また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2494074 全員に公開 ハイキング 大雪山

北海道百名山;武華山、20000キロ超ゴールドステージ到達

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月10日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇のち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 飛行機
釧路空港からレンタカー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間43分
休憩
19分
合計
7時間2分
S林道終点06:1507:03武華岳登山口07:22分岐09:16前ムカ09:1709:53武華山10:1110:44前ムカ12:11分岐12:30武華岳登山口13:17林道終点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
この山は今回の夏の北海道ツアーでは最もマイナーな
やまで、ヤマレコの記録も少なく、どれも道が荒れているという事前情報で、
特に登山口までの林道の崩壊や、這松等の藪漕ぎ、そして羆との遭遇が気掛かりでした。

▼林道の通行止め部〜登山口
崩壊地点にはわりとしっかりした踏み跡があり、
蕗に覆われて分かりにくいところもほとんどなく、
順調に歩けましたが、お盆休みで最近人に歩かれていたからかもしれません。

▼登山口から先の登山道
道は迷うことなくしっかりしていました。
沢沿いの部分で道脇の笹が被って見えにくい所と、
稜線に出てからの、這松とナナカマドとシャクナゲとツツジのミックスした灌木地帯での道に張り出した枝葉や根っこがスムーズな通行を妨げ、時間がかかります。

▼羆
稜線に出たところで足跡、前ムカと山頂の間で糞を見ましたが、
熊鈴3つを鳴らし、時々笛を吹き、大声を出して遭遇を回避、その他、熊避けスプレーや火薬のピストルも用意していました。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

朝、層雲峡温泉のホテル玄関前で鹿に遭遇
2020年08月10日 05:18撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、層雲峡温泉のホテル玄関前で鹿に遭遇
1
前方に武華山
2020年08月10日 05:47撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に武華山
1
林道終点の案内図
2020年08月10日 06:13撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点の案内図
2
なぜかルピナス
2020年08月10日 06:18撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜかルピナス
すぐに林道崩壊地。ここが一番ひどい場所ですが、踏み跡しっかりあります
2020年08月10日 06:19撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに林道崩壊地。ここが一番ひどい場所ですが、踏み跡しっかりあります
螺湾蕗が茂った林道を進みます。
2020年08月10日 06:52撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
螺湾蕗が茂った林道を進みます。
ライオン岩分岐、そちらは通行止め
2020年08月10日 07:21撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライオン岩分岐、そちらは通行止め
武華山を見上げます
2020年08月10日 07:38撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武華山を見上げます
一部笹をかき分けて歩きます。でも足元にはしっかりした踏み跡あり。
2020年08月10日 07:44撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部笹をかき分けて歩きます。でも足元にはしっかりした踏み跡あり。
埋もれかかった標識。手前の見えやすい所に出しました
2020年08月10日 08:16撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
埋もれかかった標識。手前の見えやすい所に出しました
ここから急坂ですが道はしっかりしいて歩きやすい。
2020年08月10日 08:20撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急坂ですが道はしっかりしいて歩きやすい。
ライオン岩
2020年08月10日 08:26撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライオン岩
1
道は細いながらしっかり
2020年08月10日 08:35撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は細いながらしっかり
黒豆の木の実がなっていました。
2020年08月10日 08:39撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒豆の木の実がなっていました。
ハイ松帯に突入
2020年08月10日 08:49撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイ松帯に突入
背丈ほどのハイ松の中の道、枝が張り出していて歩きにくい。一部に枝を刈った跡もありました。
2020年08月10日 08:51撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背丈ほどのハイ松の中の道、枝が張り出していて歩きにくい。一部に枝を刈った跡もありました。
大分登ってきました
2020年08月10日 09:02撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分登ってきました
ツツジの紅葉がはじまっています
2020年08月10日 09:04撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジの紅葉がはじまっています
ライオン岩を見下ろします。背後は大雪山
2020年08月10日 09:09撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライオン岩を見下ろします。背後は大雪山
1
武華山山頂(右)と大雪山
2020年08月10日 09:09撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武華山山頂(右)と大雪山
1
赤い実
2020年08月10日 09:12撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い実
前ムカ登着
2020年08月10日 09:13撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前ムカ登着
1
武華山は中央のこぶ
2020年08月10日 09:13撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武華山は中央のこぶ
1
黒い実
2020年08月10日 09:15撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒い実
ハイ松とナナカマドとつつじとシャクナゲの灌木がミックスして邪魔をする歩きにくい径
2020年08月10日 09:22撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイ松とナナカマドとつつじとシャクナゲの灌木がミックスして邪魔をする歩きにくい径
ゴゼンタチバナ
2020年08月10日 09:24撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
綿の木
2020年08月10日 09:28撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿の木
同じく
2020年08月10日 09:29撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく
エゾウサギギク
2020年08月10日 09:29撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾウサギギク
北となりの武利山
2020年08月10日 09:33撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北となりの武利山
前方の武華山山頂
2020年08月10日 09:34撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方の武華山山頂
秋の気配
2020年08月10日 09:36撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の気配
天望が開けて歩きやすくなりました
2020年08月10日 09:38撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天望が開けて歩きやすくなりました
トムラウシ山が一瞬見えました
2020年08月10日 09:38撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ山が一瞬見えました
ひときわ大きい石狩岳
2020年08月10日 09:38撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひときわ大きい石狩岳
羆の糞か
2020年08月10日 09:40撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羆の糞か
キノコ
2020年08月10日 09:43撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコ
武華山山頂到着
2020年08月10日 09:51撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武華山山頂到着
3
前日登ったニセイカウシュペ山(奥)が見えました
2020年08月10日 09:52撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日登ったニセイカウシュペ山(奥)が見えました
2
ニセイカウシュペバックに
2020年08月10日 09:55撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニセイカウシュペバックに
2
前ムカバックに
2020年08月10日 09:56撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前ムカバックに
1
石狩岳方面
2020年08月10日 09:57撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石狩岳方面
左奥がニセイカウシュペ
2020年08月10日 10:10撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥がニセイカウシュペ
ハイ松ををかき分けて戻ります
2020年08月10日 10:16撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイ松ををかき分けて戻ります
灌木をかき分けて戻ります
2020年08月10日 10:33撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木をかき分けて戻ります
同じく
2020年08月10日 10:38撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく
東方の展望、雲が迫ってきて、予報通りとうとう小雨が降り始めました
2020年08月10日 10:46撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方の展望、雲が迫ってきて、予報通りとうとう小雨が降り始めました
林道に戻ってきました
2020年08月10日 12:24撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に戻ってきました
以前の登山口にある入山記録ポスト。この日記載したのは私たちだけでしたが、他に品川NOの車(山中では会わず)と途中お会いした3人組がこの日の入山者です。
2020年08月10日 12:34撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前の登山口にある入山記録ポスト。この日記載したのは私たちだけでしたが、他に品川NOの車(山中では会わず)と途中お会いした3人組がこの日の入山者です。
1
コロボックルになった気分
2020年08月10日 12:36撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コロボックルになった気分
2
背丈ほどの蕗
2020年08月10日 12:42撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背丈ほどの蕗
2
無事下山、お疲れ様でした。
2020年08月10日 13:17撮影 by SHV45, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山、お疲れ様でした。
2

感想/記録

北海道ツアー10日目は、天気予報が午前中晴曇で午後から雨と好転したため
計画通り北海道百名山の武華山へ。
ただ、この山は今回の夏の北海道ツアーでは最もマイナーな
やまで、ヤマレコの記録も少なく、どれも道が荒れているという事前情報で、
特に登山口までの林道の崩壊や、這松等の藪漕ぎ、そして羆との遭遇が妻を連れていく上で気掛かりでした。

天気は予報より早く、前ムカまで戻ったあたりから弱い雨が降り始めましたが、
山頂では高曇で、このツアー中で初めて山頂からの展望を楽しめました。

道は心配したほどではありませんでした。笹やハイ松等が邪魔をする場所もありましたが、道は明瞭で迷うようなところはなく、笹は枝が被っていないところは歩きやすい方でした。林道の崩壊も一部だけで、蕗が成長してかぶさっている場所が多いですが、迷うような場所はありませんでした。ただ、テープ類の印はなく、人によっては迷うかもしれません。

この山でついに累積距離が20000キロを超え、ゴールドステージになりました。ヤマレコ会員数は今月現在で497880人、そのうちゴールドは0.004%なので、20人目ということになります。
今年の目標の一つでしたが、意外とあっさり達成できました。まあ、この距離の中には、自転車が1000キロくらい、ゲレンデスキーが2000キロ位は含まれているので、実際に歩いたのはまだ17000キロ超だとは思いますが、それでも地球半周分到達は感慨深いものがあります。でもまだ半周。このまま一周を目指すようですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:408人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/5/12
投稿数: 7377
2020/8/16 14:09
ゴールドステージ到達、おめでとうございます!!
shigetoshiさん、こんにちは。

このお山、まったく知らない山でした。
北海道100もターゲットですか

コメントしたかったのは
ゴールドステージ到達、おめでとうございます!!
最近フレンドの記録しか見ていないこともあり
ますが、ヤマレコ内でゴールドステージの方を
見かけたことがなく、shigetoshiさんが初です
私は現在14000キロを過ぎたところなので、年間1000キロ
としてもあと6年はかかる見込み。。最近ロングが
減っているので、さらにかかるかな。。
このペースだと地球一周も意外と早そうに思います。
登録日: 2011/2/5
投稿数: 3119
2020/8/16 14:38
Re: ゴールドステージ到達、おめでとうございます!!
youtaroさん、こんにちは。

ありがとうございます!!
最近の砂浜ラントレ等も記録アップしたので、意外とあっさり到達してしまいました
でも地球一周で+2万キロは年1000キロで20年もかかり、一生の目標になりますね。

北海道は何度も行っているうちに、有名な山は大体登ってしまって、
300名山だけだと数が少ないので、マイナーな山の開拓に入っている感じです。
分県ガイドの北海道の山を中心に、北海道百も参考に登ってます。
ただ、このクラスのマイナーな山だと、ここ数年の台風による林道崩壊後
アプローチが難しくて放置され、それにプラスしてコロナの影響で登る人が少なくて
登山道も荒れてしまっている山が多く、だんだん登れる山が減っていく感じで残念です。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ