また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2717191 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

仙元山〜嵐山渓谷

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
電車
■行き
東武東上線 小川町駅下車

■帰り
東武東上線 武蔵嵐山駅乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間26分
休憩
12分
合計
4時間38分
S小川町駅09:5211:05仙元山11:0611:17青山城山11:1811:38大日山11:3911:55物見山11:5612:02庚申12:0312:07玉川温泉分岐12:36小倉城跡12:45小倉日枝神社13:11嵐山渓谷駐車場13:1313:20嵐山渓谷(休憩舎)13:2113:28嵐山渓谷遊歩道突端13:2913:35嵐山渓谷(休憩舎)13:3613:47飛び石13:4813:59休養地入り口バス停留所14:0014:06千手堂北バス亭14:29武蔵嵐山駅14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■小川町駅〜見晴らしの丘公園〜小倉城跡
歩きやすく緩やかな道が続きます
地図にない分岐が多く里山らしいコースです
特筆すべき危険箇所はありません

■嵐山渓谷
遊歩道として整備されているので普段着でも問題ないかと思います

※仙元山への取り付き点間違え、正直無理やり行けなくもなさそうでしたがやめときました
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計

写真

小川町駅を出発
嵐山渓谷に至る流れ
2020年11月08日 09:59撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川町駅を出発
嵐山渓谷に至る流れ
ここ行けそうと思ったが
最終的に引き返してきた道
2020年11月08日 10:12撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ行けそうと思ったが
最終的に引き返してきた道
ちなみにさっきの道を入ると鳥居と祠があります
引き返したので道はどこまで通じているかわからず
2020年11月08日 10:25撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみにさっきの道を入ると鳥居と祠があります
引き返したので道はどこまで通じているかわからず
やはり正規のコースを使いましょう
2020年11月08日 10:32撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり正規のコースを使いましょう
明瞭な道です
2020年11月08日 10:36撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明瞭な道です
展望台からの眺め
赤城山などが見えるそうですが今日は遠くは見えず
2020年11月08日 10:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め
赤城山などが見えるそうですが今日は遠くは見えず
2
途中にいい感じの眺望も
2020年11月08日 10:57撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にいい感じの眺望も
仙元山からの眺望
2020年11月08日 11:05撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙元山からの眺望
明瞭な道が続きます
2020年11月08日 11:56撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明瞭な道が続きます
小倉城の近く
切り株のいすがたくさんありました
2020年11月08日 12:24撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉城の近く
切り株のいすがたくさんありました
なにやら整備中の様子
2020年11月08日 12:25撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なにやら整備中の様子
ひっそりと小倉城の石碑
2020年11月08日 12:30撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひっそりと小倉城の石碑
城跡には解説版が多数設置されていました
2020年11月08日 12:35撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城跡には解説版が多数設置されていました
東側には眺望も
2020年11月08日 12:37撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側には眺望も
ここから出てきました
2020年11月08日 12:48撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから出てきました
紅葉は色づき始めた頃合い
2020年11月08日 12:49撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉は色づき始めた頃合い
しばし川沿いを歩いてきる
2020年11月08日 12:59撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし川沿いを歩いてきる
嵐山町名発祥の地
2020年11月08日 13:21撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嵐山町名発祥の地
1
遊歩道なので楽チン
2020年11月08日 13:23撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道なので楽チン
嵐山渓谷
場所によって表情がだいぶ違いますね
2020年11月08日 13:28撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嵐山渓谷
場所によって表情がだいぶ違いますね
1
水の色まで違う
2020年11月08日 13:42撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の色まで違う
飛び石の橋の辺りから上流
2020年11月08日 13:47撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛び石の橋の辺りから上流
ちなみにこんな感じの道
人が多いのでアングルがおかしいのは仕方がない
2020年11月08日 13:47撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみにこんな感じの道
人が多いのでアングルがおかしいのは仕方がない
キャンプ場のあるあたり
2020年11月08日 13:49撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場のあるあたり
武藏嵐山駅
また近いうち来ると思います
2020年11月08日 14:29撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武藏嵐山駅
また近いうち来ると思います
1

感想/記録

今回は仙元山と嵐山渓谷
とりあえず嵐山渓谷を歩きたいので小川町駅から仙元山を通り
嵐山渓谷をつなぐコースで歩いてみることにしました。

仙元山ですが見晴台などもあってハイキングコースも充実した印象です
地図にない分岐も多数あり里山らしいコースです。
コース中、眺望がきくところがちらほら現れるのも良いところだと思います。
城跡が2箇所あったり解説なども充実しており小規模ながら
アピールポイントが多いコースとなっていました。
時間をかけてゆっくり巡ってみるのもよいかと思いました。

嵐山渓谷ですが多くの人で賑わっていました。
このあたりは標高が低いので紅葉は始まったばかりといった印象です。
途中、嵐山渓谷沿いを歩いてみましたが
前半部分と後半部分で渓谷の表情が一変するのも面白いポイントです。
水の色が変わっていたり、いつのまにか川幅が広くなっていたりで
変化に富んだ風景も嵐山渓谷の特徴でしょう。
ヘアピンカーブのように川が急激に方向を変えていたりで地形的な面白味もあります。
今回は武蔵嵐山駅まで歩いて終了となりましたが
時間的に余裕があれば笛吹峠方向へつないでみようとも考えていました。
想定以上に見所が多く断念しましたが
アクセスがよく山深いところへ行かずとも手軽に渓谷美を堪能できるので
人気もうなずけますね。

では
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:285人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

紅葉 渓谷 キャンプ場
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ