また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2792425 全員に公開 ハイキング 九州・沖縄

(佐賀)歴史を訪ねて基山ハイク

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年12月11日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・東側の「水門」側登山口は、土砂崩れによる工事中とのことで、通行禁止の表示とロープがあった(人は登れたもようだが定かではない)。
・よって、西側の草スキー場から登った。麓から草スキー場まで車で約15分、無料駐車場あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間40分
休憩
10分
合計
1時間50分
Sスタート地点(草スキー場駐車場)12:4012:50基山13:30キイ城跡、下の分岐13:50基山北峰14:00基山山頂(再)14:1014:30ゴール地点(草スキー場駐車場)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体によく整備されており、道標も多い。ただしあちこちから登山道が延びていて分岐が多いので要注意。
その他周辺情報基山山頂部より東側は、7世紀頃の山城(キイ城)跡の遺構あり。
草スキーは春、秋が営業時期のようで、今回はクローズしていた(草スキー場部分を歩くのはOK)
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

基山西側の、草スキー場の駐車場から登り始める
2020年12月11日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基山西側の、草スキー場の駐車場から登り始める
草スキー場の芝生の斜面を登っていく
2020年12月11日 12:36撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草スキー場の芝生の斜面を登っていく
1
他にも、空身で登るハイカーがパラパラといた
2020年12月11日 12:37撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他にも、空身で登るハイカーがパラパラといた
振り返ると、九千部山が良く見えた
2020年12月11日 12:36撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、九千部山が良く見えた
駐車場から15分ほどで、もう、標高404mの基山山頂に到着。山頂部も芝生状になっていて見晴らしがよい
2020年12月11日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から15分ほどで、もう、標高404mの基山山頂に到着。山頂部も芝生状になっていて見晴らしがよい
3
基山山頂にて。上空は曇ってきたが展望は良い。これははるか北に望める福岡市街(ズームで写す)
2020年12月11日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基山山頂にて。上空は曇ってきたが展望は良い。これははるか北に望める福岡市街(ズームで写す)
1
山頂の南東側は筑紫平野と団地群が見えた。遠方の山並みは久留米市裏手の未納山地
2020年12月11日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の南東側は筑紫平野と団地群が見えた。遠方の山並みは久留米市裏手の未納山地
3
山頂から東側の眺め、左が大根地山、右手奥が古処(こしょ)連山。いずれも学生時代に登った懐かしい山々
2020年12月11日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から東側の眺め、左が大根地山、右手奥が古処(こしょ)連山。いずれも学生時代に登った懐かしい山々
あっけなく基山山頂に着いたので、東側のハイキングコース(史跡巡りコース)を歩いた。これは、古代のキイ城跡の礎石群
2020年12月11日 13:14撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっけなく基山山頂に着いたので、東側のハイキングコース(史跡巡りコース)を歩いた。これは、古代のキイ城跡の礎石群
2
足元に平べったい石のようなものがあった。なんだこれは?
2020年12月11日 13:29撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に平べったい石のようなものがあった。なんだこれは?
2
石じゃなく、瓦のようだな
2020年12月11日 13:29撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石じゃなく、瓦のようだな
2
表面をよく見ると、縄目模様があり、古代の瓦だと確信した。珍しいものを見つけてしまった
2020年12月11日 13:28撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表面をよく見ると、縄目模様があり、古代の瓦だと確信した。珍しいものを見つけてしまった
3
ハイキングコースをぐるっと回って再び山頂へ。南のピークは巨岩があるが、ナニヤラ教の信者さんだろうか?大声でなにやら唱えていた。早々に引き下がった
2020年12月11日 14:03撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイキングコースをぐるっと回って再び山頂へ。南のピークは巨岩があるが、ナニヤラ教の信者さんだろうか?大声でなにやら唱えていた。早々に引き下がった
2
麓に降り、基山町役場に、さきほどの瓦らしきものを届けた。「ああ、たしかに7世紀のキイ城の瓦ですね。実はあの辺ではたまに見つかるんですよ・・」とな。なんだ珍しくはないのかぁ・・・
2020年12月11日 14:43撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓に降り、基山町役場に、さきほどの瓦らしきものを届けた。「ああ、たしかに7世紀のキイ城の瓦ですね。実はあの辺ではたまに見つかるんですよ・・」とな。なんだ珍しくはないのかぁ・・・
3

感想/記録

※ 九州の実家に里帰りしたついでに、またまた低山ハイキング。
 今回は、子供の頃に登った覚えのある、佐賀県東部の基山(きやま、きざん、404m)へ。

・最初、ガイドブックに従って東側の「水門」登山口から登ろうとしたが、「工事中、通行止め」の表示と道路もロープで仕切ってあった。あれ?話が違うじゃないか?と思うがしょうがないので西側の草スキー場へと転進す。

・草スキー場は、古くから基山の名物だが、今は冬場なので営業はしていなかった。でもここから登り始めると、10分強で山頂についた。
・山頂は展望が良く、あいにくと上空は曇って来たものの、北には遠く福岡市街、東には三郡山地の続きの大根地山、古処連山、南には筑後平野や未納山地も良く見えた。たしかにこれだけ見晴らしが良いと、山城を作るには最適なばしょだな、と思う。

・あまりに登頂があっけなかったので、ぶらっと、東側の「史跡めぐりコース」を歩いてみた。途中にはでっかい礎石が並んでいて、キイ城があった7世紀には結構大きい建物があったんだろうなぁ、と昔がしのばれた。

・更にぶらぶらと歩いていると、妙に平べったい石(?)が登山道に転がっていた。何気なく手に持ってみると、あれ、これは石じゃなく、人工物だ、表面に縄目模様もあるし、ひょっとしたらキイ城の時代の瓦じゃないか?と一人で驚いた。捨て置くのもなんなので、役場に届けることにして持ち帰る。

・そのあとは再び山頂に戻ったあと、駐車場まで歩いて、今日のハイキングはおしまい。

※ さきほどの「瓦」っぽいものは、基山町役場に度どけたところ、「ああ、これは確かにキイ城のあったころの瓦ですね。結構大きいですね。実はあのあたり、こういう瓦が時々あるんです」と。
 ・・・なーんだ、大発見でもしたのかと思っていたが、ぬか喜びだった。でも約1400年前の建物の瓦を見つけるとは、自分にとってはなんだか嬉しいできごとだった。


========
(参考)
 基山にある旧キイ城というのは、当時、西の都とも言われた大宰府を防衛するために7世紀(AD600年代半ば)に作られた、山城。
 大宰府の北の福岡県大野城市に、「大野城」、大宰府の南側の佐賀県基山町に、「キイ城」が築かれ、朝鮮半島からの新羅、唐の勢力の侵入に備えたという古い歴史を持つ。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:178人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

道標 空身 山並み
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ