また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2696219 全員に公開 ハイキング 東北

紅葉を見に行くつもりが、雪山歩きに

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月31日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【枝折峠】
雲海が流れるところを写真にとれるので有名なところらしく、日の出2時間前には駐車場はほぼ満車。逆に日の出後は写真家の方々が帰宅するので駐車場が開くようです。それでも、下山時午後2時頃はほぼ満車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間6分
休憩
57分
合計
9時間3分
S枝折峠登山口04:5405:31明神峠05:3406:28道行山06:2907:07小倉山07:1307:54百草の池07:5509:04駒の小屋09:33越後駒ヶ岳10:1010:24駒の小屋10:3111:15百草の池11:51小倉山12:36道行山13:28明神峠13:3013:51枝折峠登山口13:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山届: 枝折峠登山口脇にある
危険個所: 早朝木道上の水分が氷結している。木道なので濡れてると滑る可能性があります。駒ヶ岳避難小屋周辺に雪が積もると道が見えなくなります。積雪後はじめに初めての人が登山すると、視界が効かない上に、トレースがないので迷子になる可能性があります。
その他周辺情報日帰り温泉
ゆーパーク薬師
〒946-0072 新潟県魚沼市七日市新田643-1
TEL 025-792-5554
大人入浴料 650円(一日)
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ハードシェル ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 内着ダウンジャケット オーバーパンツ スパッツ ニット帽 帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ cocoヘリ チェーンスパイク

写真

前日夕方は暖かく雨が降ってました。
天気予報では雪が降るかもしれないと言われてましたが。
2020年10月30日 16:11撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日夕方は暖かく雨が降ってました。
天気予報では雪が降るかもしれないと言われてましたが。
暗くてよく見えなかったので、適当にカメラを向けて撮った写真。カメラマンがいっぱい。
2020年10月31日 05:19撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗くてよく見えなかったので、適当にカメラを向けて撮った写真。カメラマンがいっぱい。
1
カメラマンがいなくなったところで、景色が良いので撮ってみました。
2020年10月31日 05:54撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラマンがいなくなったところで、景色が良いので撮ってみました。
2
どこの山も山頂が雲の中。天気予報では朝から晴れだったはずなのに。
2020年10月31日 06:11撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこの山も山頂が雲の中。天気予報では朝から晴れだったはずなのに。
これから行くはずの越後駒ヶ岳だろう。木道に雪が積もり、氷が張っているのでこわごわ歩きます。
2020年10月31日 06:44撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行くはずの越後駒ヶ岳だろう。木道に雪が積もり、氷が張っているのでこわごわ歩きます。
1
今年初めての雪山となりました
2020年10月31日 07:58撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年初めての雪山となりました
3
無事山頂到着。まわりは真っ白。この景色を見て下山した人たちもいました。
2020年10月31日 09:32撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事山頂到着。まわりは真っ白。この景色を見て下山した人たちもいました。
2
山頂で時間を過ごしているうちに、青空が見えることが・・・。期待感
2020年10月31日 09:42撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で時間を過ごしているうちに、青空が見えることが・・・。期待感
2
おやっ。下界が見えてきました。
2020年10月31日 09:51撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おやっ。下界が見えてきました。
3
あのかっこいい山は八海山か。
2020年10月31日 09:54撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのかっこいい山は八海山か。
3
ガスの中を次々に登ってくる人の姿。ヘロヘロになりながら私も登ってきたが、あんなにかっこよかったのか??
2020年10月31日 10:05撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中を次々に登ってくる人の姿。ヘロヘロになりながら私も登ってきたが、あんなにかっこよかったのか??
2
こうやって見ると完全に雪山。ほとんどの登山者が
2020年10月31日 10:18撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうやって見ると完全に雪山。ほとんどの登山者が
2
たまたまの雪でこんな景色を見ることも。
2020年10月31日 10:28撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまたまの雪でこんな景色を見ることも。
1
雪景色と紅葉の下界の差が素晴らしい
2020年10月31日 10:38撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪景色と紅葉の下界の差が素晴らしい
2
これからあの尾根をずーーと歩かなくては
2020年10月31日 10:56撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからあの尾根をずーーと歩かなくては
1
こんな道をあるいて登ったんですね。多くの枝が雪の重みで道を塞いでましたが、帰りに道を塞いでいる枝はありませんでした。
2020年10月31日 11:29撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道をあるいて登ったんですね。多くの枝が雪の重みで道を塞いでましたが、帰りに道を塞いでいる枝はありませんでした。
1
残念ながら山頂が見えて子ました。
2020年10月31日 11:51撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら山頂が見えて子ました。
1
紅葉がきれい。この景色を期待してきました。ついでに雪山が背景なのは思いのほか美しい。
2020年10月31日 12:05撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉がきれい。この景色を期待してきました。ついでに雪山が背景なのは思いのほか美しい。
3
低山になるとまだ紅葉が残っています。
2020年10月31日 12:06撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低山になるとまだ紅葉が残っています。
3
明神峠にある神社社屋で、登山者の方が扉を開けて参拝してました
2020年10月31日 13:33撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神峠にある神社社屋で、登山者の方が扉を開けて参拝してました
1
標高800m位の紅葉が最も美しい気がします
2020年10月31日 13:47撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高800m位の紅葉が最も美しい気がします
1
登山口にある登山届箱
2020年10月31日 13:56撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口にある登山届箱
1
駐車場横の公共トイレは水洗なのがありがたい
2020年10月31日 13:57撮影 by X-T30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場横の公共トイレは水洗なのがありがたい
1

感想/記録

【なんで越後駒ヶ岳】
 今年さいごの紅葉景色を見に山頂付近まで樹林帯が続く山と、訪れたことない山域、冬になると登れなさそうな山として、越後駒ヶ岳を選択。
 
【全体の印象】
越後で八海山より高い2000m超えの山なのて、厳しそうな八海山を下に見ることができる、日本海が見える良い山でした。ただし、枝折峠から避難小屋直下の急坂まで登ったり下ったりの距離が長いため、疲労が蓄積した下山時の長時間歩行は辛くなりました。

【枝折峠】
雲海が流れるところを写真にとれるので有名なところらしく、日の出2時間前には駐車場はほぼ満車。逆に日の出後は写真家の方々が帰宅するので駐車場が開くようです。それでも、下山時午後2時頃はほぼ満車。

【枝折峠から百草ノ池】
 水平距離約5/6は小さなピークいくつも上り下りします。早く駐車場に戻りたい上に疲労しているので異常に長い気がします。また道中遠くの山々を見ることができますが、登山道脇の低木が邪魔で景色の写真をとるのは難しい山道が続きます。

 登山道はよく整備されてます。木道が整備されているところがあり、木道が切れている低地は水がたまりぬかるみを通過するところがあります。比較的傾斜の緩い道が続きますが、所々に両手を使い上る必要のある岩が出てきます。
 
 今回の反省点は道行山に立ち寄らなかったことです。とても景色がよさそうでした。
 
【百草ノ池から駒ヶ岳避難小屋】
 登るときは最後の瞬間まで小屋の姿を見ることができません。風速計の付いた鉄塔がみえたらそこが小屋です。私の先行者2名は雪で道が見えないうえに、霧で小屋の位置がわからず下山してました。もう少し待ってくれれば私たちを含めた後続者がきたのに。
 
【駒ヶ岳避難小屋から越後駒ヶ岳】
 雪が降ったばかりで山頂が見えない初回の登山だと登山道がどこか推定するのは難しそうです。たまたま避難小屋宿泊の地元の方にトレースをつけていただいたので、トレースをたどっていくだけで山頂に立つことができました。トレースありがとうございました。
 
 山頂到着時、周囲真っ白。すぐに下山しようと思ってしまいましたが、せっかく来たので携帯食を食べて過ごしていると雲が徐々に切れてきました。期待しながら待っていると時々、麓の市街地が見えたり、となりのかっこよい八海山が見えたりとなんとか景色を見ることができました。
 
 登頂日と翌日の天気予報は晴れだったので、晴れる予感はしてました。下山時駒ヶ岳方面を見ると天気予報通りすっかり山頂が見えてました。避難小屋宿泊者と何人もすれ違いましたが、きっと素敵な越後駒ヶ岳滞在時間を過ごされたでしょう。
 
 先週、鴨沢から雲取山往復して約9時間、今回枝折峠から越後駒ヶ岳往復約9時間とほぼ同じですが、今回のほうが圧倒的に足の筋肉にきました。今回多少雪があると聞いていたので雪山の服装を持って行ったのですが防寒手袋を忘れ、雪条件が悪ければ雪山用手袋がないだけの理由で下山するところでした。これから2000m超える山は雪山用手袋を忘れないようにしよう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:374人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 ガス 避難小屋 紅葉 木道 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ