また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2372215 全員に公開 ハイキング 尾瀬・奥利根

尾瀬ヶ原。森と湿原を散策

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年05月31日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り。夕方一時間ほど小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間5分
休憩
1時間25分
合計
9時間30分
Sスタート地点08:0009:38冨士見小屋09:4009:45富士見田代(尾瀬原分岐)09:55アヤメ平10:2510:25富士見田代(尾瀬原分岐)10:3011:52竜宮十字路11:5512:00尾瀬ヶ原12:15下ノ大堀川橋12:4013:25山ノ鼻13:3014:20鳩待峠14:2515:50アヤメ平16:0016:15冨士見小屋17:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
GPS不調により、ルートは手書き
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 赤ザック 軽量ダブルストック 夏ズボン 夏長袖シャツ

写真

登山口、ここより出発。
大きな注意看板があったが、行きには気づかなかった(帰路撮影)
2020年05月31日 17:28撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口、ここより出発。
大きな注意看板があったが、行きには気づかなかった(帰路撮影)
すぐに新緑の斜面を目の当たりに。
とても気持ちがいい
2020年05月31日 08:12撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに新緑の斜面を目の当たりに。
とても気持ちがいい
1
新緑に彩られた道を進む
2020年05月31日 08:25撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑に彩られた道を進む
ブナの若葉は初々しい
2020年05月31日 08:53撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの若葉は初々しい
1
シラカバは芽吹きが遅く、若葉はまだ少ない
2020年05月31日 09:03撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラカバは芽吹きが遅く、若葉はまだ少ない
アヤメ平が見えてきた
2020年05月31日 09:15撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平が見えてきた
富士見峠に到着
2020年05月31日 09:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見峠に到着
日陰にはそれなりに雪が残っていた
2020年05月31日 09:42撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰にはそれなりに雪が残っていた
朝のうちにアヤメ平に寄っておく
2020年05月31日 09:55撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝のうちにアヤメ平に寄っておく
アヤメ平からは、本当に展望がよい。
まだ冬枯れだが、それでもすばらしい
2020年05月31日 10:09撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平からは、本当に展望がよい。
まだ冬枯れだが、それでもすばらしい
3
燧の方は、空が少々明るい
2020年05月31日 10:02撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧の方は、空が少々明るい
3
眺めはとてもよい
2020年05月31日 10:10撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺めはとてもよい
2
残雪をいただく山々
2020年05月31日 10:05撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪をいただく山々
1
広々とした開放感
2020年05月31日 10:05撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々とした開放感
1
浮島のある池塘
2020年05月31日 10:10撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浮島のある池塘
1
アヤメ平からの燧ケ岳と木道
2020年05月31日 10:09撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平からの燧ケ岳と木道
2
尾瀬ヶ原へ下っていく分岐点に戻ってきた。
魔女の瞳のミニ版と燧ケ岳
2020年05月31日 10:25撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原へ下っていく分岐点に戻ってきた。
魔女の瞳のミニ版と燧ケ岳
尾瀬ヶ原への下りの針葉樹林内には、しばらく雪が残っていた。ありがたいことに赤テープ多く安心して歩けた
2020年05月31日 11:05撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原への下りの針葉樹林内には、しばらく雪が残っていた。ありがたいことに赤テープ多く安心して歩けた
1
残雪がなくなり、しばらく下るといよいよブナの森に入る
2020年05月31日 11:10撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪がなくなり、しばらく下るといよいよブナの森に入る
若緑がひろがる
2020年05月31日 11:12撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若緑がひろがる
のびのびと気持ちがいい
2020年05月31日 11:25撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のびのびと気持ちがいい
見飽きることのない新緑
2020年05月31日 11:26撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見飽きることのない新緑
2
ブナの若葉に囲まれる
2020年05月31日 11:27撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの若葉に囲まれる
1
湿原に降り立つと、水芭蕉が出迎えてくれた
2020年05月31日 11:46撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原に降り立つと、水芭蕉が出迎えてくれた
1
至仏と水芭蕉
2020年05月31日 11:42撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏と水芭蕉
1
新緑と水芭蕉
2020年05月31日 11:46撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑と水芭蕉
2
タテヤマリンドウ
2020年05月31日 11:52撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ
1
至仏へと延びる木道。広々と気持ちがいい
2020年05月31日 11:54撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏へと延びる木道。広々と気持ちがいい
2
咲きぞめのミツガシワ
2020年05月31日 11:59撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲きぞめのミツガシワ
2
リュウキンカ
2020年05月31日 11:59撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リュウキンカ
2
タネツケバナ? でしょうか
2020年05月31日 12:01撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タネツケバナ? でしょうか
1
燧と池塘
2020年05月31日 12:08撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧と池塘
中田代に到着。
絵になる風景
2020年05月31日 12:21撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中田代に到着。
絵になる風景
5
中田代からの至仏
2020年05月31日 12:16撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中田代からの至仏
2
下ノ大堀の水芭蕉
2020年05月31日 12:16撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ノ大堀の水芭蕉
2
空が青かったら
2020年05月31日 12:22撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が青かったら
ボッカさん発見。姿勢がよい
2020年05月31日 12:41撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボッカさん発見。姿勢がよい
せせらぎと水芭蕉のある場所まで来た
2020年05月31日 12:57撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せせらぎと水芭蕉のある場所まで来た
3
水面に浮かぶ白い影
2020年05月31日 12:54撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水面に浮かぶ白い影
1
新緑とともに
2020年05月31日 12:58撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑とともに
山の鼻近くの流れへ。
水芭蕉のアップ
2020年05月31日 13:14撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の鼻近くの流れへ。
水芭蕉のアップ
原生的イメージ
2020年05月31日 13:14撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原生的イメージ
山の鼻に到着。
さくらが咲いていた。山は今が春
2020年05月31日 13:25撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の鼻に到着。
さくらが咲いていた。山は今が春
3
ボッカさんふたり。ともに姿勢がよい
2020年05月31日 13:31撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボッカさんふたり。ともに姿勢がよい
鳩待峠と山の鼻間の水芭蕉群生地
2020年05月31日 13:39撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠と山の鼻間の水芭蕉群生地
1
鳩待峠に到着。
このあと、富士見峠へと登り返す
2020年05月31日 14:19撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠に到着。
このあと、富士見峠へと登り返す
やっと、アヤメ平に到着
2020年05月31日 15:48撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、アヤメ平に到着
霞む山々。ついに雨が来た
2020年05月31日 15:51撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞む山々。ついに雨が来た
1
最後に、もう一度、魔女の瞳のミニ版を。
あとは下るだけ
2020年05月31日 16:07撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に、もう一度、魔女の瞳のミニ版を。
あとは下るだけ
1
帰りも、新緑を楽しみながら帰る。
行きには、若葉の少なかったシラカバも、帰りにはずいぶんと葉をつけていた
2020年05月31日 16:46撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも、新緑を楽しみながら帰る。
行きには、若葉の少なかったシラカバも、帰りにはずいぶんと葉をつけていた
1
無事、登山口に到着。
登山口のミズナラ
2020年05月31日 17:29撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、登山口に到着。
登山口のミズナラ
1
撮影機材:

感想/記録
by self

 水芭蕉は中田代、そう思わせるほどに、残雪の至仏山との調和はすばらしい。水芭蕉のある風景でこれ以上と言えるものは、ここより他にあるだろうか。
 天気はあまりよくないようだが、その水芭蕉を久しぶりに見ようと足を運んだが、下ノ大堀の眺めは、だいぶん変わってしまったように思われた。人工物として鹿柵が広範囲に張られていた。また、水芭蕉の群生内に背の高い雑草がたくさん生えていた。昨年の台風の影響もあるのだろう、風景美は減じたかもしれないが、それ以前に自然を守る人々の、維持やら存続への絶えまぬ努力が伝わってくる。日本の自然とは、ことごとく人手の労苦が加わったものだと読んだことがあるが、まさしく実感だ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:437人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ