また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2469222 全員に公開 ハイキング 丹沢

二ノ塔尾根から烏尾山仲尾根を経由して周回

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月02日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候午前中は薄曇りでひんやり
昼前から日差しが強くなり、微風で蒸し暑かった
アクセス
利用交通機関
車・バイク
葛葉の泉駐車場(無料)を利用。
到着時で8台(上段2、下段6)駐車中。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間52分
休憩
19分
合計
7時間11分
S葛葉ノ泉09:5811:08牛首11:21ヒゴの沢11:41新茅山荘11:48モミソ岩12:12作治小屋12:1813:32仲尾根14:11烏尾山14:1714:17烏尾山荘14:1814:48三ノ塔地蔵菩薩15:09三ノ塔15:22二ノ塔15:2815:34大音沢ノ頭17:09葛葉ノ泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
仲尾根取付きは足元の緩い斜面ですが、尾根を辿るので、道迷いは無いかと思います。痩せ尾根風の箇所もありますが、登山道は良く踏まれており、危険を感じる程の箇所はありませんでした。
二ノ塔尾根でヒルを見かけましたが、ヒル被害は無し。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 ストック
共同装備 サーモス山専ボトル

写真

葛葉の泉駐車場から出発します。
2020年08月02日 09:44撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛葉の泉駐車場から出発します。
駐車場前の川にかかる木橋。少し踏み入り、覗いてみました。行先方面は写真右手で、こちらではありません。
2020年08月02日 09:47撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場前の川にかかる木橋。少し踏み入り、覗いてみました。行先方面は写真右手で、こちらではありません。
葛葉の泉前を過ぎ、林道ゲート横を通過します。写真奥道標を発見し、ここから二ノ塔尾根に取り付きます。
2020年08月02日 10:01撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛葉の泉前を過ぎ、林道ゲート横を通過します。写真奥道標を発見し、ここから二ノ塔尾根に取り付きます。
2
二ノ塔尾根を少しばかり登り、林道との交差部に到達。ここから林道を下り、新茅荘、烏尾山登山口を目指します。
2020年08月02日 10:41撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ塔尾根を少しばかり登り、林道との交差部に到達。ここから林道を下り、新茅荘、烏尾山登山口を目指します。
これから進む林道。写真奥に進みます。
2020年08月02日 10:42撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む林道。写真奥に進みます。
林道途中の木立が途切れたところで一枚。
2020年08月02日 11:00撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道途中の木立が途切れたところで一枚。
3
新茅荘を過ぎ、烏尾山登山口を目指して登っていきます。
2020年08月02日 12:05撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新茅荘を過ぎ、烏尾山登山口を目指して登っていきます。
そして、登山口に到着。食事休憩も含みますが、林道を1.5時間位歩いていました。
2020年08月02日 12:12撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、登山口に到着。食事休憩も含みますが、林道を1.5時間位歩いていました。
3
踏ん張りの効きにくい緩めの植林斜面を通過した辺りで休憩。尾根筋が収束し、明瞭になってきました。
2020年08月02日 12:30撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏ん張りの効きにくい緩めの植林斜面を通過した辺りで休憩。尾根筋が収束し、明瞭になってきました。
小さな草原のようなエリアに到達し休憩中。奥が塔ノ岳方面かと。
2020年08月02日 13:26撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな草原のようなエリアに到達し休憩中。奥が塔ノ岳方面かと。
2
大倉尾根方面を見つつ
2020年08月02日 14:10撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根方面を見つつ
1
やっと烏尾山に到着。気温急上昇も相俟って既にバテバテです。しばし。ベンチで休憩します。
2020年08月02日 14:10撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと烏尾山に到着。気温急上昇も相俟って既にバテバテです。しばし。ベンチで休憩します。
7
表尾根を歩き、二ノ塔に到着しました。二ノ塔から尾根を下り、葛葉の泉に戻ります。
2020年08月02日 15:25撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根を歩き、二ノ塔に到着しました。二ノ塔から尾根を下り、葛葉の泉に戻ります。
二ノ塔尾根の入り口。藪こぎという程ではありません。
2020年08月02日 15:25撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ塔尾根の入り口。藪こぎという程ではありません。
二ノ塔尾根と林道の交差部まで戻ってきました。あと少しで駐車場に帰着というところ。写真奥の赤テープ辺りから出てきました。お疲れ様でした。
2020年08月02日 16:24撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ塔尾根と林道の交差部まで戻ってきました。あと少しで駐車場に帰着というところ。写真奥の赤テープ辺りから出てきました。お疲れ様でした。
4

感想/記録
by Tevhid

烏尾山仲尾根を登ってみました。
取付きの植林帯こそ不明瞭でしたが、その後、雰囲気のある尾根、草原エリア、再度、植林帯と変化していきます。あまり手の入っていない自然な登山道も良かった思います。
途中から日差しが強く、風も無いため、烏尾山に到達した時はかなりバテてしまい、その後の登り返しがかなり辛く感じました。
今回は、ヒル被害も無く、怪我無く下山出来てなによりです。

行き交った人
二ノ塔 2
烏尾山 1
表尾根 1
三ノ塔 3
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:176人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

赤テープ 林道 道迷い 道標 草原
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ