また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2435252 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

久々に地蔵谷バス停から大文字山へ 知らなかった事がチラホラと

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月16日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
京阪バス地蔵谷バス停から出発
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間36分
休憩
9分
合計
5時間45分
Sスタート地点08:1212:29出逢坂12:43大文字山12:5213:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一部獣道も辿っているが特に危険箇所は無い

写真

京阪バスの地蔵谷バス停で下車する。此処に下山したならこの温泉に寄るのだが。
2020年07月16日 08:13撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京阪バスの地蔵谷バス停で下車する。此処に下山したならこの温泉に寄るのだが。
1
車道を暫く歩いて落石防止ネットの隙間の谷から取り付く。
2020年07月16日 08:18撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を暫く歩いて落石防止ネットの隙間の谷から取り付く。
1
尾根に出る。
2020年07月16日 08:23撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出る。
1
テープも付いている尾根道。
2020年07月16日 08:27撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープも付いている尾根道。
1
かっての台風の忘れ物が今も残っている。
2020年07月16日 08:32撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かっての台風の忘れ物が今も残っている。
1
時々、市内も見渡せる。
2020年07月16日 08:29撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、市内も見渡せる。
2
京都タワーも。
2020年07月16日 08:38撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都タワーも。
3
阿倍野ハルカスも見えた。
2020年07月16日 08:38撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿倍野ハルカスも見えた。
2
中央は御池通り辺り。
2020年07月16日 08:39撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央は御池通り辺り。
やがてテープも賑やかに。
2020年07月16日 08:50撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがてテープも賑やかに。
1
一本に3色のテープ。
2020年07月16日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本に3色のテープ。
一旦谷に降りる。
2020年07月16日 09:10撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦谷に降りる。
目印にしている池も梅雨の雨で満水となっていた。
2020年07月16日 09:14撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目印にしている池も梅雨の雨で満水となっていた。
1
まだモリアオガエルの卵塊も残っていた。
2020年07月16日 09:15撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだモリアオガエルの卵塊も残っていた。
3
尾根を越え別の谷に降りる。
2020年07月16日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を越え別の谷に降りる。
一寸高巻く所もあるが困難な所は無かった。
2020年07月16日 09:56撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一寸高巻く所もあるが困難な所は無かった。
古い林道に出る。
2020年07月16日 10:11撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い林道に出る。
林道を出た所のシーサーの置物。
2020年07月16日 10:11撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を出た所のシーサーの置物。
林道脇にある観音天授水なる場所。
2020年07月16日 10:13撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇にある観音天授水なる場所。
1
建屋の中の井戸の様な所がそうなのかな?
2020年07月16日 10:13撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建屋の中の井戸の様な所がそうなのかな?
1
西の尾根へ向かう途中に昭和の遺物。近くに生活の場があったのかも。
2020年07月16日 10:25撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の尾根へ向かう途中に昭和の遺物。近くに生活の場があったのかも。
三度目の谷を下って行く。この谷は熊山尾根の東西の谷水を集めて流れている。
2020年07月16日 11:11撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三度目の谷を下って行く。この谷は熊山尾根の東西の谷水を集めて流れている。
1
途中に曰わくありげな岩壁。
2020年07月16日 11:24撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に曰わくありげな岩壁。
1
三度目の谷を下って行くと滝がある。今日はかなり激しく流れ落ちている。
2020年07月16日 11:27撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三度目の谷を下って行くと滝がある。今日はかなり激しく流れ落ちている。
2
西の尾根を大文字山へ向かう。
2020年07月16日 12:18撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の尾根を大文字山へ向かう。
大文字山三角点からの眺め。
2020年07月16日 12:51撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大文字山三角点からの眺め。
左は山科、右は京都の南。
2020年07月16日 12:51撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は山科、右は京都の南。
1
今日は京都タワーもよく見える。
2020年07月16日 12:51撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は京都タワーもよく見える。
1
阿倍野ハルカスも。
2020年07月16日 12:51撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿倍野ハルカスも。
何時ものプレート。
2020年07月16日 12:52撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何時ものプレート。
1
今日はここから桜花苑に降りて行く。
2020年07月16日 13:17撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここから桜花苑に降りて行く。
1
桜花苑への道。
2020年07月16日 13:17撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜花苑への道。
一寸寄り道して椿ヶ峰へ。
2020年07月16日 13:38撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一寸寄り道して椿ヶ峰へ。
椿ヶ峰の石柱。
2020年07月16日 13:39撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椿ヶ峰の石柱。
1
椿ヶ峰の平坦地も台風で木が倒れて見晴らしが良くなって明るくなった。
2020年07月16日 13:42撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椿ヶ峰の平坦地も台風で木が倒れて見晴らしが良くなって明るくなった。
1
少し引き換えして桜花苑へのトラバース道に入る。
2020年07月16日 13:45撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し引き換えして桜花苑へのトラバース道に入る。
桜花苑への尾根道に合流。
2020年07月16日 13:49撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜花苑への尾根道に合流。
桜花苑の建物も新しくなった。
2020年07月16日 13:53撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜花苑の建物も新しくなった。
1
若王子神社で今日のハイキングはお終い。
2020年07月16日 13:56撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若王子神社で今日のハイキングはお終い。
1
これ以降は今日出会ったプレート。ピークが付くのが2枚あった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ以降は今日出会ったプレート。ピークが付くのが2枚あった
1
これがもう一枚のものだが名前の共通点は何だろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがもう一枚のものだが名前の共通点は何だろう?
1
山が付く新しいプレートだが意味は不明
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山が付く新しいプレートだが意味は不明
1
これは天皇の名前か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは天皇の名前か?
1
これは今日回った中で初めてのプレート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは今日回った中で初めてのプレート
1
初代が失われて新しくなった大船(鉾)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初代が失われて新しくなった大船(鉾)
1
初代の祇園祭の山鉾 蟷螂(山)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初代の祇園祭の山鉾 蟷螂(山)
撮影機材:

感想/記録
by yjin

今日は梅雨の中休みらしいので近場の大文字山でハイキングを計画する。距離は10km程度、累積標高は1000m程度でルートを作ってみた。久し振りに京阪バスの地蔵谷駅から出発するとほぼその範囲に入る。京阪バスは京阪三条駅から出発するので乗りやすい。一応、バスではマスクをして地蔵谷まで乗った。山に入ると苦しいのでマスクはザックにしまう。三角点付近でも皆さんマスクをしてないので若王子神社まではマスク無しで歩いた。

今日もキョロキョロしながら歩いたので今まで見なかったいくつかのプレートを見つけたがその法則が解らないまま帰って来た。積極的にプレートを外す人がいる様なので今回も関連する写真は撮影時刻を削除し、順不同としている。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:149人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ