また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2640942 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 妙高・戸隠・雨飾

ハピネスチャージ乙妻山! 5度目の結縁

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸隠キャンプ場 登山者用駐車場に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間25分
休憩
2時間0分
合計
11時間25分
S戸隠キャンプ場バス停04:2006:55五地蔵山08:30高妻山09:30乙妻山11:3015:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ぬかるんでいて快適に歩けません。
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

前日の天気予報では朝は晴れとなっていたので、今日は絶好の登山日和になると信じて私の心の山、乙妻山に向かうことにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日の天気予報では朝は晴れとなっていたので、今日は絶好の登山日和になると信じて私の心の山、乙妻山に向かうことにしました。
途中見えた飯縄山方面。今年春に登りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中見えた飯縄山方面。今年春に登りました。
2
弥勒尾根新道、五地蔵山に向かう途中の紅葉。色付き始めです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥勒尾根新道、五地蔵山に向かう途中の紅葉。色付き始めです。
2
今回の山行は、時間は充分に取ってありますので疲れたら休みの繰り返しで決して無理をしないことにしました。やや遅いペースで、六弥勒まであと20mの地点です。
六弥勒では休みません。その後の下りで楽になり、体力の回復になるからです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の山行は、時間は充分に取ってありますので疲れたら休みの繰り返しで決して無理をしないことにしました。やや遅いペースで、六弥勒まであと20mの地点です。
六弥勒では休みません。その後の下りで楽になり、体力の回復になるからです。
七薬師付近の状況。真っ赤な落葉が登山道に落ちています。この近くで、防寒着を沿道にデポ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七薬師付近の状況。真っ赤な落葉が登山道に落ちています。この近くで、防寒着を沿道にデポ。
この辺りは紅葉真っ盛りですが、降雪も早く訪れます。2週間後は冬枯れの景色になっているでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは紅葉真っ盛りですが、降雪も早く訪れます。2週間後は冬枯れの景色になっているでしょう。
3
次第に天候は崩れ、九勢至では霧の中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次第に天候は崩れ、九勢至では霧の中。
この後、本日早くも高妻山に登頂したという登山者と会合しました。朝3時に出発したとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後、本日早くも高妻山に登頂したという登山者と会合しました。朝3時に出発したとのこと。
九勢至からの急登が始まりましたが、ここまで体力を温存していたので、スムースに登ることができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九勢至からの急登が始まりましたが、ここまで体力を温存していたので、スムースに登ることができました。
十阿弥陀。遠景の眺望はできません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十阿弥陀。遠景の眺望はできません。
高妻山山頂。今日2人目の登頂者は私。時間、装備、食料、気力は充分にありますので、休憩など取らず乙妻山へレッツゴーゴ〜〜〜〜ッ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高妻山山頂。今日2人目の登頂者は私。時間、装備、食料、気力は充分にありますので、休憩など取らず乙妻山へレッツゴーゴ〜〜〜〜ッ!
3
乙妻山方面に向かうキレットを望む地点ですが、ガスのため切り立った崖が見えないので、恐怖感半減といったところ。しかし安全には充分注意します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乙妻山方面に向かうキレットを望む地点ですが、ガスのため切り立った崖が見えないので、恐怖感半減といったところ。しかし安全には充分注意します。
いつも通る箇所だが、岩の白いコケの量が増えた感じがする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも通る箇所だが、岩の白いコケの量が増えた感じがする。
高妻山から乙妻山への登山道は草刈が行われ、良く整備されていました。おもてなしに感謝します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高妻山から乙妻山への登山道は草刈が行われ、良く整備されていました。おもてなしに感謝します。
1
十二大日のある池塘に到着しました。焼山が良く見える地点ですが、眺望無し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二大日のある池塘に到着しました。焼山が良く見える地点ですが、眺望無し。
1
5度目の登頂に成功!いつもこの山に登ると翌週からの仕事がうまくいくのです。戸隠霊場の最深部にある不思議なパワースポットの力を感じます。
ここで遂に、今年4月から考えていたプリキュア由来のガッツポーズを初披露!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5度目の登頂に成功!いつもこの山に登ると翌週からの仕事がうまくいくのです。戸隠霊場の最深部にある不思議なパワースポットの力を感じます。
ここで遂に、今年4月から考えていたプリキュア由来のガッツポーズを初披露!!
6
いつ来てもひっそりとした山頂ですが、私の登頂後すぐに次の登山者が増え、最大7人の登山客の憩いの場になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ来てもひっそりとした山頂ですが、私の登頂後すぐに次の登山者が増え、最大7人の登山客の憩いの場になりました。
2
乙妻山に来たからには、全方向の眺望を期待したのですが、悪天候で諦めかけていました。すると10時頃、北アルプス〜中央アルプスの雲が消散したではありませんか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乙妻山に来たからには、全方向の眺望を期待したのですが、悪天候で諦めかけていました。すると10時頃、北アルプス〜中央アルプスの雲が消散したではありませんか。
1
雲海に顔を出した鹿島槍方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に顔を出した鹿島槍方面。
4
槍ヶ岳。一瞬しか見えませんでしたが、これで満足できました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳。一瞬しか見えませんでしたが、これで満足できました。
6
その後晴れ間が覗くことは無く、2時間滞在し11:30に下山しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後晴れ間が覗くことは無く、2時間滞在し11:30に下山しました。
リンドウはまだ開花していません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウはまだ開花していません。
八観音付近は、紅葉が終わっていました。ナナカマドの実が枝に残っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八観音付近は、紅葉が終わっていました。ナナカマドの実が枝に残っています。
六弥勒の登山道分岐点。いつも登山者が休憩する姿が見られますが今日は無人。例年この時期と比べ高妻山の登山者の数は約1/20でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六弥勒の登山道分岐点。いつも登山者が休憩する姿が見られますが今日は無人。例年この時期と比べ高妻山の登山者の数は約1/20でした。
戸隠牧場では今年から茶色の乳牛が1頭混じっているのを知り、春から気になっていました。今日の登山の帰りに見かけることができたのはラッキーでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸隠牧場では今年から茶色の乳牛が1頭混じっているのを知り、春から気になっていました。今日の登山の帰りに見かけることができたのはラッキーでした。
2
ガンジー種のようです。瞳が茶色なのかと思いましたが、近くで見ると瞳は黒で、睫毛が茶色だということがわかりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンジー種のようです。瞳が茶色なのかと思いましたが、近くで見ると瞳は黒で、睫毛が茶色だということがわかりました。
2
私に興味を示したらしく、牛くんの方から寄って来ました。
かわいい目だなぁ〜〜〜〜!!毛も清潔。
おいで〜〜〜〜〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私に興味を示したらしく、牛くんの方から寄って来ました。
かわいい目だなぁ〜〜〜〜!!毛も清潔。
おいで〜〜〜〜〜
2
顔や鼻、口を触らせてくれました。おとなしくしてくれてありがとう!もしかしてファンサービスの意識があるの?
この後、急いで逃げてしまいましたが、すんごくかわいかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔や鼻、口を触らせてくれました。おとなしくしてくれてありがとう!もしかしてファンサービスの意識があるの?
この後、急いで逃げてしまいましたが、すんごくかわいかったです。
2

感想/記録

コロナ自粛等で、今年の山行は6月に行った飯縄山だけでした。
春は外出できない日が続いたので、私は5月からCGイラスト作成という趣味を始めました。これにハマったところ土日の連休は常に48時間自宅にいるなど、完全に運動不足状態に陥ってしまいました。
毎年乙妻山に登山していますが、今年も登らなければならないと思いましたが筋力・心肺能力低下が心配でした。ここは天気の良い日にチャレンジし、足に痛みが出たり、体力が無くなったら撤退してもいいという覚悟で今日は山行に臨みました。ところが私の体は約12時間、ハードな運動に耐えてひざや筋肉の痛みも発生しませんでした。
近隣の山の降雪時期まであと一月足らずですが、天気の良い日を見つけてトレーニングに励みたいと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:528人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/6/13
投稿数: 21
2020/10/19 0:19
ありがとうございます
ototuma200さん.初めまして。
カエンタケ…何も知らずに至近距離で撮影したので、今更ながら震えてしまいます。これから見かけたら息を止めて通過します。教えて頂きありがとうございました。

乙妻山…日の長い季節に再チャレンジしたい、と思います。ototuma200さんの健脚、本当に羨ましいです。
私に暗闇をヘッドランプ付けて歩く勇気が有ればなぁ、と思いますが、乙妻山登頂を目指して克服したいと思います。
アドバイス、ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ