また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2498966 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

「三密の道」を訪ねて高尾山へ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年08月13日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
[往路] 渋谷 5:53==井の頭線普通==6:03 明大前 6:14===京王線特急===6:57 高尾山口
[復路] 高尾山口 12:02===京王線特急===12:44 明大前 12:49==井の頭線急行==12:56 渋谷
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間38分
休憩
1時間2分
合計
3時間40分
S高尾山口駅07:0007:37リフト山上駅07:39高尾山駅07:44霞台園地07:4608:11高尾山薬王院08:2408:33高尾山09:1509:34稲荷山コース高尾林道分岐09:52大山橋10:11琵琶滝10:1610:37高尾山・清滝駅10:40TAKAO 599 MUSEUMG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
往路の1号路、復路の6号路ともに、危険個所等は全くありません。
その他周辺情報TAKAO 599 MUSEUM

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

7時ちょうど、高尾山口駅からスタート。8時から営業のケーブルカー乗り場を横目に、右手の1号路を上っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時ちょうど、高尾山口駅からスタート。8時から営業のケーブルカー乗り場を横目に、右手の1号路を上っていきます。
気持ちの良い木立の中を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い木立の中を進みます。
1
だんだん傾斜がきつくなってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん傾斜がきつくなってきます。
1
急こう配をジグザグに上ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急こう配をジグザグに上ります。
1
ひとしきり上ったところに大きな石碑があります。1号路起点からここまで約20分でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとしきり上ったところに大きな石碑があります。1号路起点からここまで約20分でした。
更に上り、エコーリフトの山上駅を通過します。リフトは9時からの営業なので、まだ人影はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に上り、エコーリフトの山上駅を通過します。リフトは9時からの営業なので、まだ人影はありません。
ほどなくケーブルカーの高尾山駅も通過します。まだ7時40分なので営業しておらず、ケーブルカーで上ってくる客で混雑する前に、先に進めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなくケーブルカーの高尾山駅も通過します。まだ7時40分なので営業しておらず、ケーブルカーで上ってくる客で混雑する前に、先に進めます。
かすみ台の展望台から、都心方面の眺望です。肉眼では、高尾山より高いスカイツリーもうっすら見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かすみ台の展望台から、都心方面の眺望です。肉眼では、高尾山より高いスカイツリーもうっすら見えました。
2
東京都水道局の水飲み場。冷たくはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京都水道局の水飲み場。冷たくはありません。
2
さる園・野草園の前を通過します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さる園・野草園の前を通過します。
たこのような根を持つ「たこ杉」。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たこのような根を持つ「たこ杉」。
1
厳かな浄心門をくぐります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳かな浄心門をくぐります。
男坂と女坂の分岐。ゆるやかな女坂に向かう人々が多い中、左側の男坂を上ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂と女坂の分岐。ゆるやかな女坂に向かう人々が多い中、左側の男坂を上ります。
1
男坂を上り切ったところに、いよいよ「三密の道」が現れました。三密と言えば今や密閉・密集・密接の時勢ですが、こちらの三密は、身密(正しい行い)、口密(正しい言葉)、意密(正しい心)を意味する密教の古くからの教えだそうです。早速「苦抜け門」をくぐって、謹んで階段を上っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂を上り切ったところに、いよいよ「三密の道」が現れました。三密と言えば今や密閉・密集・密接の時勢ですが、こちらの三密は、身密(正しい行い)、口密(正しい言葉)、意密(正しい心)を意味する密教の古くからの教えだそうです。早速「苦抜け門」をくぐって、謹んで階段を上っていきます。
3
階段を上り切ったところにも同じ「苦抜け門」がありました。ちなみに、この「三密の道」では誰にも出会うことなく、今の時勢の三密とはかけ離れた場所でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を上り切ったところにも同じ「苦抜け門」がありました。ちなみに、この「三密の道」では誰にも出会うことなく、今の時勢の三密とはかけ離れた場所でした。
3
上側の「苦抜け門」を出るとすぐに、仏舎利塔があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上側の「苦抜け門」を出るとすぐに、仏舎利塔があります。
1
女坂ルートとも合流し、さらに進むと薬王院の立派な山門が現れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女坂ルートとも合流し、さらに進むと薬王院の立派な山門が現れます。
2
境内にある「厄除開運・願叶輪潜」をくぐります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境内にある「厄除開運・願叶輪潜」をくぐります。
4
階段を上って仁王門をくぐります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を上って仁王門をくぐります。
1
御本堂で参拝します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御本堂で参拝します。
1
さらに階段を上って鳥居をくぐります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに階段を上って鳥居をくぐります。
1
御本社も参拝します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御本社も参拝します。
1
薬王院を過ぎると、しばらく木立の中を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬王院を過ぎると、しばらく木立の中を進みます。
1
ほどなく高尾山山頂に到着。標高は599.15メートルです。1号路起点から参拝等込みで約90分での登頂でした。下界は猛暑の中、山頂はそれなりに涼しい風が吹き抜けていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく高尾山山頂に到着。標高は599.15メートルです。1号路起点から参拝等込みで約90分での登頂でした。下界は猛暑の中、山頂はそれなりに涼しい風が吹き抜けていました。
2
山頂から東京方面の眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から東京方面の眺め。
1
山梨方面の眺め。雲の中に富士山も見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨方面の眺め。雲の中に富士山も見えています。
2
山頂には40分ほど滞在。復路は6号路で下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には40分ほど滞在。復路は6号路で下ります。
1
6号路は一般的な登山道の様相です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6号路は一般的な登山道の様相です。
1
気持ちの良い渓流沿いを下っていきます。水は思ったより冷たかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い渓流沿いを下っていきます。水は思ったより冷たかったです。
1
途中、何カ所かに木橋もあります。上ってくる多くの登山者とすれ違います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、何カ所かに木橋もあります。上ってくる多くの登山者とすれ違います。
1
下るにつれて渓流の幅が広がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下るにつれて渓流の幅が広がります。
1
山頂から1時間ほど下ったところに、琵琶滝がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から1時間ほど下ったところに、琵琶滝がありました。
1
さらに進むと、洞窟の岩屋大師がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進むと、洞窟の岩屋大師がありました。
1
6号路の最後は車道を歩き、ケーブルカー乗り場に戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6号路の最後は車道を歩き、ケーブルカー乗り場に戻ってきました。
近くに、入館無料の「TAKAO 599 MUSEUM」があったので、休憩がてら立ち寄ってみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くに、入館無料の「TAKAO 599 MUSEUM」があったので、休憩がてら立ち寄ってみます。
2015年の山の日(8/11)にオープンしたというだけあって新しく、広くて落ち着く空間でした。館内の599CAFEで軽食をいただき、高尾山口駅から帰路につきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2015年の山の日(8/11)にオープンしたというだけあって新しく、広くて落ち着く空間でした。館内の599CAFEで軽食をいただき、高尾山口駅から帰路につきました。
1

感想/記録
by Take_3

「三密の道」という興味深いスポットが高尾山にあるという情報を聞き、早速出掛けてきました。昼間の猛暑を避け、また午後の落雷・豪雨を避けるべく、朝一番で上って下りてきました。往路の1号路も復路の6号路も、基本的に日影となる木々の中を進んでいくルートで、暑さは思ったより軽かったです。特に6号路は渓流沿いの気持ちの良いルートでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:369人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ