また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2286790 全員に公開 ハイキング 丹沢

塔ノ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年04月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴。頂上は日差しがあるので暖いが、風は冷たいので、シェルは必要。昼頃から、風が出てきた様です。登りは日差しがあったので、夏用の帽子があったら良いでしょう。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
7時半頃着きましたが、手前の早くから入れる駐車場は満杯で、駐車待ちの車が並んでました。
トイレだけ、行っとこうと思い、車止めて行きましたが、トイレも並んでたので、やめました。20分位歩くと、觀音茶屋のトイレだがあるので。
こんな情勢なので、登山者も少ないと甘い考えでした。
少し走ると、庭を駐車場にしている所、路肩に停められる所もあるので、駐車場待ちの皆さんを置いて、進むと、庭駐車場が空いてたので、停めさせてもらいました。500円。
土日に行きのは初めてでしたが、もうやめます。平日で。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間47分
休憩
30分
合計
5時間17分
S丹沢クリステル07:4708:05観音茶屋08:1208:25雑事場ノ平08:2508:30見晴茶屋08:3008:45一本松08:4509:01駒止茶屋09:0109:10堀山09:1009:17堀山の家09:1909:39天神尾根分岐09:4010:07花立山荘10:0810:16花立10:1710:21金冷シ10:2210:37塔ノ岳10:5510:58尊仏山荘10:5911:07塔ノ岳11:0811:19金冷シ11:1911:23花立11:2311:33花立山荘11:3311:46天神尾根分岐11:4611:59堀山の家12:0012:07堀山12:0712:14駒止茶屋12:1412:24一本松12:2412:35見晴茶屋12:3512:38雑事場ノ平12:3812:45大倉高原山の家12:4612:57観音茶屋12:5813:11丹沢クリステル13:1113:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪も残ってません。泥濘もなし。最高の登山道。
その他周辺情報土曜日なので、茶店も、全開。
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

写真

もうすぐ頂上。蛭ヶ岳から塔ノ岳。
2020年04月04日 10:16撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ頂上。蛭ヶ岳から塔ノ岳。
1
目指す塔ノ岳?
2020年04月04日 10:17撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す塔ノ岳?
3
雲を従えた富士山
2020年04月04日 10:17撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲を従えた富士山
1
着きました
2020年04月04日 10:39撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました
3
おります。花立。氷の季節。
2020年04月04日 11:33撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おります。花立。氷の季節。
3
鹿の親子?が、草を一生懸命に食べてました。
2020年04月04日 11:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿の親子?が、草を一生懸命に食べてました。
2
撮影機材:

感想/記録

2月に、体力回復のため、3回行きました。
その後、今日は一月ぶり、体力はどうなってるか。昨夜まともに眠れず、登り初めも、調子上がらず、どうなんかな。でも、歩くうちに、元気出てきました。これで、大倉尾根のトレーニングは終わりかな。
大倉尾根フアンには、済みませんが、登山を楽しむ登山道ではないかな。インターから近く、トイレも沢山あり、トレーニングには、最適。でも、ね。
登山者も、タイムトライアル、スピード登山を目指す人が、多い。私が登山を始めたその昔は、登山は、疲れないように、一歩ずつ、体重を乗せてゆっくり行く。だから、歳を取っても続けることができる、と教えられました。今の、登山者は、あんなに早く登って、頂上に立てた喜びあるのかなぁ。
体力回復したら、また、このペースで、ゆっくり登りたいと思っています。例えば、赤岳に登る時は、そういう登り方です。マイペースですね。
でも、また、トレーニングしたくなったら、大倉尾根に来たいと思ってます。
何れにせよ、山の足は、山に登らないと、衰えていくことは確かです。平場では、鍛えられないな。
私も、後、数年かな。やはり、登りたい山はまだまだあるので、頑張っていきたいと思ってます。
なんだかんだ言っても、今日は、楽しかったです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:171人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ