また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2379320 全員に公開 ハイキング 蔵王・面白山・船形山

上山葉山と富神山:旬の花、ニッコウキスゲとヒメサユリを観に行く。

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上山葉山:クオアルト専用駐車場:三吉山登山者用となっているからいいんだろう。20台可能。朝7時前には他なし。帰り9時過ぎ、他5台。その上には熊野神社の駐車場。
富神山:南登山口。車止め前の路肩に4台可。後は広い道路に戻って路肩駐車。10時には、計5台、帰り4台。因みに、北登山口は3台程、新道口は12台程の駐車スペース有。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間58分
休憩
1時間8分
合計
4時間6分
S三吉山登山口06:5807:26三吉山07:3408:04葉山08:1409:12三吉山登山口09:1809:18車で移動09:4809:48富神山南登山口09:5610:25富神山10:3111:04富神山南登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

[三吉山・上山葉山] 三吉山クアオルト専用駐車場、トイレ有。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[三吉山・上山葉山] 三吉山クアオルト専用駐車場、トイレ有。
熊野神社鳥居、三吉山登山口の一つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野神社鳥居、三吉山登山口の一つ。
ニッコウキスゲ(栽培?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ(栽培?)
5
この様な標識が整備されているが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この様な標識が整備されているが。
気持ちの良い道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い道。
「岩海」と言うらしい。(山頂まで300mの標識のすぐ後)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「岩海」と言うらしい。(山頂まで300mの標識のすぐ後)
2
上山市内の眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上山市内の眺め。
三吉山山頂の三吉神社、左には梵鐘もあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三吉山山頂の三吉神社、左には梵鐘もあり。
2
三吉山山頂からタニウツギと上山市内。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三吉山山頂からタニウツギと上山市内。
梅雨の花、タニウツギ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅雨の花、タニウツギ。
2
葉山で唯一の急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉山で唯一の急登。
2
山頂の葉山神社。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の葉山神社。
1
上山葉山山頂標識。周囲は樹林。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上山葉山山頂標識。周囲は樹林。
葉山山頂のスズラン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉山山頂のスズラン。
5
ウコンウツギかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウコンウツギかな。
4
ツツジの花の中、急坂の下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジの花の中、急坂の下り。
1
葉山でもヒメサユリ、一輪だけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉山でもヒメサユリ、一輪だけ。
2
暗い杉林の中を下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗い杉林の中を下る。
林道に出て、上山市南部。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出て、上山市南部。
[富神山] 南登山口前の車止めの右に、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[富神山] 南登山口前の車止めの右に、
南登山口(柏倉口)の登山道入口がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南登山口(柏倉口)の登山道入口がある。
1
ママコナが多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ママコナが多い。
2
ありました。ヒメサユリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありました。ヒメサユリ。
12
ヒメサユリ、きれいに開いてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメサユリ、きれいに開いてます。
9
色が薄めで、少し古い?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色が薄めで、少し古い?
ヒメサユリを見ながらの急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメサユリを見ながらの急登。
1
富神山山頂から山形市内の眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富神山山頂から山形市内の眺め。
1
蔵王方面は、上部には雲が架かっているのかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蔵王方面は、上部には雲が架かっているのかな。
上山葉山かな。ちょっとよく分からない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上山葉山かな。ちょっとよく分からない。
1
富神山山頂から、残雪の月山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富神山山頂から、残雪の月山。
3
西登山口(新道口)に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西登山口(新道口)に向かう。
途中から南の坂元口へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から南の坂元口へ向かう。
2
車で県民の森方面に行くと、富神山が下に見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車で県民の森方面に行くと、富神山が下に見える。
2

感想/記録
by kyen

今週土曜は、東北は高気圧に覆われるのだが、先週の様なスカッとした晴ではないかも。早めに咲く低山のヒメサユリとニッコウキスゲを観に行ってみようと、ちょっと、葉山(上山)と富神山に行ってみることにした。朝の山形道は雲が架かる天気、天気予報通り、晴れるのは9時以降かな。

上山市内に入って、三吉山方面の標識で左折、途中ゴルフ場在り。道は舗装だが狭い。帰りはトラックが結構入っているので注意。終点近く右に駐車場がある。トイレも有。ここから舗装道を登ると熊野神社がある。どこから登るかがよく分からなかったので、鳥居の下から上に登って行く。直ぐに周囲には、ニッコウキスゲが咲いている。元々少し自生していたのを、栽培整備しているのかな。山中の一面のニッコウキスゲを見たくなってしまった。

この辺り、クアオルト健康ウオーキングコースになっていて、標識が多いのだが、道も多く、少しわかりにくい。とにかく、三吉山山頂方面に向かう。樹林帯の中、緩い登りが続く。山頂まで300mの標識を過ぎると、砕石のような岩石が広がる地帯を横切って行く。岩海という名所らしい。ここからは、上山市内の眺めが良い。あと少し、やや急登をこなすと、三吉山山頂に着く。山頂には、三吉神社のお社、左に梵鐘、右に石仏が並ぶ。上山市方面は良く見えるが、遠くは霞が架かったような感じで、良く見えなかった。さて、上山葉山に向かうが、1.3辧30分ということだ。最初は緩く下って行き、樹林帯の中、稜線を緩く上下して進む。葉山に近づくと、ロープのある急登があるが、距離は短い。一旦平坦になるが、最後に少し急坂を登ると、左に葉山神社のお社がある。三角点は、30m程先だが、両方とも眺望は良くない。これで、山形の葉山、(村山、長井、上山)3つ、コンプリートしました。

葉山山頂からは、南に下って林道を通って、三吉山登山口に戻ることにする。下りは、最初は急で、ツツジの花の中を下る。徐々に傾斜は緩くなり杉林の中を下って行くと、伐採地があり道が荒れている場所もあるが、林道に出る。右に、三吉山登山口方向に進む。途中、熊野神社までの間に、平野方面が良く見える所もある。ここまで、出会った方は3名だった。

次に、富神山に向かうが、ヒメサユリが目当てなので、急登だが、南登山口(柏倉口)から登ることにする。駐車スペースは特にないので、登山口の車止め前の路肩か、広い道路の路肩駐車となる。登山口からは、山頂まで0.5辧富神山の山容から分かるように、いきなり急登である。周りには、ママコナの花が多い。少し登ると、出てきました、ヒメサユリ。色もそうだが、花季も短く、同じユリ科のヤマユリなどと比べて、儚い感じがよい。山頂まで20数カ所位はあっただろうか。このコースでは、花が終わった株もあるが、まだ蕾の株もあるし、もう少し楽しめそうだ。陽が当るようになって、気温も平地と同じだから20℃以上だろう。急登では、汗が噴き出てくる。山頂からの眺めは良いが、蔵王方面は上の方には雲が架かっているようだ。別の方向には、雪の残る月山が、案外近くに見えた。下りは、西登山口の方向に向かう。西登山口からは、結構登ってくる人も多い。出会った方も20名程度だろうか。こちら側はヒメサユリは、ほとんど無い。最初、少し急な下りであるが、平坦な道を進む。途中の分岐から坂元口方面に向かうと、道は細くなり、樹林帯を下る。割と直ぐに、舗装道に出て。後は南登山口に向かう。少し歩き足りないので、白鷹山もとも思ったが、自重しておこうと、早々に帰る。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:240人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 三角点 ヤマユリ 梅雨 自生
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ