また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2464042 全員に公開 ハイキング 御在所・鎌ヶ岳

綿向山とその周辺

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御幸橋駐車場に停めました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間13分
休憩
1時間6分
合計
5時間19分
S御幸橋駐車場08:4408:56ヒミズ谷出合小屋09:19綿向山三合目09:2309:25あざみ小舎09:2609:32五合目小屋09:4009:50七合目行者コバ09:5110:00八合目分岐10:0510:14綿向山10:2310:28綿向北尾根分岐10:55イハイガ岳11:0411:41綿向北尾根分岐11:4212:07綿向山12:2512:31八合目分岐12:3713:00水無山13:0213:50ヒミズ谷出合小屋13:5214:03御幸橋駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
綿向山登山口〜綿向山山頂:よく整備されていて危険箇所もなし。
綿向山山頂〜イハイガ岳:道不明瞭。危険ではありません。
綿向山山頂〜水無山:三点確保が必要なところあり。
水無山〜綿向山登山口:よく整備されていますが危険箇所あり。

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 雨具 日よけ帽子 サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 ストック
備考 無茶な計画は立ててはいけません。引き返すのも勇気!

写真

登山開始の頃から「上はガスってるなぁ」と思ってましたが、金命水のあたりからやっぱりガスってました。
2020年08月01日 09:54撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山開始の頃から「上はガスってるなぁ」と思ってましたが、金命水のあたりからやっぱりガスってました。
1
綿向山山頂到着。予想よりちょっと時間がかかりました・・・
今回はここが目的地ではないのでサクッと。
2020年08月01日 10:15撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿向山山頂到着。予想よりちょっと時間がかかりました・・・
今回はここが目的地ではないのでサクッと。
3
山頂にある展望図。
今回の目標はこれのほぼ中央にある雨乞岳です!
以前来たときからここから雨乞山まで尾根ばかりだなぁと思っていたので今回は雨乞山へのピストンにチャレンジしてみようかと思います。
2020年08月01日 10:20撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にある展望図。
今回の目標はこれのほぼ中央にある雨乞岳です!
以前来たときからここから雨乞山まで尾根ばかりだなぁと思っていたので今回は雨乞山へのピストンにチャレンジしてみようかと思います。
1
当の雨乞岳。ガスってる・・・
2020年08月01日 10:20撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当の雨乞岳。ガスってる・・・
2
綿向山山頂から竜王山・イハイガ岳分岐まで進み、いざ雨乞岳へ!
しばらく草原が続き、気持ち良い。
・・・はずが踏み跡がなかなかわからない。
2020年08月01日 10:34撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿向山山頂から竜王山・イハイガ岳分岐まで進み、いざ雨乞岳へ!
しばらく草原が続き、気持ち良い。
・・・はずが踏み跡がなかなかわからない。
3
スマホで山と高原地図&GPSと付き合わせながらイハイガ岳山頂になんとか到着。
途中、草原が終わり、結構な未整備・急坂ルートを進みました。
イハイガ岳から少し進んだところで時計を見ると11時を過ぎていました。藪漕ぎやらルート探索、急坂やらで思いの外時間が掛かってしまっています。
このままでは雨乞岳まで行ってピストンで綿向山登山口まで戻ることを考えると、非常にまずいペース。
2020年08月01日 10:55撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スマホで山と高原地図&GPSと付き合わせながらイハイガ岳山頂になんとか到着。
途中、草原が終わり、結構な未整備・急坂ルートを進みました。
イハイガ岳から少し進んだところで時計を見ると11時を過ぎていました。藪漕ぎやらルート探索、急坂やらで思いの外時間が掛かってしまっています。
このままでは雨乞岳まで行ってピストンで綿向山登山口まで戻ることを考えると、非常にまずいペース。
4
引き返しました。
途中で振り返って撮った写真がこちら。
中央左がイハイガ岳で中央右が雨乞岳。無理だー。
2020年08月01日 11:15撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返しました。
途中で振り返って撮った写真がこちら。
中央左がイハイガ岳で中央右が雨乞岳。無理だー。
3
引き返しの途中、往路では気づかなかった沼を発見。
やっぱり、登山計画には余裕が必要ですね・・・
2020年08月01日 11:18撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返しの途中、往路では気づかなかった沼を発見。
やっぱり、登山計画には余裕が必要ですね・・・
3
草原の付近で鹿の群れに何度か出会いました。
鹿の骨や抜け落ちたと思われる角も落ちていました。
あと、5本指の人間サイズ(私の足跡とより少し小さい)の足跡を数カ所で見かけました。
これって猿? 山人?
2020年08月01日 11:34撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原の付近で鹿の群れに何度か出会いました。
鹿の骨や抜け落ちたと思われる角も落ちていました。
あと、5本指の人間サイズ(私の足跡とより少し小さい)の足跡を数カ所で見かけました。
これって猿? 山人?
2
綿向山山頂まで戻って下山中、ついでだからまだ行っていない水無山も行っちゃえと欲をかいてしまいます。
2020年08月01日 12:34撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿向山山頂まで戻って下山中、ついでだからまだ行っていない水無山も行っちゃえと欲をかいてしまいます。
ほほぅ。
2020年08月01日 12:36撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほほぅ。
山体崩壊してるやん!
2020年08月01日 12:41撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山体崩壊してるやん!
4
山崩れしている直前に分岐がありました。
2020年08月01日 12:45撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山崩れしている直前に分岐がありました。
横(崩壊して方)を見ると・・・
あかんやーん。
2020年08月01日 12:45撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横(崩壊して方)を見ると・・・
あかんやーん。
各所に設置されている案内板に従って進んでいくと・・・
おぉう。
2020年08月01日 12:54撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
各所に設置されている案内板に従って進んでいくと・・・
おぉう。
1
水無山山頂。
なんとか到着。南水無山へはさっき(イハイガ岳→大峠)の教訓を踏まえ、やめました(山と高原地図にまる危と書いてあったので)。
ここから水無山北巻ルートで綿向山登山口まで戻りましたが、危険箇所にはロープが張ってあり、案内板もこれでもかというぐらありました。
2020年08月01日 13:00撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無山山頂。
なんとか到着。南水無山へはさっき(イハイガ岳→大峠)の教訓を踏まえ、やめました(山と高原地図にまる危と書いてあったので)。
ここから水無山北巻ルートで綿向山登山口まで戻りましたが、危険箇所にはロープが張ってあり、案内板もこれでもかというぐらありました。
3
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:200人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ