また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2745709 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

釈迦ヶ岳〜府駒山〜御坂黒岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月21日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
スズラン群生地駐車場に駐めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
25分
合計
6時間0分
Sスズラン群生地駐車場08:2608:59釈迦ヶ岳登山口09:0009:21作業道終点09:42檜峯・すずらん十字路09:4810:14釈迦ヶ岳10:2610:54府駒山10:5511:19日向坂峠11:2012:07すずらんの里分岐12:0812:42黒岳12:4313:07黒岳展望台13:0813:17黒岳13:33すずらん峠13:3414:26スズラン群生地駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・落ち葉で道がわかりづらくなっている箇所がありました。
・すずらん峠〜スズラン群生地駐車場間に、道が細くなり片側が切れている箇所がありました。
その他周辺情報ももの里温泉に寄りました。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

今回のスタート地点、スズラン群生地駐車場。そこまで早出したわけではありませんが、駐車場はまだガラガラです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のスタート地点、スズラン群生地駐車場。そこまで早出したわけではありませんが、駐車場はまだガラガラです。
街灯もスズラン型です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
街灯もスズラン型です。
1
釈迦ヶ岳登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳登山口。
案内板もよく整備されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板もよく整備されています。
富士山の頭が見え始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の頭が見え始めました。
釈迦ヶ岳山頂(その1)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳山頂(その1)。
釈迦ヶ岳山頂(その2)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳山頂(その2)。
南無妙法蓮華経と書かれた石碑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南無妙法蓮華経と書かれた石碑。
このご時世なので、お地蔵様もマスクをしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このご時世なので、お地蔵様もマスクをしています。
一等三角点がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点がありました。
黒岳の南の展望台からの眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳の南の展望台からの眺め。
1
まだ明るいうちに下山。次はスズランが咲き誇る季節に来てみたいと思いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ明るいうちに下山。次はスズランが咲き誇る季節に来てみたいと思いました。

感想/記録

この日は、ずっと行きたかった釈迦ヶ岳・御坂黒岳に登ってきました。

釈迦ヶ岳はスズランの群生地として有名ですが、今は晩秋。あたりはすすきが生い茂るばかりです。スズラン群生地駐車場には8時15分頃着きましたが、まだ数台しか駐まっていませんでした。

▼スズラン群生地駐車場〜釈迦ヶ岳
駐車場から2kmほど車道を下っていくと、釈迦ヶ岳登山口に着きます。落ち葉のせいか若干道が分かりづらいですが、木に巻かれた赤テープを見落とさないように進めば問題なし。
終盤は岩場が多くなってくるので、トレッキングポールはしまったほうが良いでしょう(ザックの横に収納したら、張り出した枝がひっかかってちょっと危険でした。)。次第に視界も開けてきます。

釈迦ヶ岳山頂までは一人もすれ違いませんでしたが、釈迦ヶ岳山頂には数名の登山客がいました。富士山はもちろん、南アルプスや甲府盆地の町並みまで見渡せました。
ただこの日は風が強かったので、ほどほどに景色を楽しんだら身体が冷えないうちに次なる目的地を目指しました。

▼釈迦ヶ岳〜御坂黒岳
日向坂峠までなだらかで歩きやすい登山道が続きますが、落ち葉で隠れていた石に躓き、右膝を擦りむいてしまいました。幸い軽い擦り傷で済みましたが、ちゃんと足を上げて歩かないといけませんね。日向坂峠の手前から、スズラン群生地駐車場にエスケープすることもできます。

日向坂峠を超えると一旦車道に出て、そこから登りが続きます。
開けたところで一旦昼食タイム。バーナーを使う際は、落ち葉に引火しないよう注意します。

黒岳までは、なだらかなつづら折りの登りが続きます。急登ではありませんが、手負いなので若干きつい。息を整えつつ進みます。
黒岳山頂は木に覆われていて展望はありませんが、数分歩いた先にある展望台からの眺めは素晴らしいです!ドーンと大きな富士山と、富士河口湖町の町並み、河口湖が一望できます。
この日は朝方に富士山に雲がまとわりついていましたが、展望台に着く頃にはその雲も消えてくれました。

▼御坂黒岳〜スズラン群生地駐車場
下りは、黒岳からすずらん峠を経てスズラン群生地駐車場へ下ります。すずらん峠までは、左手に富士山を見ながらの山歩き。すずらん峠から先は富士山が見えなくなるので、雄大な富士山をよく目に焼き付けておきます。

すずらん峠〜スズラン群生地駐車場間は、道幅が狭くなり片側が切れている箇所があるので注意。しかも若干滑りやすいので、慎重に下っていきます。ここ以外は特に危険箇所もなく、歩きやすい登山道です。


この日も見事な秋晴れで、期待通りの美しい富士山を望むことができました。晴れが続いていたせいか、ぬかるみも特になく、落ち葉が降り積もっていることを除けば歩きやすい登山道でした。
ただ転倒して怪我をしてしまったのは反省点。登山中の転倒は遭難に繋がりかねないので、今後登山技術をしっかり磨いて対策したいところです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:154人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ