記録ID: 2371778 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東海

大無間山(明神橋から)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年05月31日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り一時雨
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
静岡駅から明神橋まで2時間
明神橋の前には3台くらい停車可能
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間28分
休憩
33分
合計
10時間1分
S明神橋04:4405:09鉄塔05:1106:50外山沢ノ頭06:5508:27小無間山08:2808:38唐松谷の頭08:3909:03中無間山09:0510:02大無間山10:1110:53中無間山10:5411:16唐松谷の頭11:28小無間山11:3012:30外山沢ノ頭12:3214:13鉄塔14:2014:38明神橋14:3914:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
帰りに尾根を外れるポイントを見逃して下り過ぎてしまったので、引き返しつつショートカットでリカバリしました
コース状況/
危険箇所等
危険な箇所はありません
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 カメラ

写真

最初のザレ場のトラバース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のザレ場のトラバース
1
基本は中部電力の巡視路です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本は中部電力の巡視路です
1
鉄塔から右を登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔から右を登ります
尾根は広くて歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根は広くて歩きやすい
小無間山の北尾根めざして登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小無間山の北尾根めざして登ります
北尾根との合流点
下りで行きすぎないようにテープが大量についてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根との合流点
下りで行きすぎないようにテープが大量についてます
ここからは田代からの登山道と同じで踏み跡も明瞭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは田代からの登山道と同じで踏み跡も明瞭
倒木は結構多いです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木は結構多いです
大無間山山頂
今日は誰も登ってないようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大無間山山頂
今日は誰も登ってないようです
1
大無間山山頂の全貌
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大無間山山頂の全貌
小無間山山頂の東5mにこの表示があります
ここから明神橋へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小無間山山頂の東5mにこの表示があります
ここから明神橋へ
「赤石温泉へ」の表示は気づいたのは2箇所だけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「赤石温泉へ」の表示は気づいたのは2箇所だけ
明神橋への下山ポイントを過ぎて上の鉄塔まで来てしまいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神橋への下山ポイントを過ぎて上の鉄塔まで来てしまいました
ここからだと畑薙ダムと後ろに上河内岳〜茶臼岳が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからだと畑薙ダムと後ろに上河内岳〜茶臼岳が見えます
光岳も見えてるのかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳も見えてるのかな
朝は暗かったですが、明神橋から鉄塔まではこういう長いロープが沢山ついてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は暗かったですが、明神橋から鉄塔まではこういう長いロープが沢山ついてます
明神橋の取り付き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神橋の取り付き

感想/記録

このルートのキモは明神橋から尾根に出るまでかもしれません。斜面の状態が悪すぎるので、慎重に。この山に登るヒトならあまり問題はなさそうなので、鋸歯の通過を避けてこのルートを選択するのはアリだと思います。

明神橋〜尾根:とにかく傾斜がきつく、土が柔らかくて崩れやすいです。ロープがかなりの数設置されています。登りはショートカットも可能ですが、下りは出来る限り登山道に沿って下りた方がいいとおもいます
尾根〜小無間山:尾根は広く、リボンもそこそこついているので、迷うことはないでしょう(踏み跡は薄く歩きやすくはないです)。小無間山北尾根から降りるときに急な下りで尾根をはずしやすいので注意
小無間山〜大無間山:よく踏まれてて目印も多めです
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:661人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザレ 倒木 温泉 トラバース 縦走 ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
PR for guests
premium_menu
ヤマレコのプレミアムプラン


Portuguese | English | German | Greek | Japanese | Korean | Russian | T-Chinese top
Powered by XOOPS (c) 2001-2008 The XOOPS Project