また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2468216 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八幡平・岩手山・秋田駒

松川温泉〜藤七温泉トレランもどき

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月02日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
11分
合計
4時間56分
Sスタート地点06:5207:19松川温泉・奥産道方面分岐07:2007:45三ツ石山荘07:5208:13三ツ石山08:1608:31三ツ沼08:3108:36ニセ小畚08:3608:47小畚山08:4809:15八瀬森分岐09:1509:22大深岳09:2309:27大深岳分岐09:2709:36大深山荘水場まで0.4km道標09:3609:50大深山荘09:5110:13嶮岨森10:35前諸桧10:3510:44石沼10:4411:11諸桧岳11:1111:36畚岳分岐11:3611:40藤七温泉分岐11:4111:45裏岩手縦走路入口11:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

これ何ですか?色・形・模様がキレイ。
2020年08月02日 08:19撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ何ですか?色・形・模様がキレイ。
1
こもっこさん
2020年08月02日 08:48撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こもっこさん
2
トレラン ロード
2020年08月02日 09:24撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレラン ロード
1
アップダウンは標高差200mの範囲内なんだけど、登りは走れない斜度のところもあります。
2020年08月02日 10:04撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンは標高差200mの範囲内なんだけど、登りは走れない斜度のところもあります。
1
険阻森から来し方の大深岳方面を振り返る。この頃からしばらく青空がのぞく。
2020年08月02日 10:13撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
険阻森から来し方の大深岳方面を振り返る。この頃からしばらく青空がのぞく。
1
藤七温泉の入り口。
大人@650
2020年08月02日 13:04撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤七温泉の入り口。
大人@650
2
問題の藤七バス停
2020年08月02日 13:04撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
問題の藤七バス停
1

感想/記録
by Kgcm

八幡平山頂にマイカーデポ→松川温泉→バスで八幡平へ、というプランを検討したが、松川温泉から八幡平へ行くバスは何故か午前10:時半発しかないのでちとキツい。八幡平→松川温泉の11:50発・13:00発なら間に合いそうなのでやむなく松川温泉から歩き始める逆コースにした。
三ツ石山荘までは汗を搾り取られるが、その後は概ねトレラン にお誂え向き。
5時間弱の山行の最終盤、八幡平山頂ターミナル11:50発のバスには間に合うか微妙だったのでひとつ手前の藤七温泉停留所で乗る策に切り替え、ダイヤの3分前に滑り込んだ。
バス停のポストが反対車線にしか無かったのでちょっと離れた所でバスを待ち構えたのだが、無情にもスルーして爆走する岩手県北バス。「おーい!(怒)」と叫んで地団駄を踏むも、バスは気付かずに(あるいは意図的に?)カーブを曲がり消えて行った。。。
しばし失望したが、10秒後には「これは藤七温泉に入れってことだな💡」と思考を切り替え入浴。露天は生コンのような灰色のお湯がぷくぷく湧いていて、野趣満点。おすすめです。混浴ですが、囲いのある女性専用もあります。


さて、問題のバス。藤七温泉の受付の方に尋ねると「松川温泉行きに乗る場合は、反対車線なので道路を渡って待ってください」とのこと。13時4分発に無事乗って松川温泉に戻り、松川荘にてもう一度入浴してから帰路につきました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:346人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

山行 デポ 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ