また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2283981 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

大ドッケ〜酉谷山避難小屋

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月26日(木) ~ 2020年03月27日(金)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間23分
休憩
8分
合計
7時間31分
S浦山大日堂BS08:5909:03天目山林道入口09:58細久保集落跡14:28大平山14:35大クビレ14:4115:06七跳山15:54坊主山16:27酉谷峠16:2916:30酉谷山避難小屋
2日目
山行
4時間49分
休憩
23分
合計
5時間12分
酉谷山避難小屋07:1107:12酉谷峠07:31坊主山08:11七跳山08:2108:45大クビレ08:4808:57大平山08:5809:58独標1315m10:0410:10大ドッケ11:38新秩父線61号鉄塔11:51地蔵峠12:13天目山林道入口12:1612:20浦山大日堂BS12:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
大ドッケは、もはや公然の秘密の場所です。
そうは言っても、踏み荒らしだけはやめてほしいものです。
カラ沢から大ドッケに登り詰めたところで幅広く福寿草が踏まれ、みなさんが休憩するところにつながっています。
せめて、ザックは群落の中には置かないような配慮があってもいいのではないでしょうか。
帰路が峠ノ尾根なら、いったん右手の尾根に取付くと福寿草を痛めずにザックを置くことができます。
コース状況/
危険箇所等
カラ沢〜大ドッケ間の沢は、ガレ場を登るので時間が掛かります。
峠ノ尾根から行くのが楽しいです。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

めっきりお花も減ってきた道中ですが、タチツボスミレがほんの少し・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めっきりお花も減ってきた道中ですが、タチツボスミレがほんの少し・・・。
ガレた沢を辿ってお花畑へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレた沢を辿ってお花畑へ
ツアーのご一行と相前後して到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツアーのご一行と相前後して到着
ガイドさんが花見のマナーを注意していました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガイドさんが花見のマナーを注意していました
ずいぶんと衰退してしまいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずいぶんと衰退してしまいました
稜線に復する支尾根からのお花畑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に復する支尾根からのお花畑
その後の、大平山での急激な疲れを乗り越え、酉谷山避難小屋が見えるころには元気回復
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後の、大平山での急激な疲れを乗り越え、酉谷山避難小屋が見えるころには元気回復
なんど見ても、何度通っても飽きることのない別天地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんど見ても、何度通っても飽きることのない別天地
1
2月ごろから、週末は複数の方がご利用されています。狭隘な小屋であり密閉空間になりますので、念のためツェルト等のご準備があってもよさそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2月ごろから、週末は複数の方がご利用されています。狭隘な小屋であり密閉空間になりますので、念のためツェルト等のご準備があってもよさそうです。
1
浦山大日堂近くのエイザンスミレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浦山大日堂近くのエイザンスミレ

感想/記録

こんなことになるから、自生のアツモリソウが20株ほど咲く関東の山も、あの地域の山のホテイアツモリソウも、離島の山のアツモリソウもホームページには、一切背景抜きで画像をアップするだけにして、その手の趣味の方を垂涎させていたのですが、大ドッケは早い段階からGPS のログが公開されていたので、荒れてしまったのは必然ですね。

過去、アツモリソウが自生していたという山に行くと、その面影を追って登山道を離れた踏み跡が今でも見ることがありますが、99%、アツモリソウは絶滅しています。(1%の可能性を求めて歩くといい発見があります。)

そのようなことはともかく、今回の大ドッケは、今年3回目の訪問でした。
酉谷山避難小屋はいつもの佇まいでしたが、計算違いは蝙蝠が入り込んでいたこと、水場がすぐ上のところが鹿のトイレとなっていたことでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:395人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ