谷筋…覚えてますよ!
2020年03月22日 07:07撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1月にクトーをコロコロ落とした谷筋…覚えてますよ!
5
振り返ってチブリ尾根と大長山。
2020年03月22日 07:08撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってチブリ尾根と大長山。
6
最強親子。
2020年03月22日 07:33撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最強親子。
10
強風のため地獄ゴーグル装着。
2020年03月22日 07:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風のため地獄ゴーグル装着。
5
だんだん爆風になってきた。クトーを効かせ直登。
2020年03月22日 07:40撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん爆風になってきた。クトーを効かせ直登。
4
窪地は無風だった。
2020年03月22日 07:46撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窪地は無風だった。
5
吹き溜まりはフカフカ。
2020年03月22日 07:46撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き溜まりはフカフカ。
6
御舎利山をトラバース気味に進むが、カチカチだった。
2020年03月22日 07:50撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御舎利山をトラバース気味に進むが、カチカチだった。
7
南縦走路は迫力がある。
2020年03月22日 07:50撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南縦走路は迫力がある。
5
さあロックオン!
2020年03月22日 08:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあロックオン!
7
強風で雪が飛ばされてくる。
2020年03月22日 08:21撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風で雪が飛ばされてくる。
6
登頂!爆風です!
2020年03月22日 08:24撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂!爆風です!
10
爆風なんです。
2020年03月22日 08:26撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆風なんです。
13
飛ばされないように。
2020年03月22日 08:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛ばされないように。
8
ここまで来ると視界が効く。
2020年03月22日 08:55撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると視界が効く。
5
急いで下山。
2020年03月22日 08:56撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急いで下山。
5
カリカリ。
2020年03月22日 08:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カリカリ。
5
急ぎます!
2020年03月22日 08:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急ぎます!
5
避難小屋のドアの隙間から雪が入ったのか、中に雪が溜まり開きにくかった。
2020年03月22日 09:08撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋のドアの隙間から雪が入ったのか、中に雪が溜まり開きにくかった。
2
癒やしの森。
2020年03月22日 09:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
癒やしの森。
5
ツリーラン。
2020年03月22日 09:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリーラン。
7
帰りはあっという間。
2020年03月22日 09:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはあっという間。
5
最後は藪藪。
2020年03月22日 09:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は藪藪。
3
快適林道。
2020年03月22日 09:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適林道。
6
鉄骨の上には雪はない。
2020年03月22日 10:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄骨の上には雪はない。
7
そーっと渡る。
2020年03月22日 10:05撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そーっと渡る。
7
雨が降っている。
2020年03月22日 10:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が降っている。
4
雨でまあまあ雪は解けた。
2020年03月22日 11:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨でまあまあ雪は解けた。
4
かっ飛ばして無事帰還!
2020年03月22日 11:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かっ飛ばして無事帰還!
14

感想/記録

天気は下り坂なので、近場の別山に登る。火曜に積もった雪はその後の気温上昇でどれだけ解けただろうか。今回は新しいルートで登ることになり、取付き付近までチャリが使えるのではないかと安易に思っていたが、意外にも発電所過ぎでどっさり残っていた。

1時30分ゲート発ということで1時前に到着し、支度を開始するとMTBの前輪の空気がない!すぐにパンク修理するべく、チューブを確認すると経年劣化でバルブがもげていたので修理不可能。幸い予備チューブがあるので交換し事なきを得た。あぶなくDNSとなるところだった。

日中は雨予報だが、夜中はまだ星が出ている。チャリで雨でなければ天国である。順調に漕いで発電所過ぎでデポ。市ノ瀬からの林道は雪が繋がり快適で、1100mあたりから取り付いた。しばらく登ると快適なブナ林で、暗闇でも大きなブナの木の原生林を楽しむことが出来た。

1700mからアップダウンを作らないように先生がルートを伸ばす。帰りもそれほど苦労せず滑ることが出来た。避難小屋を過ぎても天気はまだもっている。しかし強風なので地獄ゴーグル、防寒、クトー装着で備えた。

稜線からは爆風だった。山頂で写真を撮りあい、神社にお参りしたらすぐに滑走準備。ここでチートシート1枚とスタッフバッグを風で飛ばしてしまった…風上にザックを向けていたので飛ばされてしまった。次回からは風下に向けないければいけないと学習…今更ながら。

滑走するころには山頂はすっかりガスに覆われホワイトアウトなので、急いで下山。御舎利山の登り返しが終わると、ガリガリ斜面を慎重にこなす。谷筋に入るころには視界が効き始めたので安堵。と思ったら雨が降ってきた。避難小屋で雨対策をして急いで下山。あっという間に林道に出た。ここまで来れば安心。後は雨が酷くなる前にチャリを飛ばす。無事帰還し、片づけをしていると雨が酷くなり、帰りの車中では土砂降りとなった。いいタイミングで下山出来た。

YSHR先生の体調も回復されたようなので、これから残雪期もよろしくお願いします!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2118人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ