また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2663680 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

紅葉は終わってた…中俣・栂海新道〜朝日岳ピストン

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月21日(水) [日帰り]
メンバー
天候文句なしの快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道ゲート前のスペースに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.3~0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間58分
休憩
40分
合計
10時間38分
Sスタート地点04:0805:10中俣小屋05:1306:06中俣山07:32黒岩山07:3507:47黒岩平08:37アヤメ平09:11照葉ノ池09:1209:21吹上のコル09:2309:44朝日岳10:1010:24吹上のコル10:35照葉ノ池10:3610:59アヤメ平11:46黒岩平11:58黒岩山12:0013:12中俣山13:1313:51中俣小屋13:5214:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中俣新道はささ藪&ぬかるみ。
一部ルート不明瞭箇所あり
その他周辺情報道の駅おたりで温泉&ご飯

写真

吹上のコル
2020年10月21日 09:22撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹上のコル
藪い道、足元にはしっかり踏み跡あり
2020年10月21日 12:18撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪い道、足元にはしっかり踏み跡あり
両足沼に落ちて足首まで浸かる
2020年10月21日 12:53撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両足沼に落ちて足首まで浸かる
撮影機材:

感想/記録

白馬から雪倉岳の稜線が好きだ。蓮華温泉起点で周回しようと思ったら、10/19でヒエ平のゲートが閉まり蓮華温泉まで行けなくなってしまった…残念。小滝からのピストンに転向して計画。
0時起床して10分ほどで家を出た。自宅から4時間ほどで小滝のゲート前に到着。まずはしばらく林道歩き。舗装路と未舗装路の繰り返しを頑張ってジョグ。林道後半は落石や薮で荒れた道となり慎重に。中俣新道の取付きがわかりづらく、壁のような取り付きでいきなり藪い急斜面。足元泥んこでツルツル滑り苦戦。登山道はしっかりあるが笹に覆われていてかき分けて進む感じ。中俣山過ぎたあたりで少し開け、真っ赤な朝焼け。黒岩山まで出れば大展望。黒岩平で給水、中間地点に水場があり水を担がなくてすむ。稜線上の紅葉は終わっていたがそれでも見事な景色。夏の縦走では暗闇&雨で展望なしだったのでそのリベンジになった。稜線上の水たまりは凍り、木道は霜でツルツル、雪はほぼ溶けていた。朝日岳山頂のベンチでカップラーメン、手早く撤収して下山開始。中俣新道のくだりはどろんこでツルツル、沼地にハマって両足水没。林道でて一安心。林道ジョグっているとイノシシが逃げていった…熊じゃなくてよかった。林道は修復工事の真っ最中、作業中の所を通らせてもらい、もうひとジョグしてピストン完了。ちょうど良い距離のところに道の駅おたりがあったので、温泉&ご飯。お土産にりんごを購入して帰った。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:249人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ