また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2750204 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

伊豆ヶ岳~子の権現~吉田山~東郷神社

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年11月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候朝のうち曇り、その後快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
正丸駅に駐車(1日 500円)
帰り:吾野駅から正丸駅まで西武鉄道にて 片道178円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間7分
休憩
1時間9分
合計
7時間16分
S正丸駅06:0807:05旧正丸峠07:1007:22川越山07:2307:30正丸山07:42正丸峠07:5108:07小高山08:0908:11大蔵山08:26五輪山08:2908:49伊豆ヶ岳08:5609:10古御岳09:2209:50高畑山09:55鉄塔横伐採地09:5610:06中ノ沢ノ頭10:22天目指峠10:2311:03子ノ権現11:1311:23子の権現駐車場11:56小床峠12:0212:22吉田山12:2412:37秩父御嶽神社12:4713:07秩父御嶽神社入口13:24吾野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
奥武蔵特有の急登、激下り多数。所々ザレ、枯葉ラッセル有り。
その他周辺情報浅見茶屋は水曜日と日曜、祝日お休みです。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

朝5:45に到着しました。まだ少し薄暗い正丸駅を出発します。
2020年11月22日 06:08撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝5:45に到着しました。まだ少し薄暗い正丸駅を出発します。
1
旧正丸峠を経由して伊豆ヶ岳に向かいます。途中の古民家と紅葉の雰囲気が良かったです。
2020年11月22日 06:16撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧正丸峠を経由して伊豆ヶ岳に向かいます。途中の古民家と紅葉の雰囲気が良かったです。
1
旧正丸峠への樹林帯につぶれたトラックが。おそらく、台風などの大雨時に林道から落ちてしまったのか。びっくりです!
2020年11月22日 06:33撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧正丸峠への樹林帯につぶれたトラックが。おそらく、台風などの大雨時に林道から落ちてしまったのか。びっくりです!
1
旧正丸峠へ到着。まだ、辺りは曇りっぽい。ここまで、誰にも会っていません。静かな始まりです。
2020年11月22日 07:05撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧正丸峠へ到着。まだ、辺りは曇りっぽい。ここまで、誰にも会っていません。静かな始まりです。
2
はい、奥武蔵お約束の急登です。今日も頑張ります!
2020年11月22日 07:12撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、奥武蔵お約束の急登です。今日も頑張ります!
1
川越山(かんぜやまと読むそうです)に到着。埼玉っ子の私はどうしても川越山(かわごえやま)としか読めない。
2020年11月22日 07:22撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川越山(かんぜやまと読むそうです)に到着。埼玉っ子の私はどうしても川越山(かわごえやま)としか読めない。
3
正丸山までもお約束の激急登でした。でも、手前で朝日に照らされた武甲山が木々の間から見えたので頑張れました。
2020年11月22日 07:30撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸山までもお約束の激急登でした。でも、手前で朝日に照らされた武甲山が木々の間から見えたので頑張れました。
改めて、タヌキとは何かを勉強しました。
タヌキはびっくりすると失神するそうです。これが、タヌキ寝入りの語源だそうです。
2020年11月22日 07:39撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
改めて、タヌキとは何かを勉強しました。
タヌキはびっくりすると失神するそうです。これが、タヌキ寝入りの語源だそうです。
4
正丸峠から東京都心方面を望む。新宿のビル群やスカイツリーも見えました。上から雲が重く圧し掛かって、なんとなく幻想的です。
2020年11月22日 07:47撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸峠から東京都心方面を望む。新宿のビル群やスカイツリーも見えました。上から雲が重く圧し掛かって、なんとなく幻想的です。
5
小高山に到着。やっぱり、ここまでも急登でした。
2020年11月22日 08:07撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小高山に到着。やっぱり、ここまでも急登でした。
1
五輪山に到着。今日は男坂に行くつもりなので、ここで小休止してストックをしまいます。大蔵山、正丸峠コースからのハイカーさんが合流して賑やかでした。
2020年11月22日 08:20撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪山に到着。今日は男坂に行くつもりなので、ここで小休止してストックをしまいます。大蔵山、正丸峠コースからのハイカーさんが合流して賑やかでした。
男坂の取付き。前回は雨だったので鎖場の手前まで行って引き返してきました。今日は岩も乾いているはずなので行けそうです。初めてなのでちょっと怖いですが、さぁ、行ってみましょう!
2020年11月22日 08:26撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂の取付き。前回は雨だったので鎖場の手前まで行って引き返してきました。今日は岩も乾いているはずなので行けそうです。初めてなのでちょっと怖いですが、さぁ、行ってみましょう!
3
右側から登り始めます。なるべく鎖を使わないように三点支持を心がけながら、一歩一歩進みます。中段を過ぎるとさすがに高度感はありましたが、無事に制覇できました。やったー!
2020年11月22日 08:28撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側から登り始めます。なるべく鎖を使わないように三点支持を心がけながら、一歩一歩進みます。中段を過ぎるとさすがに高度感はありましたが、無事に制覇できました。やったー!
5
鎖場を登り切った後のご褒美景色です。
2020年11月22日 08:35撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を登り切った後のご褒美景色です。
3
伊豆ヶ岳山頂へ到着。山頂には4~5名のハイカーさん達がいらっしゃいました。眺望もそこそこなのでスルーします。
2020年11月22日 08:48撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳山頂へ到着。山頂には4~5名のハイカーさん達がいらっしゃいました。眺望もそこそこなのでスルーします。
3
伊豆ヶ岳山頂過ぎから、紅葉の絶景が始まります。どこを向いても素晴らしい紅葉が目に飛び込んできて、足が全然進みません。キラキラ!
2020年11月22日 08:53撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳山頂過ぎから、紅葉の絶景が始まります。どこを向いても素晴らしい紅葉が目に飛び込んできて、足が全然進みません。キラキラ!
9
こちらも、素晴らしいです!
でも、足元はフカフカの落ち葉ラッセル+激下りで足元も気をつけないと危ないです。名残惜しいですが先へ進みます。
2020年11月22日 08:58撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも、素晴らしいです!
でも、足元はフカフカの落ち葉ラッセル+激下りで足元も気をつけないと危ないです。名残惜しいですが先へ進みます。
5
古御岳に到着。軽く小休止して、さらに先に進みます。
2020年11月22日 09:09撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古御岳に到着。軽く小休止して、さらに先に進みます。
1
古御岳からの下り斜面にも、素晴らしいキラキラの紅葉が待っていました。首が痛くなるほど上を向いてこの景色を存分に味わいながら、目に焼き付けて来ました。
2020年11月22日 09:17撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古御岳からの下り斜面にも、素晴らしいキラキラの紅葉が待っていました。首が痛くなるほど上を向いてこの景色を存分に味わいながら、目に焼き付けて来ました。
5
赤と、オレンジ、そして青空のコントラストも素晴らしい!
2020年11月22日 09:17撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤と、オレンジ、そして青空のコントラストも素晴らしい!
5
こちらも燃えるような紅葉!いつまでも見ていられる気がします!ここに住みたい!
2020年11月22日 09:19撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも燃えるような紅葉!いつまでも見ていられる気がします!ここに住みたい!
5
高畑山へ到着。数名のハイカーさんが休憩中。自分は少しでも先に進みたいので、スルーしました。
2020年11月22日 09:49撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山へ到着。数名のハイカーさんが休憩中。自分は少しでも先に進みたいので、スルーしました。
中ノ沢の頭(イナグモの頭)に到着。
2020年11月22日 10:06撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ沢の頭(イナグモの頭)に到着。
この後、天目指峠からの幾度の急登を乗り越えて、子の権現へ向かいます。
2020年11月22日 10:41撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後、天目指峠からの幾度の急登を乗り越えて、子の権現へ向かいます。
2
子の権現に到着。
2020年11月22日 11:03撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子の権現に到着。
3
子の権現見晴らし処からの眺望。お昼近くになったのであまり眺望は効きませんでしたが、ここでも紅葉はとても綺麗でした。
2020年11月22日 11:06撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子の権現見晴らし処からの眺望。お昼近くになったのであまり眺望は効きませんでしたが、ここでも紅葉はとても綺麗でした。
1
子の権現を後にします。
今日は、車で来られた参拝の方や、サイクリングで登ってきた方々、さらに、大先輩のご高齢の100人程のハイキングの団体などで、大変にぎやかでした。
2020年11月22日 11:14撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子の権現を後にします。
今日は、車で来られた参拝の方や、サイクリングで登ってきた方々、さらに、大先輩のご高齢の100人程のハイキングの団体などで、大変にぎやかでした。
1
ここから、今日伊豆ヶ岳から同じコースを歩かれていたソロのハイカーさんとご一緒しました。自分と同じく、東郷神社へ行く予定とのことでしたのでご一緒することに。東郷神社までの寄り道コースとして軽い気持ちで進みました。
2020年11月22日 11:32撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、今日伊豆ヶ岳から同じコースを歩かれていたソロのハイカーさんとご一緒しました。自分と同じく、東郷神社へ行く予定とのことでしたのでご一緒することに。東郷神社までの寄り道コースとして軽い気持ちで進みました。
が、これが結構思った以上に上り下りがあり、踏み後の薄い個所もあり、一度ルートミスして結構危ない所を降りることになりました。反省。
2020年11月22日 12:13撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、これが結構思った以上に上り下りがあり、踏み後の薄い個所もあり、一度ルートミスして結構危ない所を降りることになりました。反省。
3
いくつも偽ピークを過ぎて、ようやく吉田山に到着した時はお互いに達成感満載です!ちなみに、眺望は0ですけど。。。
2020年11月22日 12:22撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつも偽ピークを過ぎて、ようやく吉田山に到着した時はお互いに達成感満載です!ちなみに、眺望は0ですけど。。。
5
その後、東郷神社の最奥部「御岳神社」裏から境内に入りました。ここでも素晴らしい紅葉を堪能しました。今日は天気も良かったのでたくさんの紅葉見物の方がいらしていました。
2020年11月22日 12:54撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後、東郷神社の最奥部「御岳神社」裏から境内に入りました。ここでも素晴らしい紅葉を堪能しました。今日は天気も良かったのでたくさんの紅葉見物の方がいらしていました。
4
吾野駅に到着。ラビューがちょうど通過しました。豪華客席ですね。一度乗ってみたい!
今日もお疲れ山でした!
2020年11月22日 13:27撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾野駅に到着。ラビューがちょうど通過しました。豪華客席ですね。一度乗ってみたい!
今日もお疲れ山でした!
2

感想/記録

今日は、以前ガスガスで眺望0だった正丸駅~伊豆ヶ岳~吾野駅プチ縦走コースへ再挑戦です。
朝、4:30 に家を出て、5:45に正丸駅に到着。辺りはまだ暗かったです。途中、巾着田近くのセブンに寄り、おにぎりなどを買おうと思っていたので、途中のコンビニを全部スキップしてきましたが、予想外にお目当てのセブンは夜間休店でした。最近、夜薄暗いコンビニがあるなぁとは思っていましたが、コンビニ=24時間営業という今までの常識はもう通用しないようですね。むしろ、今までが不必要なまでに便利だったということでしょう

前回は、大蔵山コースを行ったので今回は正丸峠コースを行こうと思っていましたが、ついでなので、さらに遠回りして旧正丸峠を経由するコースで行きました。
旧正丸峠までの道は非常に薄暗く、また、急登で道も荒れ気味で、心細い樹林帯でした。熊鈴は必須のコースですね。
旧正丸峠からは The奥武蔵の洗礼でした。
先が見えないほどの急登や激下りの連続です。まだ、序盤なのでコツコツと登り、慎重に降ります。
激急登、激下りの繰り返しで、朝から十分に奥武蔵ロードを堪能しました。もう、お腹いっぱいですが、途中、武甲山の頂上が木々の間から見えて、少し元気をもらえました。
正丸峠からの東京都心方面への眺望は不思議な光景でした。上から垂れこめる雲が異様な雰囲気で、その下には都心部が朝日に照らされ、何とも言えない幻想的な光景でした。

今日の第一目標は、伊豆ヶ岳の男坂を制覇すること。気を引き締めて臨みます。
男坂の初めは太い鎖が3本も下がっていて鎖場らしい重々しい雰囲気があります。
コースを見極めながら、まず、右側から登り始め鎖を出来るだけ頼らずに進みます。
中段を越えてからは左側ルートを進み、最上段へ向かいます。
途中、下を見るとそこは結構な高度感があります。間違っても足を滑らせて落ちないようにと心がけながら最上部まで到着しました。
最上部からは眺めのいい景色が見られて、束の間の達成感を味わいました。

伊豆ヶ岳から先は素晴らしい紅葉のステージでした!
山頂を過ぎると程なく絶景の紅葉地帯が!どちらを向いても極彩色の紅葉が目に飛び込んできて、まるでこの世のものとは思えないほどのキラキラです。距離はそれほどでもないですが、まったく足が進みません!上を見ながら一歩一歩噛みしめるように進み、ようやく紅葉ゾーンを抜けることが出来ました。

古御岳から先もまた素晴らしい紅葉ゾーンです。
こちらは、赤一色というより、グラデーション祭りです。赤、オレンジ、黄色そして緑の極彩色が青空のキャンバスに映え、こちらも見事な景観でした。
今日ここに来られて本当に幸せです!

その後は、奥武蔵っぽいトレイルをひたすら進み、天目指峠からの急登を十分に堪能しながら、子の権現へ。子の権現にはたくさんの参拝客やサイクリングの人たち、そして100名近い大先輩ご高齢の団体ハイキングツアーの方達などで大賑わいでした。

今日は、浅見茶屋は日曜でお休みなので、おいしい肉汁付うどんと天草きなこ黒みつアイスはお預けです。また、次回!

東郷神社の紅葉もよさそうなので、破線ルートを通って寄り道する予定でした。
ちょうど、同じコースを歩かれていたソロのハイカーさんも東郷神社まで同じルートを行かれるとのことで、ここからご一緒させて頂きました。
東郷神社へ行くには吉田山を通過するのですが、ヤマレコの地図的には単なる通過点にしか思えませんでした。ところがどっこい、実際行ってみると、かなりのアップダウンが続き、いつもなら天目指峠で終わったはずの The 奥武蔵の激急登、激下りが連続し、予想外の展開に正直参りました。ようやく吉田山に到着した時は、まるでここが第一目的地だったような達成感が!でも、まったく眺望はないです!

なんとか、東郷神社まで到着し、そこでも素晴らしい紅葉を堪能することができました。東郷神社には参道の真ん中を直登、直下りする、えげつない角度の石階段がありますが、吉田山到着までにかなりのHPを使ってしまったので、直下りするのはやめて、巻き道を通って下まで紅葉を見ながら降りて行きました。

今日は、吾野駅までご一緒した頂いたソロのハイカーさんのおかげで、普段ならあまり面白くない帰り道も、山の話を色々しながらとても楽しく帰って来られました。

今日も素晴らしい天気と、キラキラと綺麗な紅葉、また山での思いがけない出会いもあり、とても素晴らしい山行になりました。

今日も怪我無く、無事に帰れましたことに、感謝!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:289人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/8
投稿数: 23
2020/11/22 21:11
 初めまして
初めまして。拍手ありがとうございます。
伊豆ヶ岳近辺はまだまだ紅葉真っ盛りだったんですね!
登録日: 2020/5/29
投稿数: 4
2020/11/22 21:58
 Re: 初めまして
初めまして。ウノタワ周辺は自分もとても気に入っている場所なので、レコを上げてもらってありがとうございます。
伊豆ヶ岳ですが、今日は本当に天気にも恵まれ、素晴らしい紅葉でした。まだこれからという木もかなりありましたので、来週末もまだ十分楽しめると思います!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ