また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2562451 全員に公開 ハイキング 飯豊山

梶川尾根〜門内岳〜丸森尾根

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雨 稜線上はガスそして強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
天狗平駐車場
手前の駐車場はがら空き
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間41分
休憩
1時間9分
合計
6時間50分
Sスタート地点06:3507:35湯沢峰09:02梶川峰10:05門内小屋11:1211:26扇ノ地神11:2711:43地神山11:4411:55地神北峰12:16丸森峰13:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
風と雨で門内岳からの帰路は一直線でした。ストックを持てばもっと早く下れるとは知りながら...
コース状況/
危険箇所等
細かい砂の傾斜地はロープ等ないことから,ストックが無いと滑り踏ん張りが効かない。下りも同様です。ストックがあると支点を確保できます。ただ,登山路にややダメージを与えます。
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

写真

駐車場脇に立派な登山届所
しっかり届けて,道中の安全を期す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場脇に立派な登山届所
しっかり届けて,道中の安全を期す
車止め,梶川尾根登山口は過ぎてすぐ右側
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車止め,梶川尾根登山口は過ぎてすぐ右側
登山口からいきなりの半端ない急登の後に早速の鎖場
まだ余裕
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からいきなりの半端ない急登の後に早速の鎖場
まだ余裕
2
玉川の上流が見え出す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉川の上流が見え出す
急登を写したものの今一つ伝わりません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を写したものの今一つ伝わりません
倒木に白いキノコ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木に白いキノコ
松からぶな林になり傾斜も緩く気持ちが休まります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松からぶな林になり傾斜も緩く気持ちが休まります
ぶな林が気持ちよい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶな林が気持ちよい
1
辛い登りで励ましてくれる花
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辛い登りで励ましてくれる花
湯沢峰着,向かう稜線側はガス
ここではまだ風には当たりません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯沢峰着,向かう稜線側はガス
ここではまだ風には当たりません
引き続きぶな林
立派なぶなと雪で曲がって踊るぶな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き続きぶな林
立派なぶなと雪で曲がって踊るぶな
梯子の周りまで崩れてきたようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子の周りまで崩れてきたようです
滝見場,滝の音だけします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見場,滝の音だけします
岩がだんだん出てきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がだんだん出てきました
オヤマノリンドウが登場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマノリンドウが登場
ロープ
この辺からザレ地となり踏ん張りずらい道に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ
この辺からザレ地となり踏ん張りずらい道に
可愛いコゴメグサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛いコゴメグサ
梶川峰
右手の方にカエルが鎮座しておりびっくり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梶川峰
右手の方にカエルが鎮座しておりびっくり。
1
道先案内カエル
もう一匹が登山道を飛び跳ねていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道先案内カエル
もう一匹が登山道を飛び跳ねていました。
ミヤマオダマキが残りわずかに咲いていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマオダマキが残りわずかに咲いていました
主稜線に向けて
ガスってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線に向けて
ガスってます
あちらこちらで秋の気配が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらこちらで秋の気配が
チングルマがまだわずかに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマがまだわずかに
扇ノ地紙の下側(東側)の標識
門内岳へ向かう際,東側の道で胎内山をトラバースしたのですが,東からの風が強烈なのと西側の道が良いため最初から西側を行けば風もしのげたと後悔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇ノ地紙の下側(東側)の標識
門内岳へ向かう際,東側の道で胎内山をトラバースしたのですが,東からの風が強烈なのと西側の道が良いため最初から西側を行けば風もしのげたと後悔。
ミヤマトリカブト
門内岳小屋に向け主稜線はまだ秋の花があるものの,東からの風が強く写真を撮るゆとりが....
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマトリカブト
門内岳小屋に向け主稜線はまだ秋の花があるものの,東からの風が強く写真を撮るゆとりが....
強風の中だウメバチソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風の中だウメバチソウ
当初は北股岳ピストンのつもりが,門内岳付近での風が強烈で小屋にて1時間程度待機したものの回復見込みなく,門内岳にも行かず胎内山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当初は北股岳ピストンのつもりが,門内岳付近での風が強烈で小屋にて1時間程度待機したものの回復見込みなく,門内岳にも行かず胎内山
今度は上の扇ノ地紙分岐
風は門内岳付近より弱いことから地神山経由の丸森尾根を下山することに変更
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は上の扇ノ地紙分岐
風は門内岳付近より弱いことから地神山経由の丸森尾根を下山することに変更
オダマキの花の元が白くなっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オダマキの花の元が白くなっている
新潟県側はちょっと視界が開けてきた?
草紅葉になりつつ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟県側はちょっと視界が開けてきた?
草紅葉になりつつ
地神北峰
後は下るのみ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地神北峰
後は下るのみ
丸森峰
地神北峰からここまでは大きめの岩がゴロゴロしており非常に歩き難い。ここでもストックがあると歩き易いなーと思いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸森峰
地神北峰からここまでは大きめの岩がゴロゴロしており非常に歩き難い。ここでもストックがあると歩き易いなーと思いました。
右側に滝
この日は梶川尾根も丸森尾根も細かい虫がまとわりついていました。噛まれはしませんでしたが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側に滝
この日は梶川尾根も丸森尾根も細かい虫がまとわりついていました。噛まれはしませんでしたが。
ひたすら下り
写真では平に見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら下り
写真では平に見えます
玉川下流の集落が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉川下流の集落が見えます
丸森尾根登山口に無事下りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸森尾根登山口に無事下りてきました。
1

感想/記録

主稜線にて風が強いのは予想していたもののガスもまったく晴れず,門内〜北股間の初トレースは三回連続断念。しかしながら稜線上に小屋があると無いとでは天地の違いと痛感しました。おがげ様で休憩と着替えができ丸森尾根から下るゆとりもでました。丸森の下りも急な坂がひた続き,飯豊の道はどこからも厳しいとまたまた感じ,それがひとつの魅力とかみしめながら楽しんでいます。登山道や小屋の管理されている方々には感謝いたします。
あらためてまた計画し,本山から朳差縦走やまだ歩いていないルートをチョイスしながら楽しんでいきたいところです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:282人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ