また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2400697 全員に公開 講習/トレーニング 栗駒・早池峰

栗駒山日帰り登山モニターツアー

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年06月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
JR一ノ関駅から、貸し切りバス
岩手県交通の路線バスは当面運行休止。http://www.iwatekenkotsu.co.jp/ichinoseki_hiraizumi.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
58分
合計
6時間22分
S栗駒山登山口08:0808:39名残ヶ原08:50苔花台分岐08:5109:15三途の川09:2409:58産沼分岐10:0011:03栗駒山11:2012:03産沼分岐12:2212:32磐井川源流分岐12:3812:52産沼分岐13:27三途の川13:46苔花台分岐13:4713:52名残ヶ原13:5514:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前日の降雨で、泥濘あるもひどくない
その他周辺情報須川高原温泉
http://www.sukawaonsen.jp/
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

ツマトリソウ
2020年06月20日 08:16撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
2
ミネカエデ
2020年06月20日 08:23撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミネカエデ
2
ミツガシワ
2020年06月20日 08:31撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツガシワ
3
イワイチョウ
2020年06月20日 08:32撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワイチョウ
4
名残ヶ原を行くツアー客
2020年06月20日 08:36撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残ヶ原を行くツアー客
3
タニウツギ
2020年06月20日 08:55撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タニウツギ
2
雨上がりのサンカヨウ
2020年06月20日 09:05撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨上がりのサンカヨウ
3
ズダヤクシュ
2020年06月20日 09:06撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズダヤクシュ
2
サンカヨウの実
2020年06月20日 09:06撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウの実
サンカヨウ
2020年06月20日 09:06撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウ
2
ハクサンチドリ
2020年06月20日 09:52撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ
1
何かのカエルの卵嚢
2020年06月20日 09:56撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何かのカエルの卵嚢
1
まだ溶けない産沼
2020年06月20日 09:58撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ溶けない産沼
ミツバオウレン
2020年06月20日 09:59撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン
1
イワカガミ
2020年06月20日 10:35撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ
2
産沼コース→東栗駒コースに流れる、風の通り道
2020年06月20日 10:52撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
産沼コース→東栗駒コースに流れる、風の通り道
4
強風のため山頂で折り返し
2020年06月20日 11:19撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風のため山頂で折り返し
4
ナメクジはさすがに触れない・・
2020年06月20日 11:23撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメクジはさすがに触れない・・
1
また歩きたい秣岳
2020年06月20日 11:39撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また歩きたい秣岳
3
須川高原温泉も賑わいが戻りつつある
2020年06月20日 11:39撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須川高原温泉も賑わいが戻りつつある
2
イワカガミ湿原
2020年06月20日 11:39撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ湿原
ゴゼンタチバナ
2020年06月20日 11:53撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
磐井川源流の大雪渓へ向かう
2020年06月20日 12:10撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐井川源流の大雪渓へ向かう
これが「ビッグウェーブ」
2020年06月20日 12:35撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが「ビッグウェーブ」
5
磐井川源流域
2020年06月20日 12:38撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐井川源流域
1
コバイケイソウ
2020年06月20日 12:39撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウ
源流の碑
2020年06月20日 12:39撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源流の碑
雪渓下。
この直後、我が姫さま他1名と出会う。
2020年06月20日 12:47撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓下。
この直後、我が姫さま他1名と出会う。
剣岳を周回
オノエランかツバメオモトみたいなのが咲いていた。
2020年06月20日 14:09撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣岳を周回
オノエランかツバメオモトみたいなのが咲いていた。
2
イオウゴケ
2020年06月20日 14:10撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イオウゴケ
2
アカモノ(イワハゼ)
2020年06月20日 14:13撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノ(イワハゼ)
2
硫黄精錬場跡の煉瓦
よっきれんの「山行が」によると煙突に使われたようです。
2020年06月20日 14:24撮影 by PENTAX K20D , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄精錬場跡の煉瓦
よっきれんの「山行が」によると煙突に使われたようです。
4

感想/記録

サポート役として、栗駒山モニターツアー客をエスコート。
老若男女、装備や経験もそれぞれでしたが、総勢19名が参加。
ツアーなので、スタートは一ノ関駅からバスに乗り須川高原へ。
初めてバスに乗りましたが、車窓の風景が思ったより素晴らしかった(いつも運転なので・・・)。
低気圧が過ぎ去った天候も回復傾向にあり、虫も居ない涼しい木陰の樹林帯を歩き、産沼から上の強風地帯へ。
山頂でオリジナル「登頂記念証」を配布し、オリジナル「須川岳1,626m」山頂碑で記念撮影。
帰りはオプションで、希望者を磐井川源流にご案内。
雪渓を戻ったところで、我が姫さまとスライド。
楽しいひと時で、お世話になりました。
剣岳周回コースをめぐって、全員無事下山。
今回は産沼コースを往復しましたが、おにぎり弁当と須川高原温泉付きで、充実したツアー内容だったと思います。
湯上りに、「写真集」や「立体地図」を解説して、最後を締めくくりました。
ガイドレシオは十分でしたが、一般ツアーなので不測の事態に対応する必要があると感じました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:304人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ