また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2383663 全員に公開 ハイキング 九州・沖縄

五位山城・小鷹城

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年06月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
自転車
21.9km(甘水まで)下山後秋月周回、小鷹城に寄って帰宅。総計54.4km。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
37分
合計
4時間57分
S甘水10:3510:58分岐11:20稚児忘南峰11:2311:46五位山11:5212:1615号鉄塔12:35林道12:3613:05甘水13:1014:50サンポート登山口15:01小鷹城山15:2315:32サンポート登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
甘水下山後、秋月周辺を廻った後、自転車でサンポートまで移動。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

岩村神社
2020年06月07日 11:07撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩村神社
この分岐を右に入った
2020年06月07日 11:09撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐を右に入った
稚児忘南峰
2020年06月07日 11:31撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児忘南峰
東側。作業用の道が見える
2020年06月07日 11:38撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側。作業用の道が見える
尾根道。歩きやすい。
2020年06月07日 11:43撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道。歩きやすい。
五位山城手前堀切
2020年06月07日 11:56撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五位山城手前堀切
五位山山頂
2020年06月07日 11:57撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五位山山頂
15号鉄塔
2020年06月07日 12:27撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15号鉄塔
五位山遠望
2020年06月07日 13:15撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五位山遠望
堀切から城内へ
2020年06月07日 15:08撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀切から城内へ
小鷹山山頂
2020年06月07日 15:12撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小鷹山山頂
手前の標識は無視して、奥の谷を登り詰めた方が良い
2020年06月07日 15:39撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の標識は無視して、奥の谷を登り詰めた方が良い
撮影機材:

感想/記録
by hansu

2週連続の秋月。先週、左手小指を骨折したが懲りることはない。追い風に乗ったせいか、21.9kmを1時間で到着。すぐに出発する。
林道をしばらく歩き、岩村神社の横を通るとすぐに分岐。今回も「海の風山の風」(http://umihikoyamahiko.net/yama02fukuoka.html)を参照させていただいた。五位山へは稚児忘へは行かずとも作業道で行けそうなので、分岐を南方向へ登る。藪化した道を標高を上げて行くと、程なくして、道は潰えた。尾根までそんなになさそうなので、谷をつめ、植林地帯を直登すると藪化した作業道に出た。とりあえず、尾根に出ようと登りつめると、五位山かと思いきや、三角点があった。2万5千地図を見ると、どうやら稚児忘南峰らしい。小休止後、割としっかりと踏まれた尾根道を始めは下り、その後アップダウンを繰り返し、堀切が出てくると、いよいよ五位山城内。山頂手前の堀切は結構大きく来た甲斐があるというもの。
軽く昼食を摂って引き返す。問題はどう下るか。登ってきた道は余り使いたくない。途中作業道らしい分岐があったので入ってみたが、はっきりしなくなり引き返した。15号鉄塔から保線用の道を下るのが確実かと判断して、稚児忘南方を経由して、15号鉄塔の先から下る。整備されていて迷うことはないと安心して下っていると、分岐があり、谷の方へ下りかけるも藪化して道がはっきりしない。仕方なく、トラバースするような車も走れそうな作業道を進むと幼木の植林地帯で視界は広くなった。獣除けの柵内に入って進むが道が潰えてしまった。下のほうに林道が見えるので、幼木のエリアを強引に下りきり、なんとか林道に下りきり事なきを得た。林道を下って行くと14号鉄塔への道があり、本来ならここに下るはずだったが、登りに使わないと難しいなと実感した。自転車を駐車した地点に戻り、秋月散策後、月の峠でカレーパンを食べて、サンポートへ移動。小鷹城は15年振り。
サンポートに登山口があるらしいので(もう記憶もない)、奥へ行くと小鷹城の新しい説明板があり、標識もあるのでそのまま尾根沿いの道へ。が、全く標識もなくなり、勘を頼りに尾根を登ると鉄塔があり、テープも出てきて、登山道に入れた。後は、目配山からの道と合流すれば迷うことなく山頂に至る。城内を調査後、往路を引き返し、鉄塔先から踏み跡をトレースすると谷へ下りだし、簡単に登山口まで下れた。谷を詰めるのが正解だったようだ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:80人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 直登 トラバース
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ