また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2435571 全員に公開 ハイキング 増毛・樺戸

黄金山(旧道〜新道)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年05月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口駐車場。15台くらいか?。8時で半分強埋まり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間27分
休憩
27分
合計
2時間54分
S黄金山登山口08:0508:20新道・旧道、分岐点08:2509:37黄金山09:5710:34新道・旧道、分岐点10:3610:59黄金山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
旧道最上部のトラバースは慎重に。上部からの落石にも注意。
今回のGPSログは異常に汚いですね。距離短いからそう見えるだけ?
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地形図 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ 虫よけ

写真

虫は意外に少なかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虫は意外に少なかった
エンレイソウ群落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エンレイソウ群落
スミレ(細かい種類はわかりません)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレ(細かい種類はわかりません)
(多分フギレ)オオバキスミレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(多分フギレ)オオバキスミレ
カタクリ。この一株だけだったかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ。この一株だけだったかも
尾白利加岳(浜益の山行なんで奥徳富岳でなくこちらを採用w)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白利加岳(浜益の山行なんで奥徳富岳でなくこちらを採用w)
幌天狗・群別岳・尾白利加岳(奥徳富岳)。春紅葉も良い感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幌天狗・群別岳・尾白利加岳(奥徳富岳)。春紅葉も良い感じ
尾白利加岳(奥徳富岳)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白利加岳(奥徳富岳)
(多分エゾ)オオサクラソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(多分エゾ)オオサクラソウ
石狩湾と札幌南西部の山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石狩湾と札幌南西部の山
幌天狗・群別岳・尾白利加岳(奥徳富岳)・南暑寒岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幌天狗・群別岳・尾白利加岳(奥徳富岳)・南暑寒岳
幌天狗・群別岳・尾白利加岳(奥徳富岳)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幌天狗・群別岳・尾白利加岳(奥徳富岳)
尾白利加岳(奥徳富岳)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白利加岳(奥徳富岳)
尾白利加岳(奥徳富岳)・南暑寒岳・知来岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白利加岳(奥徳富岳)・南暑寒岳・知来岳
ズームすると羊蹄山まで写りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームすると羊蹄山まで写りました
東のほうは良くなく、樺戸山地あたりも雲が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東のほうは良くなく、樺戸山地あたりも雲が
こんな所に居てもダメですよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所に居てもダメですよ
そろそろ帰りますか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ帰りますか
ヒメヤシャブシかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメヤシャブシかな
尾白利加岳(奥徳富岳)の南西尾根上と日本海
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白利加岳(奥徳富岳)の南西尾根上と日本海
ミヤマアズマギク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアズマギク
シラネアオイは新道にもあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイは新道にもあり
キバナイカリソウは新道にだけあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナイカリソウは新道にだけあった
タラノキはもう葉っぱになってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タラノキはもう葉っぱになってました

感想/記録

 山のレベル2ランクダウン継続中。
 登山口までの車中、当別青山地区では霧雨すら降ってモチベダウンしたが、8時前に
登山道に着くと晴れ。駐車場は半分くらい埋まり。
 そろそろブヨの季節だが、まだそれほどではない。スミレ、ニリンソウ、
(多分エゾ)オオサクラソウなど、ぽつぽつ咲いている。途中タケノコ取りの気配有。
 新旧分岐を左の旧道へ入ると、花が多くなる。エンレイソウ、サンカヨウ、
シラネアオイ等が加わり、オオバキスミレやカタクリ、エゾエンゴサクも若干。
 旧道が尾根にのるところは花がとりわけ素晴らしいし、展望も良い。そこで休憩して、
岩場を登っていく。ロープもあるが、険しい。前から思っていたが、ここは登り専用に
すべきじゃないかな。下りに使う人は少ないだろうけど。
 エゾオオサクラソウはこの岩場でも多い。
 先日痛めた右肩は支障ないと言えばそうだし、何かと不自由と言えばそうとも言える。

 上の分岐直前で上から石が降ってきて5mほどの所を通過した。下手すると旧道の存在自体を
知らない人も登っているだろう。分岐点に、「この上、北側に石を落とさぬよう」とか看板が
欲しいな。(注文が多くなってしまった)
 いくらもかからずに山頂。前回来たのは20年位前だと思うが、曇天で展望に
恵まれなかったので今回の大展望はうれしい。増毛山地は目の前にあるのだから
文句のつけようがない。幌天狗・群別岳・尾白利加岳と並んでいるのも絵になる。
 西は羊蹄山や積丹まで見えるが、東のほうは良くなく、樺戸山地あたりも雲が
かかっている。

 新道を下ると旧道には無かったキバナノイカリソウが目についた。タケノコを数本採って、
その晩に食べたが、えぐくておいしくなかった。冬の積雪があまりに少なかったのが
関係したのかなー。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:20人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ