また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2684695 全員に公開 ハイキング 丹沢

塔ノ岳縦走 

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月29日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
小田急線秦野駅下車、ヤビツ峠行きバスでヤビツ峠へ。平日は8時25分の便しかなかった。帰りは大蔵バス停から小田急渋沢駅へ。帰りはロマンスカーを使った。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間3分
休憩
1時間22分
合計
6時間25分
Sヤビツ峠09:1409:31富士見橋10:19二ノ塔10:2210:36三ノ塔10:4310:52三ノ塔地蔵菩薩11:11烏尾山荘11:1311:15烏尾山11:32行者ヶ岳11:3311:42行者の鎖場11:4311:50政次郎ノ頭11:59書策新道分岐12:10新大日茶屋12:1212:23木ノ又小屋12:26木ノ又大日12:2712:51塔ノ岳13:3913:40尊仏山荘13:4313:44塔ノ岳13:5414:03金冷シ14:09花立14:15花立山荘14:29天神尾根分岐14:3014:41堀山の家14:4314:48堀山14:4914:54駒止茶屋15:01一本松15:08見晴茶屋15:11雑事場ノ平15:19観音茶屋15:32丹沢クリステル15:36どんぐり山荘15:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所はほとんどない。表示がしっかりあるので迷うこともほとんどなし。
その他周辺情報登山後の温泉は分からなかった。
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 コッヘル バーナー フライパン。
備考 水が足りなくなったので、1.3Lくらい。もっと持っていけば良かった。

写真

ヤビツ峠到着
2020年10月29日 09:26撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠到着
舗装道をずっと歩いて行くと寺山公衆トイレを左に
2020年10月29日 09:44撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道をずっと歩いて行くと寺山公衆トイレを左に
先に若い男子が、速い。。。
2020年10月29日 09:44撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に若い男子が、速い。。。
はい、登山道着きました。ここから登ります。
2020年10月29日 09:46撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、登山道着きました。ここから登ります。
前半はけっこう急登を登るからペースに気をつけないとバテる。わたしはバテた(汗)
2020年10月29日 09:47撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前半はけっこう急登を登るからペースに気をつけないとバテる。わたしはバテた(汗)
1
ヘリコプターがけっこう飛んでいた
2020年10月29日 09:52撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリコプターがけっこう飛んでいた
ここでも紅葉は始まっている、もしくは終わりかけ?
2020年10月29日 09:57撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも紅葉は始まっている、もしくは終わりかけ?
木道や階段がしっかり整備してあるし、ベンチが適宜あるので休憩しやすい
2020年10月29日 10:00撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道や階段がしっかり整備してあるし、ベンチが適宜あるので休憩しやすい
1
今日も最高の富士日和
2020年10月29日 10:30撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も最高の富士日和
さらにアップ
2020年10月29日 10:33撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにアップ
木道があってステキ。植物保護からなのか、歩きやすくするためなのか、木道がしっかり整備してある。
2020年10月29日 10:46撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道があってステキ。植物保護からなのか、歩きやすくするためなのか、木道がしっかり整備してある。
三の塔にある方位盤
2020年10月29日 10:49撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の塔にある方位盤
富士山や金時山や。山並みが美しい。三の塔から見える景色は美しかった。塔ノ岳に行くにはここからけっこう下って、また400Mくらい登る。これが意外とつらかった。
2020年10月29日 10:49撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山や金時山や。山並みが美しい。三の塔から見える景色は美しかった。塔ノ岳に行くにはここからけっこう下って、また400Mくらい登る。これが意外とつらかった。
三の塔より、この時はまだ富士山しっかり見えていた。頂上では雲に隠れてしまったから、見える時にしっかりカメラに収めよう。
2020年10月29日 10:51撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の塔より、この時はまだ富士山しっかり見えていた。頂上では雲に隠れてしまったから、見える時にしっかりカメラに収めよう。
だからまた撮る(笑)
2020年10月29日 10:59撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だからまた撮る(笑)
富士山と丹沢山塊
2020年10月29日 10:59撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と丹沢山塊
鳥尾山荘が小さく見える。まさか、三の塔からあの山荘より下って、また登るなんて。この下りに泣きが入った。
2020年10月29日 11:02撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥尾山荘が小さく見える。まさか、三の塔からあの山荘より下って、また登るなんて。この下りに泣きが入った。
この稜線が良かった
2020年10月29日 11:02撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この稜線が良かった
鳥尾山荘。フクロウの石像があるよ。
2020年10月29日 11:24撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥尾山荘。フクロウの石像があるよ。
遥か遠くに三の塔が見える。
2020年10月29日 11:27撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遥か遠くに三の塔が見える。
万里の長城ではなく塔ノ岳に続く階段。なんか、修行しているみたいでいいよね。
2020年10月29日 11:51撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万里の長城ではなく塔ノ岳に続く階段。なんか、修行しているみたいでいいよね。
1か所鎖を使わないと厳しい場所あるけど。鎖をしっかりつかんでいれば危なくない。
2020年10月29日 11:54撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1か所鎖を使わないと厳しい場所あるけど。鎖をしっかりつかんでいれば危なくない。
写真では分からないけど、木道なければ危ない道
2020年10月29日 11:58撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では分からないけど、木道なければ危ない道
遠くに三の塔。そこから来た道が見える。
2020年10月29日 12:21撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに三の塔。そこから来た道が見える。
残り150m。新日大
2020年10月29日 12:23撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残り150m。新日大
木ノ又小屋
2020年10月29日 12:35撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木ノ又小屋
頂上見えてきた
2020年10月29日 12:52撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上見えてきた
おじいちゃんに撮ってもらった。こだわりのあるおじいちゃんで、撮ってあげたら、ダメ出しされ撮り直しとなった(笑)
2020年10月29日 13:04撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おじいちゃんに撮ってもらった。こだわりのあるおじいちゃんで、撮ってあげたら、ダメ出しされ撮り直しとなった(笑)
4
お昼は焼肉丼。温玉のつもりがほぼ生だった。
2020年10月29日 13:30撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼は焼肉丼。温玉のつもりがほぼ生だった。
1
頂上は広いからゆっくりごはんが食べれる。富士山は雲に隠れ、だんだんと見えなくなった。
2020年10月29日 13:46撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上は広いからゆっくりごはんが食べれる。富士山は雲に隠れ、だんだんと見えなくなった。
丹沢山塊。
2020年10月29日 14:00撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山塊。
1
紅葉を遠くに。
2020年10月29日 14:20撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉を遠くに。
天空の木道。
2020年10月29日 14:21撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天空の木道。
花立小屋
2020年10月29日 14:27撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立小屋
花立小屋にはベンチもある。
2020年10月29日 14:28撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立小屋にはベンチもある。
下りは得意だから走る。トレラン並みに走れて自信がついた。下りについてはね、、、あとは上りだ、あはは。
2020年10月29日 14:44撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは得意だから走る。トレラン並みに走れて自信がついた。下りについてはね、、、あとは上りだ、あはは。
堀山の家。
2020年10月29日 14:55撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堀山の家。
好みの登山道。
2020年10月29日 14:56撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
好みの登山道。
見晴茶屋。
2020年10月29日 15:20撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴茶屋。
いい感じ。あと少し。
2020年10月29日 15:22撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じ。あと少し。
1
逆の登山道入り口。あとは大蔵バス停まで500mくらい歩くだけ。喉が渇きすぎて、すぐにポカリ補給。
2020年10月29日 15:44撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆の登山道入り口。あとは大蔵バス停まで500mくらい歩くだけ。喉が渇きすぎて、すぐにポカリ補給。

感想/記録
by PINE13

ヤビツ峠から二ノ塔までに飛ばし過ぎてバテた。自分のペースで淡々と行くのが、疲れにくく、結局速いかもしれないと反省した。
三ノ塔からの景色は最高だった。ここで、ごはんを食べて下ってもいいくらい気持ちが良かった。ここから頂上までが、意外とキツイ。縦走の面白さが詰まっているような気がする。けど、もう少しアップダウンが少なかったらいいのにな〜無理だけど。
基本的には、天気が良ければ、ずっと展望が開けているので、歩いていて楽しい山である。
小学生の子どもを連れて行っている家族もいた。登山に慣れている子どもならいいけど、初めてなら、ちょいとシンドイかも。
下りは、噂のバカ尾根を一気に下った。こちら、ほぼ展望が開けない感じで、上りたくはない印象。でも下るには、楽しい道だった。
10月後半天気良かったので、汗だくになった。頂上は寒いから、寒暖に気を付けた服装が必要になってくる。僕は、一応フリースと袖なしのダウンを持っていった。頂上でご飯を食べる時にはとても助かった。もちろん、歩いている時は下着と長そでシャツのみである。
平日のためか、途中の山小屋はほとんど休みだったような気がした(開いていたのならごめんなさい、わからなかった)
人気のコースなので、皆さまご存じと思うけど、けっこう登り応えがある縦走であったのは間違いない。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:184人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 紅葉 木道 フリース 縦走 山並み
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ