また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2779452 全員に公開 ハイキング 霊仙・伊吹・藤原

七尾山から七曲峠縦走ー地元の里山を楽しむ。

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年12月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
○長浜市鍛冶屋町より林道七廻線を進み七曲峠(七廻り峠)に自転車をデポ(縦走終点)。鍛冶屋から旧七尾小学校へと標高が下がるので、自転車には有利なため。
○長浜市南池町 旧七尾小学校横の空き地に駐車(スタート地点)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:50
距離
16.5 km
登り
725 m
下り
742 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
1分
合計
4時間51分
Sスタート地点08:3908:49七尾山 南池登山口08:5013:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〇南池登山口→七尾山頂上は、テープ等あり。急登もあるが概ね歩きやすい道。
〇七尾山頂上→七曲峠は、テープ等は殆どありません。アプリを頼りに進みます。
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 水分 昼食 行動食 非常食 ヘッドランプ サングラス 雨具 ツェルト 帽子 救急セット 靴ひも ラジオ コップ スプーン カイロ ウエットティッシュ 十徳ナイフ 携帯トイレ 携帯電話 バッテリー ライター コンパス 筆記用具 防寒着 手袋 保険証 カメラ ココヘリ

写真

下山地点の七曲峠に自転車をデポしてしました。登山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山地点の七曲峠に自転車をデポしてしました。登山開始。
3
11月下旬に歩かれたレコの逆を辿ります。「南池」の標識のところで道を横断して少し入ると・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11月下旬に歩かれたレコの逆を辿ります。「南池」の標識のところで道を横断して少し入ると・・・
1
ここで熊対策発動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで熊対策発動。
2
落ち葉の絨毯の道が始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉の絨毯の道が始まります。
1
オヤ、ハチの巣が落ちてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤ、ハチの巣が落ちてる。
2
赤テープを辿ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤テープを辿ります。
1
今度は青テープ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は青テープ。
1
あそこにも名残の紅葉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこにも名残の紅葉。
1
谷筋の名残の紅葉。風の影響を受けにくいのかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷筋の名残の紅葉。風の影響を受けにくいのかな。
1
イイ感じのやせ尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イイ感じのやせ尾根。
3
琵琶湖が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖が見えた。
1
霊仙も見えた。雲が厚い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙も見えた。雲が厚い。
2
七尾山 登頂!! 真新しい山名標。まだ2か月も経ってない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七尾山 登頂!! 真新しい山名標。まだ2か月も経ってない。
5
先日縦走した横山とその先に琵琶湖。八幡山、沖島も見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日縦走した横山とその先に琵琶湖。八幡山、沖島も見えています。
6
長浜市街と湖西の山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長浜市街と湖西の山々。
2
こずえの向こうに伊吹山。削られた斜面の上部は雲の中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こずえの向こうに伊吹山。削られた斜面の上部は雲の中。
1
縦走開始。ここでも熊対策発動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走開始。ここでも熊対策発動。
2
目印になりそうな木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目印になりそうな木。
1
植林の中を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の中を進みます。
1
鮮やかな赤。よく目立つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鮮やかな赤。よく目立つ。
1
赤テープもありがたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤テープもありがたい。
1
ここにも鮮やかな赤。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも鮮やかな赤。
1
定番構図。今後の目印。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番構図。今後の目印。
1
少し開けました。正面は小谷山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し開けました。正面は小谷山。
3
左に目を転じると山本山と竹生島。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に目を転じると山本山と竹生島。
2
何かのオブジェ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何かのオブジェ?
1
マンマンチャン、アン。無事に下山できますように。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンマンチャン、アン。無事に下山できますように。
1
サルノコシカケ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルノコシカケ?
1
懐かしい!! 旧東草野小中学校の校舎と吉槻の集落。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懐かしい!! 旧東草野小中学校の校舎と吉槻の集落。
1
赤ハチマキの石。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤ハチマキの石。
1
名残の紅葉と山間の田んぼ。あそこを歩いたなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残の紅葉と山間の田んぼ。あそこを歩いたなぁ。
1
ここも目印鉄塔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも目印鉄塔。
1
クヌギかな? 紅葉が残ってる、ちょうど青空も広がってきれいだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クヌギかな? 紅葉が残ってる、ちょうど青空も広がってきれいだ。
1
あの枝は枝打ちするんだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの枝は枝打ちするんだろうか?
1
七曲峠。デポした自転車が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲峠。デポした自転車が見える。
1
峠のお地蔵さん。無事着きました、ありがとう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠のお地蔵さん。無事着きました、ありがとう。
3
反対側はご覧の通り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側はご覧の通り。
1
このあたりの自分の山で遊んでいるとのこと。今日は先日落としてしまった父の形見のカマを探しに行かれるそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりの自分の山で遊んでいるとのこと。今日は先日落としてしまった父の形見のカマを探しに行かれるそうです。
3
一枚着込んで下ります。ブレーキが焼けてしまわないか心配。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一枚着込んで下ります。ブレーキが焼けてしまわないか心配。
3
後輪のドラムブレーキが「キーーッ、キーーッ」と鳴きっぱなしだったけど、なんとか降りてこられました。草野川沿いを下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後輪のドラムブレーキが「キーーッ、キーーッ」と鳴きっぱなしだったけど、なんとか降りてこられました。草野川沿いを下ります。
2
今日縦走した山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日縦走した山々。
2
屋根の向こう、落ち込んだあたりが鍛冶屋谷のはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋根の向こう、落ち込んだあたりが鍛冶屋谷のはず。
1
霊仙に向かうようにひたすら走ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙に向かうようにひたすら走ります。
1
ゴール。無事戻れました。ありがとう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール。無事戻れました。ありがとう。
3
オマケ→帰宅途中の伊吹山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オマケ→帰宅途中の伊吹山。
2
左が七尾山の裾。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が七尾山の裾。
3

感想/記録

naojiroさん、uriuri4211さん、yamaneko0922さんが七曲峠から七尾山まで縦走されたレコを拝見したのが今回の山行のきっかけです。みなさんからのアドバイスを得て、無事下山することができました。ありがとうございました。最初の急登はまずまずのペースでクリアできたのですが、尾根が広がった植林地のなかで道を見失ってしまいました。アプリを頼りになんとか修正できてホッとした次第です。植林地と自然林の境界付近に道が続いていることが多いようですね。それに気づいてからは復帰し易くなりました。また、この季節は葉が落ちているので梢の間から送電線や鉄塔が見えやすく、方向等を判断するときの目安になりました。しかし、地形図から読み取った高度差や距離と自分の歩いた距離感覚が一致しないためアプリの情報を疑ってしまったりすることもあり、経験不足を痛感した山行となりました。でも、楽しかった〜〜。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:637人

コメント

お疲れさま
早速歩かれたんですね。遅いコメントで失礼します。
迷われたのは指南山の辺りでしょうか?緩やかな尾根があるので誘い込まれますよね。いい天気でよかったです。北上する方が逆光にならないのでよいかと思います。

>植林地と自然林の境界付近に道が続いていることが多いようですね。
境界尾根で分かれることも多いです。本来は全て自然林の方が気持ちが良いのですが迷いやすいですね。

本日、性懲りもなくみぞれ交じりの悪天候の中、七曲峠からカナ山まで縦走してまいりました 。後日アップしますので見てやってください。
2020/12/13 23:01
Re: お疲れさま
naojiroさん、コメントありがとうございます。みなさんのアドバイスを受けていたにもかかわらず迷いました。ご指摘の通り、指南山では右手に下るところをそのまま鍛冶屋に降りる尾根(しっかりとした道がついていました)に進んでしまい、おかしいと気づいて引き返して分岐点を見つけました。もう一か所は指南山の一つ手前にあるp589です。尾根道が若干なだらかな傾斜の植林地帯に差しかかった所でそのまま下生えのあるところに入って行ってしまいました。その時点で右の自然林との境を進むのが正解だったのですが、左手方向のなだらかな尾根に入りそうになり、おかしいと気づいて方向転換した次第です。他のところでも似たようなルートロスをしていました。「進むこと、登ること、下ること」に必死になってしまい、観察がおろそかになってしまいます 。木々の葉が落ちて見通しがよくなっているのでこの程度で済んでいますが、夏であれば暑さも加わって判断ミスの連発になりそうです。
七曲峠〜カナ山のレコを楽しみにしています。よろしくお願いします。
2020/12/14 9:15
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ