また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2323913 全員に公開 ハイキング 東海

竜頭山(大竜頭〜小竜頭)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年05月01日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
下小滝バス停下駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間52分
休憩
42分
合計
4時間34分
S鳴沢苑12:5714:32竜頭山15:07大竜頭15:4615:59竜頭山16:25小竜頭16:2817:29鳴沢苑17:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
わかりにくいですが、沢を渡ってまっすぐに行くと迷いました。沢を渡ると右手の赤テープあります。初めての方は沢沿いに行くのが無難かな。
その他周辺情報直行直帰でした。
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ 熊鈴 温度計

写真

山間部へは軽自動車ですね。
前日が仕事が遅かったため昼過ぎ着の出発です!天気とトータルの登山時間から暗くなる前に下山予定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山間部へは軽自動車ですね。
前日が仕事が遅かったため昼過ぎ着の出発です!天気とトータルの登山時間から暗くなる前に下山予定。
1
麓の駐車場に止めさせて頂きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の駐車場に止めさせて頂きました。
竜頭山まで1時間半、大竜頭まで約2時間ちょっとですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜頭山まで1時間半、大竜頭まで約2時間ちょっとですね。
沢の音が気持ちいいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の音が気持ちいいです。
熊の罠?、猪か?使用感なしですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の罠?、猪か?使用感なしですね。
見にくいですが道標があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見にくいですが道標があります。
赤い橋の上から川下にパチリ!
2020年05月01日 13:04撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い橋の上から川下にパチリ!
赤テープもあり安心して登れるかと思いきや、出だしで迷いました。赤テープが見つからない。どうやら沢沿いに歩いて行くルートでした。下山時にわかりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤テープもあり安心して登れるかと思いきや、出だしで迷いました。赤テープが見つからない。どうやら沢沿いに歩いて行くルートでした。下山時にわかりました。
ヒノキの中、進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒノキの中、進みます。
常に森林登山道ですが、ちらりと見える時があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常に森林登山道ですが、ちらりと見える時があります。
登り左手がヒノキ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り左手がヒノキ
右手が広葉樹林帯、大きな松も沢山あります。残念ですが穴が開いていて枯れている様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手が広葉樹林帯、大きな松も沢山あります。残念ですが穴が開いていて枯れている様です。
枯れ木のオブジェ。迫力あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ木のオブジェ。迫力あり。
最初、保護色でわからなかったですがヘビ踏みそうになった。全長が短いのでヤバイと思いその場を離れました。マムシじゃないと思うけど。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初、保護色でわからなかったですがヘビ踏みそうになった。全長が短いのでヤバイと思いその場を離れました。マムシじゃないと思うけど。。。
小竜頭との分岐です。帰りに寄りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小竜頭との分岐です。帰りに寄りましょう。
植林地帯を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林地帯を進みます。
ほぼ木の花は咲き終わっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ木の花は咲き終わっていました。
竜頭山登頂!!後ろに三角点が写ってますが。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜頭山登頂!!後ろに三角点が写ってますが。。。
1
自分と竜頭山頂上標
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分と竜頭山頂上標
三角点思って撮りましたが何か違う!違和感を感じ辺りを探すと少し離れた場所にあるではないですか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点思って撮りましたが何か違う!違和感を感じ辺りを探すと少し離れた場所にあるではないですか。
これです。愛知22座目タッチ(^^♪
大竜頭へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これです。愛知22座目タッチ(^^♪
大竜頭へ向かいます。
ここを登るのね。少し岩登りぽくなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登るのね。少し岩登りぽくなってきた。
自分と大竜頭 頂上標
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分と大竜頭 頂上標
絶景です。何枚か似たような写真を残します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景です。何枚か似たような写真を残します。
3
黄砂なのか霞んでますが
鞍掛山、宇連山
中央奥に三ツ瀬明神山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄砂なのか霞んでますが
鞍掛山、宇連山
中央奥に三ツ瀬明神山
1
あまりにも山々が広がっている様を
見にくいですが、パノラマ写真を残しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまりにも山々が広がっている様を
見にくいですが、パノラマ写真を残しました。
笹頭山方面、手前が小竜頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹頭山方面、手前が小竜頭
1
最後に石像があることに気付きましたが崖っぷちなのであえて正面へは回らず、後ろから拝みました。小竜頭へ向かいます。
2020年05月01日 15:18撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に石像があることに気付きましたが崖っぷちなのであえて正面へは回らず、後ろから拝みました。小竜頭へ向かいます。
小竜頭 登頂!ここも見晴らしが良い場所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小竜頭 登頂!ここも見晴らしが良い場所です。
慎重に急いで下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に急いで下山します。
登りと違う沢沿いに下り途中、小さな連滝がありました。
2020年05月01日 17:08撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りと違う沢沿いに下り途中、小さな連滝がありました。
下山途中、ロープ沿いに降りかけたが、尾根が違うため引き戻る。赤テープに従い、ヤマレコ地図データ(計画)で確認しながら沢まで下りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中、ロープ沿いに降りかけたが、尾根が違うため引き戻る。赤テープに従い、ヤマレコ地図データ(計画)で確認しながら沢まで下りました。
沢沿いに駐車場へ戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに駐車場へ戻ります。
入り口の分岐、右手から下山しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口の分岐、右手から下山しました。
途中、見上げると小竜頭だろうなあと思われるコブが見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、見上げると小竜頭だろうなあと思われるコブが見えました。
まとまった花が咲いた木がありました。行きでは気が付いてなかったです。
2020年05月01日 17:19撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まとまった花が咲いた木がありました。行きでは気が付いてなかったです。
花のことはまだ未熟ですが、綺麗でしたね。帰宅後調べたら、紫陽花のように小花が集まった美しい純白の大輪『ガマズミ・ステリーレ』という名前でした。
2020年05月01日 17:19撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花のことはまだ未熟ですが、綺麗でしたね。帰宅後調べたら、紫陽花のように小花が集まった美しい純白の大輪『ガマズミ・ステリーレ』という名前でした。
小竜頭と田んぼ
ギリギリ水を張った水面に小竜頭が写ってます(^^♪
2020年05月01日 17:20撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小竜頭と田んぼ
ギリギリ水を張った水面に小竜頭が写ってます(^^♪
誰もいません。田んぼの整備をされている奥さんと手を振って挨拶しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいません。田んぼの整備をされている奥さんと手を振って挨拶しました。
目の前に新緑モミジ
2020年05月01日 17:23撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前に新緑モミジ
明るいうちに帰還!お疲れ様でした。歩き足りなさはありますが、出発時間が遅かったので仕方ないですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るいうちに帰還!お疲れ様でした。歩き足りなさはありますが、出発時間が遅かったので仕方ないですね。

感想/記録

今日は体調を整えてからゆっくり移動、昼ご飯を食べてからのハイキングになりました。竜頭山コースタイムから自分のペースで17時までに下山できる予定で入山。
山の整備状況なのか自分が不注意なのか、幾度かルートを外れ修正。また大竜頭で景色にまったりして駐車場着が30分オーバーになった。山中の花はほぼ終わり新芽が綺麗な時期になっていました。気温も暖かくと言うか暑くて今年初めての「ヘビ殿」に出会い、危うく踏んづけてしまうところでした。山中で登山者には1組下山中のご夫婦にお会いしたくらいで、その後誰にも会わず一人ボッチのハイキングでしたが森林浴、谷間の風、大竜頭からのパノラマと日々のストレス解放させていただきました。山に感謝します。ありがとうございました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:127人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ