また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2463676 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

ソーヤノ丸デッコ(小沢BS〜御前山〜藤倉BS)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:武蔵五日市駅/7:34着/7:39発(バス)ー>小沢BS/8:13頃着
帰り:藤倉BS/15:24発(バス)ー>武蔵五日市駅/16:20頃着/16:48発
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間59分
休憩
1時間15分
合計
6時間14分
S小沢バス停08:2309:43湯久保分岐09:5210:06仏岩ノ頭10:24湯久保山10:2610:30アザミケタワ10:3111:00若緑山11:0111:35御前山避難小屋11:3811:39御前山12:0812:24惣岳山12:2912:37ソーヤノ丸デッコ12:4813:13小河内峠13:2213:46中ノ平遺跡13:51猿江林道分岐13:5314:08荷付場地蔵14:27旧藤倉小学校バス停/モノレール駅14:3014:32藤倉春日神社14:37藤倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1.コース全体を通して危険に感じるヵ所はありません。
2.湯久保尾根も陣馬尾根も急勾配ヶ所は少なく歩きやすく感じましました。
3.仏岩ノ頭と湯久保山のピークは登山道から外れています。
4.ソーヤノ丸デッコピークへはまき道ではなく岩場コースに進みます。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

小沢バス停からスタート
ここで下車したハイカーは私一人
2020年08月01日 08:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢バス停からスタート
ここで下車したハイカーは私一人
4
植林帯の登山道を進みます
2020年08月01日 08:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯の登山道を進みます
1
大樹と倒木
2020年08月01日 09:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樹と倒木
2
うとう岩
この辺りからガスってきました
2020年08月01日 09:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うとう岩
この辺りからガスってきました
3
湯久保分岐に到着
ここまで急登では無いですが汗だくでピッチが上がりません
2020年08月01日 09:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯久保分岐に到着
ここまで急登では無いですが汗だくでピッチが上がりません
1
ここから登山道を離れて右手の尾根に入り、仏岩ノ頭へ向かいます
2020年08月01日 09:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道を離れて右手の尾根に入り、仏岩ノ頭へ向かいます
1
踏み跡があちこちありますが、尾根沿いにピークを目指して進みます
2020年08月01日 10:02撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡があちこちありますが、尾根沿いにピークを目指して進みます
2
荒れたピークに到着すると仏岩ノ頭に到着
登山道から10分程度かかりました
2020年08月01日 10:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れたピークに到着すると仏岩ノ頭に到着
登山道から10分程度かかりました
4
仏岩ノ頭の山頂標
前回ピークを踏んでいない多摩百の一座です
2020年08月01日 10:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏岩ノ頭の山頂標
前回ピークを踏んでいない多摩百の一座です
7
山頂から3分程で登山道に合流
下りは踏み跡も明瞭で傾斜も無いので、山頂へはここから往復した方が楽です
眼前が開ける前(次写真)のこの2つの青テープが目印です
2020年08月01日 10:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から3分程で登山道に合流
下りは踏み跡も明瞭で傾斜も無いので、山頂へはここから往復した方が楽です
眼前が開ける前(次写真)のこの2つの青テープが目印です
1
ほとんど植林帯ですが、登山道がやや開けました
2020年08月01日 10:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんど植林帯ですが、登山道がやや開けました
1
しかし、全く眺望はありません
2020年08月01日 10:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、全く眺望はありません
2
湯久保山への分岐
正面の白ペンキの山マークが目印です
2020年08月01日 10:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯久保山への分岐
正面の白ペンキの山マークが目印です
1
ゆるやかに登って行くとすぐにピークらしき場所があります
山頂標は倒木にあります
2020年08月01日 10:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるやかに登って行くとすぐにピークらしき場所があります
山頂標は倒木にあります
1
倒木に見つけた湯久保山山頂銘板
ここも多摩百で今回ピークを踏みました
2020年08月01日 10:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木に見つけた湯久保山山頂銘板
ここも多摩百で今回ピークを踏みました
11
山頂からすぐに湯久保山への分岐に合流
こちら側にも山マークがあります
2020年08月01日 10:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からすぐに湯久保山への分岐に合流
こちら側にも山マークがあります
1
湯久保尾根は要所にこのような距離表示のある指導標があり助かります
2020年08月01日 10:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯久保尾根は要所にこのような距離表示のある指導標があり助かります
1
若緑山はピークが広く登山道横に山頂標があります
写真は振り返っています
2020年08月01日 11:02撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若緑山はピークが広く登山道横に山頂標があります
写真は振り返っています
2
鋸山方面への尾根道と合流
2020年08月01日 11:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸山方面への尾根道と合流
1
御前山、3回目の登頂です
広い山頂は10人以上のハイカーで賑わっています
2020年08月01日 11:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山、3回目の登頂です
広い山頂は10人以上のハイカーで賑わっています
9
本日唯一の眺望
北側方面の山々
2020年08月01日 11:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日唯一の眺望
北側方面の山々
5
同じく北側方面ですが雲多し
2020年08月01日 11:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく北側方面ですが雲多し
1
惣岳山
この辺りはハイカーが多いです
2020年08月01日 12:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惣岳山
この辺りはハイカーが多いです
4
小河内峠に向かいます
2020年08月01日 12:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内峠に向かいます
1
惣岳山から一気に下るとまき道と岩場コースの分岐点に出ます
ソーヤノ丸デッコのピークは岩場コースです
2020年08月01日 12:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惣岳山から一気に下るとまき道と岩場コースの分岐点に出ます
ソーヤノ丸デッコのピークは岩場コースです
2
岩場コースに入るとすぐ眼前にピークがあり、そこがソーヤノ丸デッコのピークです
2020年08月01日 12:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場コースに入るとすぐ眼前にピークがあり、そこがソーヤノ丸デッコのピークです
4
多摩百山96座目「ソーヤノ丸デッコ」、本日の目的地です
山頂標は無く、この指導標(05-340)が目印です
2020年08月01日 12:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多摩百山96座目「ソーヤノ丸デッコ」、本日の目的地です
山頂標は無く、この指導標(05-340)が目印です
6
晴れていれば抜群の眺望らしいですがこんな感じで残念です
2020年08月01日 12:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていれば抜群の眺望らしいですがこんな感じで残念です
2
北側方面は少し山々が確認できます
2020年08月01日 12:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側方面は少し山々が確認できます
3
山頂は狭く、こんな感じです
2020年08月01日 12:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は狭く、こんな感じです
3
小河内峠
ここから藤倉バス停に下山します
2020年08月01日 13:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内峠
ここから藤倉バス停に下山します
3
歩き易い植林帯
2020年08月01日 13:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き易い植林帯
1
中ノ平遺跡
東京都の遺跡としては標高の最も高い(標高950m)遺跡とのこと
2020年08月01日 13:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ平遺跡
東京都の遺跡としては標高の最も高い(標高950m)遺跡とのこと
4
正面から下山してきました
最後の舗装小道が膝に応えました
2020年08月01日 14:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面から下山してきました
最後の舗装小道が膝に応えました
2
ゴールの藤倉バス停
3週間振りの山行で疲れました
2020年08月01日 14:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの藤倉バス停
3週間振りの山行で疲れました
6
撮影機材:

感想/記録

ようやく梅雨明け模様で雨の心配がなくなったので3週間ぶりの山行です。

残り5座となった多摩百山はソーヤノ丸デッコを目的に、リスト上は達成済みなるもピークを踏んでいない仏岩ノ頭と湯久保山を通る湯久保尾根を歩きました。

湯久保尾根は以前一度歩いていますが、まだ多摩百山の存在を知らず御前山を目的に歩いたので両座ともにまいていました。

ソーヤノ丸デッコから好展望を期待していたのですが、狭い山頂からの眺望は残念ながらガスがいっぱいでした。

天候は曇りでほとんど植林帯の中でしたが、夏場は汗を拭くのが忙しく中々思うように歩けない一日でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:246人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 急登 倒木 山行 梅雨 ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ