また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2661677 全員に公開 ハイキング 志賀・草津・四阿山・浅間

横手山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月18日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中野ICから、至る所に駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
1時間16分
合計
5時間59分
Sスタート地点07:4408:46横手山方面分岐08:4810:36横手山頂ヒュッテ11:3711:39渋峠リフト山頂駅11:42横手山11:4511:48渋峠リフト山頂駅11:53横手山頂ヒュッテ12:31のぞきバス停12:4113:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
泥とぬかるみ
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

朝の木戸池
2020年10月18日 07:18撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の木戸池
立派な霜柱
2020年10月18日 07:54撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な霜柱
どこを歩くのかという泥んこの道。トレランの人が滑りまくった痕。それでも、この辺りまだマシでした。
2020年10月18日 08:51撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこを歩くのかという泥んこの道。トレランの人が滑りまくった痕。それでも、この辺りまだマシでした。
見上げると面白い形の木
2020年10月18日 09:09撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると面白い形の木
木の間から岩菅山
2020年10月18日 09:32撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間から岩菅山
ゲレンデに出ました。
2020年10月18日 09:58撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデに出ました。
林道から雲海
2020年10月18日 10:08撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から雲海
こんなところに普通のパン屋さん
2020年10月18日 10:49撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところに普通のパン屋さん
渋峠方面
2020年10月18日 10:51撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋峠方面
リフト方面
2020年10月18日 11:01撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト方面
外は雪景色
2020年10月18日 11:21撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外は雪景色
1
山頂の広場、雪だるまが作ってありました
2020年10月18日 11:29撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の広場、雪だるまが作ってありました
神社へ、道は雪解けでビショビショでしたが、泥靴がかえってキレイに
2020年10月18日 11:31撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社へ、道は雪解けでビショビショでしたが、泥靴がかえってキレイに
1
三角点と祠、最高地点2,307m
2020年10月18日 11:34撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点と祠、最高地点2,307m
1
少し遅め?
2020年10月18日 12:10撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し遅め?
傘岳がかっこいい
2020年10月18日 12:19撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傘岳がかっこいい
2
ゲレンデから
2020年10月18日 12:36撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデから
1
この車道からゲレンデに入りました
2020年10月18日 13:27撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この車道からゲレンデに入りました
平床白樺
2020年10月18日 14:07撮影 by ILCE-7M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平床白樺

感想/記録

 山頂でパンを食べたいという希望をかなえようと以前から考えていた横手山に行くことにした。
 志賀高原はエリアが広く、岩菅山、赤石山に行ったことがあるが、横手山ははじめて、ふもとからそそり立つ全容が見えると、にわかハイカーの我々には難敵に思えていた。

 そこで、今回はのぞきということろまで車で行って、ちょっと登ってパンを食べ、その後ふもとで紅葉狩りというコースを考えていた。一応リフト、スカイレーターは使わないようにして…

 ところが、思わぬ事態が2つ。高速を降りて、中野市街を過ぎると、「渋峠行きで通行止め、菅平へ迂回」といきなり。実は朝刊には載っていたが、この日は新聞を読んでなかった。
 それから、池の紅葉を撮りながら硯川に向かうと、おびただしい車と、ゼッケンをつけた人々。なんとこの日は、志賀高原を舞台にしたトレイルランの大会だったらしい。
 気温が零下になっていたので、なんとか車を道端に停めて道を確認したら、ツルツル。これではのぞきまで上がれるか不安になった。ただ、県外車がすこしづつノーマルタイヤで登っては行ったが…どうみてもブラックアイスバーン。

 第2案の歩いて横手山に登るというのを選ぶことにした。
 トレイルランを横目にゲレンデを少し歩いて、草津峠コースに入る。ゲレンデは沼地のようにぐちゃぐちゃしている部分があった。一方、街道は削れて大分荒れているが、登山道と思えば普通くらい。部分的にはコンクリートで舗装されている部分もあったので、そういうところで立ち休みしながら登って行く。鉢山分岐の手前に、一ヶ所右に分岐があったが、一応止めてあるので標識に従う。実は、この街道もトレイルランのコースになっていたようで、鉢山分岐に到達すると、案内の人が立っていた。

 そこからは県境界の尾根道らしい。トレイルランの人たちとのすれ違いがあるが、彼らはほぼ道の真ん中を駆け降りて行く。道の真ん中はほとんどぬかるみだった。我々は隅っこをぬかるみとトレイルランの人を避けるように登った。

 数えきれないすれ違いがあったが、少しづつ進んで行った。ぬかるんだ急登ではちょっと苦戦する場面もあった。迷うことはないが、どろんこはとにかく大変だった。2つほどのピークを越えアップダウンがあるが、山頂まではなかなか近づけない感じではあった。

 トレイルランの人たちがまばらになり、岩の歩きやすい道になった。そして、ゲレンデに出た。視界が一気に開けて、雲海や傘岳、北信の山々、遠く北アルプスが遠望できた。このゲレンデをスカイレーターとリフトの駅を見下ろすところまで進み、林道に入った。

 林道は雪に覆われていた。10cmほどの積雪があったと思われる。後から初めて追い抜いて行く登山者がいた。あのぬかるみを帰るのは大変ですよねと話を交わした。コースタイムの40分は長く感じたが、登山の格好でない人たちと、山頂の建物が急に現れた。建物にはパン屋さんと書いてあった。

 入店カードを記載して中に入ると、混んでいたので、とりあえずパンを買うことにした。持ち帰り用と併せて8個も買ってしまった。外で食べようと、一旦リフト駅の2階の展望台に行った。素晴らしい眺望で、笹原に紅葉が点在する渋峠らしい景色と、雪をかぶった白根山と浅間山が見えた。
 雪をかぶったベンチで食べようかと思ったが、風が思いの外冷たくて店内に戻ることにした。運良く窓際の席が空き、店内もすいていたので買ったパンの他にキノコスープも注文してしまった。

 帰り道を泥と格闘するか悩んだが、パンがつぶれてしまうと思われたので、ガイドブック(長野県 北信・東信 日帰りの山 伊部高夫著)にあった車道をショートカットするようにゲレンデを下ることにした。まず、→のぞきという案内から細い登山道に入り、リフトをくぐりながらつづら折れに下った。視界が開けると、横手山ドライブインの直上に出た。

 ドライブインから、道をスカイレーター側に渡り、最初のカーブからゲレンデに入って下り始めた。ぬかるみもなく、とても歩きやすかった。しかも、トレイルランの人たちが踏み固めてあった。苔の緑、白樺やナナカマドの紅葉、そして山頂の雪と一応三段紅葉であった。泥んこ道を下らずに正解だった。昨晩念のため見たガイドブックに感謝。歩き良すぎて、休憩を忘れていたので、大分下ってから持参したナシと暖かいコーヒー、買ったパンをゲレンデにじかに座って食べた。

 そうしているうちにまたトレイルランの人たちが駆け登ってきた。彼らは、あのぬかるみをまだ知らないのだ。それとも毎年そうなのかな?足がどうにかなりそうで尊敬する。

 結局ゲレンデをひたすら下って駐車地に戻ることができた。

 午後の陽に、平床の白樺林、蓮池の紅葉が素晴らしく、それを見ながら帰途についたのでした。トレイルランのロングコースの人たちはまだ走っておられた。横手山から焼額までまわってきたらしい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:403人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ