また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2415334 全員に公開 ハイキング 奥秩父

和名倉山(秩父湖・二瀬尾根↑↓)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年06月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
埼玉大学秩父山寮の少し先にある駐車スペースを利用。4〜5台置けそうでしたが、2番目着。すぐに3番手の方が到着。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間2分
休憩
28分
合計
8時間30分
S大洞橋05:3407:14反射板07:1607:58造林小屋跡08:0309:45北ノタル10:02二瀬分岐10:18和名倉山10:3710:57二瀬分岐11:11北ノタル12:25造林小屋跡12:2613:00反射板13:0114:00大洞橋14:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※GPSが複線化している場所があります。ルートロストしたせいなのか、GPSの誤差なのか。。
つり橋〜反射板:ひらすら急登です。初っ端に杉並木を真っすぐいけそうな箇所がありますが、標識に従って右上登山道を進みます。
反射板〜造林小屋跡:トロッコ軌道跡と思われる平坦路です。ところどころ崩落地があります。
造林小屋跡〜二瀬分岐:造林小屋跡から少し進んだところで沢が出現し、踏み跡が途切れます。右手の沢沿いに登ります。急登を過ぎると開けた尾根があったり、トラバース気味の山路が続きます。要所要所にテープが巻いてあったり、黄色い杭が打ってあったりしますが、この地帯ではルートロストしがちでした。。
二瀬分岐〜和名倉山:平坦路です。ゆえに踏み跡のわかりづらい箇所が多いですが、テープは(気持ち)多めです。
コース状況/
危険箇所等
危険個所はありませんが、ところどころ踏み跡が不明瞭です。
その他周辺情報道の駅大滝温泉の風呂は故障のためシャワーのみ営業中。食事だけ頂き、西武秩父駅前祭の湯へ。1,100円。5時前くらいから混雑し始めた感じでした。

写真

秩父湖沿いの駐車スペースから出発します。
2020年06月27日 05:30撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父湖沿いの駐車スペースから出発します。
つり橋。意外に長い。
2020年06月27日 05:35撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つり橋。意外に長い。
登り初めの杉並木。まっすぐ行けそうですが、右上に行くのが正解。
2020年06月27日 05:40撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り初めの杉並木。まっすぐ行けそうですが、右上に行くのが正解。
ほぼ唯一開けた場所。三峰神社方面ですかね。
2020年06月27日 07:12撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ唯一開けた場所。三峰神社方面ですかね。
反射板。
2020年06月27日 07:13撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反射板。
このあたりは東京大学の所有地で演習林なんですね。
2020年06月27日 07:15撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは東京大学の所有地で演習林なんですね。
1
反射板を過ぎて平坦路を進むと苔むした地帯が出てきます。
2020年06月27日 07:22撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反射板を過ぎて平坦路を進むと苔むした地帯が出てきます。
1
造林小屋近くにあったトロッコの軌道と車輪。
2020年06月27日 07:54撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
造林小屋近くにあったトロッコの軌道と車輪。
造林小屋跡からの急登を抜けると、またコケが。
2020年06月27日 08:06撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
造林小屋跡からの急登を抜けると、またコケが。
北のタルを越えたあたり。苔がキレイです。
2020年06月27日 09:46撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北のタルを越えたあたり。苔がキレイです。
2
静かな森歩き。
2020年06月27日 09:47撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな森歩き。
1
ギョリンソウ発見。
2020年06月27日 09:50撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギョリンソウ発見。
1
二瀬分岐まで到着。
2020年06月27日 10:01撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二瀬分岐まで到着。
1
山頂に向かう途中、最後の難関。藪漕ぎは少しだけでした。
2020年06月27日 10:06撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に向かう途中、最後の難関。藪漕ぎは少しだけでした。
2
和名倉山登頂!
2020年06月27日 10:18撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和名倉山登頂!
3
360度眺望ありません。虫がたかってくるので、早々に退散。
2020年06月27日 10:19撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度眺望ありません。虫がたかってくるので、早々に退散。
山頂手前に少し開けたところがあります。
2020年06月27日 10:42撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前に少し開けたところがあります。
1
吹き上げてくる風が気持ち良い場所がありました。
2020年06月27日 10:48撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き上げてくる風が気持ち良い場所がありました。
苔地帯と立ち枯れ。
2020年06月27日 11:08撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔地帯と立ち枯れ。
北ノタルに戻りました。往路はこの草地もルートがわかりづらかった。
2020年06月27日 11:12撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノタルに戻りました。往路はこの草地もルートがわかりづらかった。
1
昼近くになり、ガスが立ち込めてきました。
2020年06月27日 11:49撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼近くになり、ガスが立ち込めてきました。
造林小屋跡の近く。往路では左の踏み跡が沢で消えたところで、「??」と立ち止まってしまいましたが、正解は右上に沢を登る、でした。
2020年06月27日 12:25撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
造林小屋跡の近く。往路では左の踏み跡が沢で消えたところで、「??」と立ち止まってしまいましたが、正解は右上に沢を登る、でした。
2
トロッコ軌道跡と思われる平坦路。
2020年06月27日 12:34撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロッコ軌道跡と思われる平坦路。
1
苔に癒されます。
2020年06月27日 12:48撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔に癒されます。
3
つり橋まで無事に戻ることができました。
2020年06月27日 13:57撮影 by Canon EOS 90D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つり橋まで無事に戻ることができました。
5

感想/記録

埼玉県内の名山巡り第2弾です(先週は両神山)。高低差があり、登りごたえのある山でした。また、眺望は無いのですが苔むす静かな森をたどる山行でした。
予想以上に踏み跡が分かりづらく、先行している方に「こっちにテープあるよ」など何度も助けて頂きました。入山者が少ない(秩父湖二瀬尾根ルートは4名)なか、本当にありがたいことです。また、ルートロストしたたびにヤマレコでダウンロードしたGPSログを呼び出して正規ルートに戻ることができました。こちらも感謝です。入山者こそ少ないものの、直接的・間接的にいろいろな方から助けられて無事下山できました。それはそれとして、注意力と技術・経験の乏しさを痛感した山行でした。
季節柄やむを得ないのですが、虫が多くて難儀しました。当日は気温、湿度とも高く、多量の汗をかいていたのですが、虫よけに持っていったハッカスプレーを山頂手前で使い切ってしまい、頂上では虫にたかられ放題で、休憩も短めでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:178人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 GPS 藪漕ぎ 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ