また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2596061 全員に公開 沢登り 白山

奥美濃 石徹白川 イワナ谷遡行・推高谷右俣下降

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月20日(日) [日帰り]
メンバー
 mishiha(CL)
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間2分
休憩
0分
合計
8時間2分
Sスタート地点06:5014:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
倉谷川出合(駐車地点)7:08〜イワナ谷出合7:21〜イワナ谷1010m二俣8:28〜1341と1321の間のコル9:54-10:11〜推高谷1040m二俣12:12〜推高谷出合14:24-37〜倉谷川出合(駐車地点)14:52

装備

個人装備 タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 時計 ナイフ カメラ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ スリング ロープスリング キャメロット 渓流シューズ
共同装備 ロープ

写真

イワナ谷出合
2020年09月20日 07:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワナ谷出合
最初の堰堤は左から越える
2020年09月20日 07:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の堰堤は左から越える
2つめの堰堤は2段で、右から越える
2020年09月20日 07:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つめの堰堤は2段で、右から越える
藪が濃い!
2020年09月20日 07:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪が濃い!
5m滝は左から巻く
2020年09月20日 07:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5m滝は左から巻く
3つめの堰堤は左から越える
2020年09月20日 07:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3つめの堰堤は左から越える
石積みの堰堤。左から越える。
2020年09月20日 07:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石積みの堰堤。左から越える。
ゴーロとなる。
2020年09月20日 08:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーロとなる。
まだ堰堤があった。石積みを含めて5つも堰堤があった。
2020年09月20日 08:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ堰堤があった。石積みを含めて5つも堰堤があった。
二俣は左へ。
2020年09月20日 08:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣は左へ。
ピナクルが現れる
2020年09月20日 08:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピナクルが現れる
上流側から見たピナクルはゴリラの顔のようだ。
2020年09月20日 08:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流側から見たピナクルはゴリラの顔のようだ。
小滝の連瀑となる。
2020年09月20日 08:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝の連瀑となる。
5m滝は左を直登。
2020年09月20日 09:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5m滝は左を直登。
1260mから沢を離れ、1340と1321の間のコルへ。藪漕ぎは楽。
2020年09月20日 09:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1260mから沢を離れ、1340と1321の間のコルへ。藪漕ぎは楽。
反対側の推高谷右俣へ下降する。
2020年09月20日 10:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側の推高谷右俣へ下降する。
推高谷右俣に出る。
2020年09月20日 10:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
推高谷右俣に出る。
ナメが続く
2020年09月20日 11:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメが続く
二俣に出る。左俣は8月末に遡行した。
2020年09月20日 12:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣に出る。左俣は8月末に遡行した。
沢が開ける
2020年09月20日 12:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が開ける
いい自然林だ!
2020年09月20日 12:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい自然林だ!
多条2段5m滝を巻き下りる。
2020年09月20日 13:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多条2段5m滝を巻き下りる。
4m滝の落口
2020年09月20日 13:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4m滝の落口
左岸から巻く。
2020年09月20日 13:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸から巻く。
10m滝の落口
2020年09月20日 13:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m滝の落口
左岸から巻く
2020年09月20日 13:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸から巻く
蔓のブランコで遊ぶHくん。
2020年09月20日 14:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蔓のブランコで遊ぶHくん。
1
堰堤を右岸から越える。
2020年09月20日 14:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を右岸から越える。
石徹白川に出て下降終了
2020年09月20日 14:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石徹白川に出て下降終了
林道を歩いて駐車地点に戻る
2020年09月20日 14:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を歩いて駐車地点に戻る

感想/記録

シルバーウィーク2日目は、イワナ谷とよばれる谷の遡行へ。イワナ谷という名前にもかかわらず、イワナがいないという情報を確かめるのが目的。確かにイワナはいなかった。イワナ谷はイワナにはちょっと流れが急で、沢も狭いのだが、元々イワナがいなかったのか気になるところだ。下流部に石積みの堰堤を含めて5つの堰堤があるのも問題な気がする。このイワナ谷は薙刀山の東面にあるのだが、登山道はないので、イワナ谷を1260mまで遡行したら、南にある1321と1340の間のコルを乗っ越して、推高谷の右俣を下降した。推高谷は8月末に左俣を遡行しているので、下流部の滝の巻きは問題なかった。

ブログにも記録をアップしてます。
http://mamezou.cocolog-nifty.com/mamezoudiary/2020/09/post-b252c6.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:83人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ