また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2757803 全員に公開 沢登り 丹沢

東沢/石棚沢 沢登りアンカー構築&ビレイ

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月21日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー7人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西丹沢ビジターセンターは早朝から満車。
隣のウエルキャンプ場もこの連休中はキャンプ予約者以外は駐車不可となっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
コース状況/
危険箇所等
■マウントファーム(JMIA認定)
http://mt-farm.info/
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

駐車場は満車状態。
やはり恐るべし紅葉の3連休。
2020年11月21日 09:09撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は満車状態。
やはり恐るべし紅葉の3連休。
紅葉も終盤戦です
2020年11月21日 09:12撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉も終盤戦です
東沢右岸径路を辿ります
2020年11月21日 09:25撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢右岸径路を辿ります
徒渉点。飛び石で楽に渡れます。
2020年11月21日 09:27撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徒渉点。飛び石で楽に渡れます。
石棚沢出合の二俣
2020年11月21日 09:33撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石棚沢出合の二俣
1
堰堤は6基越えなければなりません
2020年11月21日 09:43撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤は6基越えなければなりません
半壊した堰堤は健在
2020年11月21日 09:57撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半壊した堰堤は健在
杉山沢二俣を越えれば花崗岩の小棚が出てきます。
よいリスを探し回る面々。
2020年11月21日 11:12撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉山沢二俣を越えれば花崗岩の小棚が出てきます。
よいリスを探し回る面々。
他の脆い沢に比べここはリスが選び放題。
ハーケン打ちの練習には最適です。
2020年11月21日 11:12撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他の脆い沢に比べここはリスが選び放題。
ハーケン打ちの練習には最適です。
少し下流へ戻り今度は岩をアンカーに
2020年11月21日 13:42撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下流へ戻り今度は岩をアンカーに
岩へのアンカー構築とビレイ
2020年11月21日 14:00撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩へのアンカー構築とビレイ
往路を戻ります
2020年11月21日 15:11撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路を戻ります
テントサイトも満員御礼
2020年11月21日 15:47撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントサイトも満員御礼

感想/記録
by kamog

沢登りにおけるアンカー構築とビレイ講習で東沢の石棚沢下流部を訪れる。
ここは白い花崗岩のゴーロが続く沢だが棚には良いリスが選び放題なので、ハーケン類を決めることができる打って付けの沢。
ゲレンデクライミングと違い、とにかく沢登りにおけるアンカーの耐荷重は小さい。
ハーケンやカミングデバイスなどのリムーバブルプロテクション、木や岩などのナチュラルプロテクションに対して、いかに衝撃荷重をより小さくできるかがテーマである。
アンカーの構築、ビレイデバイスのモードチェンジ、分散システムの注意点、はたまたアンカーが取れない場合のボディブレイスビレイの工夫など。リスク確率を低める一方で、よりスピーディにそれらを作成できることも必要だ。
時間の都合上、リングボルトなどのフォックスドプロテクションまではできなかったが是非参加者の方々には各自で機会を得てほしいです。
西丹沢VC駐車場は朝から満車。隣のウエルキャンプ場も3連休中は予約キャンパー以外は有料駐車も不可とのことでした。晴予報の連休は渋滞含め面倒くさいですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:273人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ