また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2561035 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 磐梯・吾妻・安達太良

磐梯山 (裏磐梯から沼の平、猪苗代スキー場へ縦走)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月12日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り、山頂付近はガス
アクセス
利用交通機関
タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間26分
休憩
1時間13分
合計
6時間39分
S裏磐梯スキー場06:4407:15裏磐梯ゲレンデトップ07:1607:25銅沼07:2808:01裏磐梯スキー場分岐09:00弘法清水分岐09:08弘法清水09:3109:54磐梯山10:1410:31弘法清水10:5511:01黄金清水11:09三合目分岐11:29沼ノ平11:52赤埴山分岐12:04赤埴山分岐(猪苗代側)12:24天の庭12:53交流の家分岐12:5413:21猪苗代スキー場13:2213:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

休暇村からみた磐梯山。上はガスガスだなー。
2020年09月12日 05:53撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休暇村からみた磐梯山。上はガスガスだなー。
1
裏磐梯スキー場から歩き始め。裏磐梯はよく晴れている
2020年09月12日 06:54撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏磐梯スキー場から歩き始め。裏磐梯はよく晴れている
1
高度をあげて桧原湖がよく見えます
2020年09月12日 07:03撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度をあげて桧原湖がよく見えます
4
スキー場最高地点
2020年09月12日 07:14撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場最高地点
1
アキノキリンソウ
2020年09月12日 07:16撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
1
銅沼。なんとも言えない不思議な雰囲気です。
2020年09月12日 07:25撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅沼。なんとも言えない不思議な雰囲気です。
3
ミヤマゼンコ
2020年09月12日 07:30撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマゼンコ
2
弘法清水に向かう
2020年09月12日 08:58撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弘法清水に向かう
1
弘法清水、岡部小屋でしばし休憩
2020年09月12日 09:06撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弘法清水、岡部小屋でしばし休憩
1
ウメバチソウ
2020年09月12日 09:53撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ
岡部小屋に戻って暫し歓談
2020年09月12日 10:50撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岡部小屋に戻って暫し歓談
1
微かにしかわからないが火口壁の上のはず
2020年09月12日 11:08撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微かにしかわからないが火口壁の上のはず
1
シラタマノキ
2020年09月12日 11:10撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラタマノキ
オオカメノキ
2020年09月12日 11:18撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオカメノキ
沼の平。長い平道だが、眺望なし
2020年09月12日 11:20撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼の平。長い平道だが、眺望なし
1
高度を下げると雲を抜けて猪苗代湖が見える
2020年09月12日 12:23撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を下げると雲を抜けて猪苗代湖が見える
2
スキー場を下る
2020年09月12日 13:05撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場を下る
1
スキー場をひたすら下る
2020年09月12日 13:14撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場をひたすら下る
下山しました。
2020年09月12日 13:18撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しました。
1

感想/記録

毎年恒例になった職場の仲間との山行も今年で4回目になります。

これまで3回は山小屋泊まりで八ヶ岳や南アルプスに行っていましたが、今年はコロナの影響で小屋泊まりは断念し、前泊で日帰り山行としました。テレワークで外出も控える日々が続き、体力的もこれまでよりもレベルを下げた山を選ぶということで磐梯山縦走となりました。

休暇村裏磐梯に宿泊。私にとっては約半年ぶりの宿泊旅行となりましたが、久しぶりに浸かった温泉に解放感を感じることができました。

宿の窓からは右に磐梯山と左に櫛ヶ峰の二つのピークが見え、その間の大きく崩れている火口壁も見ることができました。

台風は過ぎ去ったものの、秋雨前線が東北付近に停滞しており、天気予報もコロコロ変わって気を揉みましたが、直前の予報では北側の北塩原村は曇り、南側の猪苗代町は雨の予報となりました。

登山当日、雨は降っていないものの、窓から仰ぎ見る磐梯山は上3分の1程度は雲の中でした。ガスに入っていくのは仕方がないと諦め、どうにか雨に当たらないようにと話しながらの出発です。

休暇村からタクシーに乗り、バス通りから裏磐梯スキー場駐車場までの砂利道を入ってもらえましたので、だいぶん時間の短縮になります。

6:45ごろに登山開始。動いていないリフトの脇を登っていきますが、裏磐梯側はよく晴れており、高度を上げるにつれて桧原湖の景観を楽しむことができました。

登山道の樹林帯に入るとぬかるみも多く、虫も多いですが構わずに歩を進めます。銅沼はなんとも言い難い不思議な色をたたえていました。

やがて登りになり、予想通りガスの中に突入して眺望は無くなりましたが、雨滴に当てられることはなく、十分です。それまでは誰とも会いませんでしたが、八方台との分岐を過ぎてからは登山者も増え、小さな子供たち集団も登っていました。

弘法清水に到着した時点ではガスもかなり濃くなっていました。岡部小屋の管理人さんと会話しながらしばらく休憩して待ちましたが、回復の兆しがあるわけでもないので、山頂に向かって歩き出します。

25分の急登をこなして、山頂に到着。景色はありませんが、雨に濡れていないことに感謝をして山頂の祠にお参りをします。少し下がった標識のところでは記念写真を撮ってもらいました。

岡部小屋に戻って小屋内で昼食を取らせていただきました。天皇陛下が新婚のころ登山された話など、しばし歓談させていただきました。

帰路は沼ノ平側に進みます。櫛ヶ峰に向かう爆裂火口の上を歩いているはずですが、ガスであまり見えないので、想像力を働かせて見た気になってみます。

沼ノ平も池沼など美しいところなのかもしれませんが、ガスでほとんど何も見えず、1400m地点をひたすら水平移動するような状態でした。

赤埴山も山頂はパスをして高度を下げるとスキー場に入ります。面倒なのでリフトに乗りたいところですが、動いていないので自力で降りるほかありません。それでもだんだんと雲を抜けるものですから、田圃が黄金色に輝く猪苗代湖側の景色を最後に拝むことができました。

猪苗代スキー場には冬季しかバスが来ていませんのでタクシーを呼び、猪苗代駅から帰路につきました。途中郡山駅で雨に降られなかった奇跡に乾杯をして帰りました。

山中はガスが多い山行でしたが、久しぶりに遠方の百名山に登ることでうちに篭りがちだった気分がだいぶん外向きになったような気がします。コロナの状況を見ながら体力を落とすことなく山歩きを続けて、来年は宿題になっている中央アルプス南部からの縦走が実現できると良いなと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:252人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/12
投稿数: 27
2020/9/16 20:35
 良い仲間と
今年もお仲間との山行記録が見れて良かったです。
今年2月の初め、私もイエローフォールを見に行き、この辺りを少し歩きました。
磐梯山まで行きたかったなぁと、写真を見ながら思いました。
コロナ早く落ち着いて欲しいですね。
登録日: 2009/8/16
投稿数: 128
2020/9/17 20:30
 Re: 良い仲間と
korisu06さん、こんにちは。コメントありがとございます。
爆裂火口跡は冬にはイエローフォールになるのですね。
今度行ってみたいです。
私は磐梯山3回目ですが、仲間と来れてよかったです。とはいえ本心はもっと高い高い山に行きたいですが。。

コロナでkorusi06さんも大変かと思いますがどうぞご自愛くださいませ。
(yoshiyan & yoshiyan妻)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ