また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2278262 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 北海道

トヨニ岳南峰〜東峰

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年03月25日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴 気温2℃〜ー13℃ 風0〜10m程度(強かったのは山頂付近だけ)
*てんくら予報C 標高1500m 気温-10℃ 風17m 
アクセス
利用交通機関
車・バイク
浦河側14km先に上杵臼除雪ステーション24時間トイレあり。(ここも野塚トンネルも携帯電波ありません。稜線上だとあるみたいです。)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
09:51
距離
9.0 km
登り
1,142 m
下り
1,157 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間32分
休憩
18分
合計
9時間50分
S野塚トンネル駐車場(十勝側)02:4108:20トヨニ岳南峰08:3311:41トヨニ川左股上二股11:4612:31野塚トンネル駐車場(十勝側)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
写真撮ったり体力が落ちてたりでかなりゆっくりペースです。
コース状況/
危険箇所等
最初の尾根取付きはスノーブリッジあり無くても渡渉可能、雪が解けて笹だらけ雪は薄い最中で中はザラメ笹を掴んで強引に突破した。沢にトレースが残ってたので沢の方がよかったかも。
標高1118mで日高国境稜線に出てご来光待ちのついでにアイゼン・ピッケル・片手ストックに変更。稜線上は新雪が10冂度、吹き溜まり踏み抜きも時々あるがアイゼンで快適。
1251P前後は岩がかなり出ていて歩きにくかった。難所のナイフリッジは前に登った時より雪が少なく傾斜が緩やかで木が飛び出していて歩ける場所が分かりやすく楽勝だった。
南峰から東峰までは吹き溜まりで脛〜膝ラッセル。
東峰からの下山は傾斜が急で柔らかい新雪が乗っているのでスリップに注意が必要だった。途中2回ほど厚さ5〜10冂度の表層雪崩が発生した。下れば下るほど足スボ多発だがスノーシューでは危険な斜度なので我慢。
沢は右岸をスノーシューでヘツリ2回、ツボ足に変えてヘツリ1回して沢の右折地点まで。天馬街道側に1回渡渉して再びスノーシューへ。地形図に無い沢が2つ出てきてスノーシューのまま3つの沢を渡渉3回・スノーブリッジ3つで何とか駐車場に辿り着いた。渡渉は全て石を歩いて濡れずにいけた。
その他周辺情報野塚峠ライブカメラ:2020年3月25日時点の積雪は134cm
*5年前に登った時、2015年3月21日時点の積雪は252cm、もしかしたらカメラや計測位置変わってるかも。
過去記事アドレス http://info-road.hdb.hkd.mlit.go.jp/gazousyosaisaisin14200115.htm
現行アドレス http://info-road.hdb.hkd.mlit.go.jp/RoadInfo/index_gazou.htm#cam23
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

Myアイテム  

ms090 重量:-kg

写真

星を撮りたかったけど4時過ぎには薄明始まってしまった。左に野塚岳。
2020年03月25日 04:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星を撮りたかったけど4時過ぎには薄明始まってしまった。左に野塚岳。
9
4時40分にはマジックアワー。右に野塚岳。
2020年03月25日 04:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時40分にはマジックアワー。右に野塚岳。
5
闇夜に浮かぶトヨニ岳(ちょっと明るめに撮ってる)
2020年03月25日 04:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
闇夜に浮かぶトヨニ岳(ちょっと明るめに撮ってる)
6
ご来光撮影ポイントを探して移動。
2020年03月25日 04:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光撮影ポイントを探して移動。
6
5時30分ご来光。
2020年03月25日 05:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時30分ご来光。
9
朝焼けのトヨニ岳。広角24仍1董△發Δ舛腓辰反覆澆燭ったけど画角が限界、30分程度ご来光待ち。
2020年03月25日 05:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けのトヨニ岳。広角24仍1董△發Δ舛腓辰反覆澆燭ったけど画角が限界、30分程度ご来光待ち。
8
左から南峰偽ピーク、南峰、東峰。
2020年03月25日 05:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から南峰偽ピーク、南峰、東峰。
10
野塚岳方面も焼けている。
2020年03月25日 05:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野塚岳方面も焼けている。
9
左に最初の難所1251P。
2020年03月25日 05:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に最初の難所1251P。
4
アップダウンあるけど気持ちの良い稜線歩き。
2020年03月25日 05:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンあるけど気持ちの良い稜線歩き。
4
反対側は深い谷。
2020年03月25日 05:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側は深い谷。
4
1251P付近は岩がかなり出ていた。
2020年03月25日 06:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1251P付近は岩がかなり出ていた。
5
1251Pから。5年前の同じ時期に登った時よりかなり雪が少ない。
2020年03月25日 06:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1251Pから。5年前の同じ時期に登った時よりかなり雪が少ない。
6
ナイフリッジも優しい感じ。
2020年03月25日 06:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジも優しい感じ。
6
1251Pから野塚岳方面。
2020年03月25日 06:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1251Pから野塚岳方面。
5
影で遊んでみた。
2020年03月25日 07:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影で遊んでみた。
8
ナイフリッジ。左側雪庇になってない!高さも低い!
2020年03月25日 07:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ。左側雪庇になってない!高さも低い!
8
ナイフリッジ上に木が出ていて歩ける場所が分かりやすい。高さも出てないので尖がりが優しく左側の傾斜も緩い。
2020年03月25日 07:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ上に木が出ていて歩ける場所が分かりやすい。高さも出てないので尖がりが優しく左側の傾斜も緩い。
5
雪庇も小さいし今年の稜線はかなり登りやすい気がする。(その分出発の尾根取付き大変だけど)
2020年03月25日 07:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇も小さいし今年の稜線はかなり登りやすい気がする。(その分出発の尾根取付き大変だけど)
4
南峰偽ピークより。左南峰右東峰。美しい斜面。
2020年03月25日 07:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰偽ピークより。左南峰右東峰。美しい斜面。
5
帰路の尾根。結構急斜面。右側に見える沢を橋に向かって歩いていく。
2020年03月25日 07:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路の尾根。結構急斜面。右側に見える沢を橋に向かって歩いていく。
3
右から南峰、北峰、奥のでかいのがピリカヌプリ、左に神威岳。
2020年03月25日 07:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から南峰、北峰、奥のでかいのがピリカヌプリ、左に神威岳。
10
北峰とピリカヌプリ。北峰は5年前に登ったからもういいや、結構アップダウンあって疲れるし。
2020年03月25日 07:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰とピリカヌプリ。北峰は5年前に登ったからもういいや、結構アップダウンあって疲れるし。
5
ピリカヌプリと神威岳の間に見える尖った山が気になる。ピリカヌプリに行かないと見えないのだろうな。
2020年03月25日 07:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピリカヌプリと神威岳の間に見える尖った山が気になる。ピリカヌプリに行かないと見えないのだろうな。
4
南峰偽ピークからの景色が一番好き。
2020年03月25日 07:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰偽ピークからの景色が一番好き。
5
シュカブラが美しすぎる。
2020年03月25日 08:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラが美しすぎる。
4
こんな美しいシュカブラを踏むわけにいかない。
2020年03月25日 08:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな美しいシュカブラを踏むわけにいかない。
3
その横で輝く氷も美しい。(写真だとイマイチ、撮るセンスがなかった)
2020年03月25日 08:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その横で輝く氷も美しい。(写真だとイマイチ、撮るセンスがなかった)
3
トヨニ岳南峰より。テントがあった。北峰越えてピリカヌプリ、人影が全然見えなかったからまだ先まで行ったのだろうか。
2020年03月25日 08:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トヨニ岳南峰より。テントがあった。北峰越えてピリカヌプリ、人影が全然見えなかったからまだ先まで行ったのだろうか。
6
遠く右からウペペサンケ山、ニペソツ山、トムラウシ、十勝連峰は雲が掛かっている。
2020年03月25日 08:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く右からウペペサンケ山、ニペソツ山、トムラウシ、十勝連峰は雲が掛かっている。
2
テントと東峰。テントが張ってある斜面は吹き溜まりになるようで膝位まで埋まった。
2020年03月25日 08:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントと東峰。テントが張ってある斜面は吹き溜まりになるようで膝位まで埋まった。
8
風は10mも無いように感じたけど雪煙は凄い。
2020年03月25日 08:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風は10mも無いように感じたけど雪煙は凄い。
5
雪煙の中、東峰へ。
2020年03月25日 08:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪煙の中、東峰へ。
3
東峰より。正面に南峰、左に南峰偽ピーク。
2020年03月25日 09:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰より。正面に南峰、左に南峰偽ピーク。
4
手前左に野塚岳・右野塚西峰、その奥がオムシャヌプリ(双子山)、その奥が日高十勝岳、左に楽古岳。
2020年03月25日 09:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前左に野塚岳・右野塚西峰、その奥がオムシャヌプリ(双子山)、その奥が日高十勝岳、左に楽古岳。
8
東峰尾根下山中、2回ほど柔らかい新雪の表層雪崩。日で溶けた雪がアイゼンについてスリップしやすかった。雪崩れた所歩くと楽だった。
2020年03月25日 10:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰尾根下山中、2回ほど柔らかい新雪の表層雪崩。日で溶けた雪がアイゼンについてスリップしやすかった。雪崩れた所歩くと楽だった。
2
沢はこんな感じスノーシューで2回へつった。渡渉可能な場所は所々あるので無理にへつらなくてもOK。
2020年03月25日 11:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢はこんな感じスノーシューで2回へつった。渡渉可能な場所は所々あるので無理にへつらなくてもOK。
2
ここはツボ足になってへつった。もう少しで沢の右折ポイント。ここは手前で渡渉しておけばスノーシュー履きっぱなしで駐車場まで行けたかも。
2020年03月25日 11:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはツボ足になってへつった。もう少しで沢の右折ポイント。ここは手前で渡渉しておけばスノーシュー履きっぱなしで駐車場まで行けたかも。
2
地形図に無い沢が2本出てきてちょっと絶望する。スノーシューのまま渡渉3回・スノーブリッジ3つで濡れずに駐車場に辿り着いた。
2020年03月25日 11:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図に無い沢が2本出てきてちょっと絶望する。スノーシューのまま渡渉3回・スノーブリッジ3つで濡れずに駐車場に辿り着いた。
1
スタートの取付き尾根、スノーブリッジありますが無くても渡渉可能、尾根を笹を掴んで強引に登ったが沢にテント泊の方のトレースがあったので使えば良かったかも。
2020年03月25日 12:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートの取付き尾根、スノーブリッジありますが無くても渡渉可能、尾根を笹を掴んで強引に登ったが沢にテント泊の方のトレースがあったので使えば良かったかも。
1

感想/記録
by ms090

コロナの影響で自粛して2月20日以来の登山。
ひと月の間全く運動もせずストレスでバカ食い、筋肉が落ち脂肪が3堊えた体にはトヨニ岳はきつかった。

てんくら予報は全道的に晴れだが標高1500mで風速17m予報。風が強かったら退却でいいやと思いながら登ったら快晴で風は10m程度、快適すぎて南峰と東峰まで行ってしまった。
帰路は戻るのが面倒で東峰尾根を下山、沢はスノーブリッジが少なくヘツリと渡渉を繰り返し何とか靴を濡らさず車まで帰還。

衣類)上半身:ドライナミックメッシュロング+モンベルメリノMW+ミレーブリーザートイフーディー+マムートアルパイン ガイド HSジャケット(稜線上だけ着た)

  手:防寒テムレス+トレールアクショングローブ(2セット)+桐灰カイロマグマミニ

  下半身:モンベルメリノEXP+モンベルトレールアクションタイツ+ノースフェースオールマウンテンパンツ

  足:モンベル2.5亳ネオプレンソックス+スポルティバネパールキューブGTX

装備)ノースフェースエクスペディションネックウォーマー 
   スノーシュー:ライトニングアッセント
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:789人

コメント

絶景素晴らしい!
ms090さんお晩です。katoken185064と申します。イヤ〜素晴らしいレコアップありがとうございます。さすが日高の山ですわ。自分には遠い存在ですので羨ましい限りです。コンディションが悪い時は無理せずまた絶景レコアップしてください。勝手ながら拍手乱れ打ちさせて頂きます(笑)
2020/3/26 20:58
Re: 絶景素晴らしい!
はじめまして。どうもありがとうございます。
トヨニ岳は冬山の中で一番好きな景色なので写真も多くなってしまいました。
今年のトヨニ岳はナイフリッジが急ではないのでかなり登り易いです。記事をアップした週末は登る人が増える傾向にありますし、今が一番登り易い時期なので狙い目だと思います。
2020/3/26 22:10
とても参考になりました
ms090さんこんにちは。
今年もピリカヌプリにチャレンジしたいと思っていましたのでとても参考になりました。ナイフリッジが渡りやすいというのはとても安心できますね。テント泊の方が無事にピークを踏めたのかも気になるところです。私は30日、31日に行く予定なのですが、今からワクワクです。
2020/3/27 19:16
Re: とても参考になりました
こんにちは。
去年チャレンジしてたのですね。
ナイフリッジは木が出てるのでルート取り悩まず歩けて楽でした。
雪庇も発達してないので微妙なアップダウンも少なくて全体的に歩きやすかったです。
ピリカヌプリ楽しんできてくださいね
2020/3/27 21:08
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ