また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2391534 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

黒尾山☆京北の古刹と雨中の里山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年06月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間25分
休憩
1分
合計
1時間26分
Sスタート地点10:5811:43黒尾山11:4412:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

境内の花菖蒲
2020年06月13日 10:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境内の花菖蒲
3
寺の裏に咲く石楠花
2020年06月13日 10:43撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寺の裏に咲く石楠花
7
ききみみ地蔵
2020年06月13日 10:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ききみみ地蔵
4
宝泉寺を辞し黒尾山へ
路傍のホタルブクロ
2020年06月13日 11:04撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝泉寺を辞し黒尾山へ
路傍のホタルブクロ
4
中央に黒尾山
2020年06月13日 11:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に黒尾山
2
林道には多数のサワガニ
2020年06月13日 11:13撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道には多数のサワガニ
7
植林の中の登山道に
2020年06月13日 11:18撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の中の登山道に
1
三等三角点のある黒尾山山頂
山名標は乾いたら黒尾山と読めるのだろう
2020年06月13日 11:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点のある黒尾山山頂
山名標は乾いたら黒尾山と読めるのだろう
2
途中で見かけた山芍薬
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で見かけた山芍薬
7
晴れたら花が開いたのかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れたら花が開いたのかも
6
近くの道路脇の花菖蒲
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くの道路脇の花菖蒲
4

感想/記録

京北にいくつかの花の寺を訪ねるついで黒尾山を訪れることにする。丁度、宝泉寺を訪れた時は雨が止んでいた。山門をくぐって境内に入ると、お寺の住職のご母堂らしき老婦人が、こんなところにようお参り下さったと、阿弥陀堂の扉を開けて、阿弥陀如来像と多聞天、増長天の立像を拝観させて下さる。いずれも平安時代のものらしい。

寺の裏には広い敷地内に桜の大樹や数多くの石楠花がある。石楠花の花は終わっていたが真紅の花がわずかに残っていた。花菖蒲で知られる寺ではあるが、それは往時の話らしい。今は咲いている菖蒲の花はわずかであった。

宝泉寺を辞すと黒尾山を。林道に入るとまもなく雨が降り始める。林道を離れて登山道に入る。植林地の中を九十九折に登ってゆく。雨のせいか、登山道には数多くのヒルがいる。山頂が近づくと雨足がますます強くなる。花期の終わった山芍薬を見かける。まだわずかに蕾も残っているが、この天気のせいだろう、花が咲いているものは全く見当たらない。

下山は京北トレイルを離れ、林道を下る。林道をショートカットすべく地図の破線を探すと、明瞭な掘割の古道があった。下山するまでに多くのヒルを靴やズボンから跳ね飛ばすことになる。宝泉寺の駐車場に戻り、足元を確認すると吸血された気配はないと安心したのは大きな間違いであった。自宅に戻ると背中のシャツからズボンにベットリと血がついており、皮膚にはしっかりとヒルに咬まれた傷跡がついているのだった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:142人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/11
投稿数: 5623
2020/6/15 12:27
 雨の日でも登っちゃう
山猫さん、山いずさん、さすが強者〜

ヤマビルですが、
雨の日、雨の後は、
木の葉に隠れてるなんて聞いたように思います。
ですので、足元だけ注意してたら
上から・・・って事があるようですよ。

芍薬はベニバナシャクヤクの白花ですね。
咲いていなかったのは残念ですが、清楚で美しい花です。
花や葉の香りもいいので、是非次出会ったら匂ってみてくださいね。
登録日: 2017/10/26
投稿数: 655
2020/6/15 13:19
 Re: 雨の日でも登っちゃう
heheさん コメント有難うございます。
その通りで、丹沢や鈴鹿などの湿潤した山域でもヤマビルは葉の下に潜んでいることが多いようです。おそらく私のズボンに取りついたのはすべからく葉の下から直接とりついたのではないかと思います。
芍薬は時期からしても花の大きさからしてもそうでしょう。来年、時期と天気を見計らって改めて訪れてみたいと思います。
京北は意外といいところが多いと思いました。意外とヒルも多いのですが
no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 1779
2020/6/15 17:17
 山猫さん、yamaizuさん、こんにちは。
 雨に濡れた山芍薬って、山荷葉のように透けているんですか? 一枚目の山芍薬はそんな感じを受けました。

マダニの次は、山ヒルに襲われたんですね。山ヒルの方が派手さはありますが、心配は少ないかな。
マダニに噛まれた際のSFTSの心配は2週間経過すれば安心なのかな? 2週間?新コロもそうだったような。
登録日: 2017/10/26
投稿数: 655
2020/6/15 19:28
 Re: 山猫さん、yamaizuさん、こんにちは。
ののさん コメント有難うございます。

>雨に濡れた山芍薬
そうなんです。私も初めて見たのですが、山荷葉のように花弁が透けているのでした。
白い花菖蒲も部分的ではあるのですが、透明になっていますよね。雨に濡れて透明になる花といえば山荷葉のみが知られますが、ある条件の元では他にも透明になる花があると聞きます。

>マダニの次は、山ビル
蚊にしてもマダニにしても媒介するウイルスが厄介ですが、確かにヒルは感染症を媒介するという話を聞かないんですよね。さすがにののさん、よくご存知ですね。今度の週末もどこかの山に登っていたら、SFTSには発症しなかったものと思って下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 ホタルブクロ 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ