また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2813218 全員に公開 ハイキング 赤城・榛名・荒船

地元探検、市境尾根を大沢峠から小梨峠(マネレコ)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年12月21日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
いちおう、天久沢公園S/Gにしときます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
11分
合計
4時間31分
Sスタート地点12:2113:41大沢峠13:4213:47大沢峠取り付き13:4914:57小梨山14:5815:17小梨峠15:2315:54東谷バス停16:30牛伏ドリームセンター16:3116:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
mikaboさんのレコを頼りに歩いた
大沢峠まで車道(そのへんを運転する自信はないけど)
大沢峠〜稜線まで 急斜面を登る。道らしいふみ跡があったりなかったり。
稜線〜道らしいものはあったりなかったり、倒木多数だけど、激ヤブや崩壊がないので通行可能。ピンクテープ、境界の小さな赤い杭がある。最後の小ピークだけ岩場
小梨峠からの林道は荒れていて車は通れない
集落に下ったら普通の車道
その他周辺情報夕方どんどん冷えてきて、家に駆けこんですぐ風呂に入ってから、冬至だと気づいた。ゆず湯にしそこなった。
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

いつものランニングコースだった道で、ここから八束方面に
2020年12月21日 12:59撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものランニングコースだった道で、ここから八束方面に
八束山登山口を過ぎ
2020年12月21日 13:06撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八束山登山口を過ぎ
水道施設の横を通って
2020年12月21日 13:13撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水道施設の横を通って
牛伏山頂への一郷林道を分け、この石碑群の所に右へ行く道がある
2020年12月21日 13:31撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛伏山頂への一郷林道を分け、この石碑群の所に右へ行く道がある
ゴルフ場の横の道
二千階段の子王山が見える
2020年12月21日 13:38撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルフ場の横の道
二千階段の子王山が見える
振り返ると牛伏山のお城
2020年12月21日 13:38撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると牛伏山のお城
大沢からの道が合流
2020年12月21日 13:43撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢からの道が合流
ここが大沢峠。ピンクテープを目印に、山に入ると一応道らしきものが
2020年12月21日 13:48撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが大沢峠。ピンクテープを目印に、山に入ると一応道らしきものが
はっきりしたふみ跡があったり消えたり、
急斜面を適当に上へ
2020年12月21日 13:50撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はっきりしたふみ跡があったり消えたり、
急斜面を適当に上へ
尾根に出たかな
2020年12月21日 14:04撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出たかな
鹿、だよね。絶対熊じゃないよね。
2020年12月21日 14:06撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿、だよね。絶対熊じゃないよね。
稜線に上がって緩やかになったけど、ときどきハードル
2020年12月21日 14:10撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に上がって緩やかになったけど、ときどきハードル
笹薮、聞いてたよ〜
だから平気
2020年12月21日 14:25撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹薮、聞いてたよ〜
だから平気
1
テープの所は、T字路っぽくて、左の方に平らな尾根が伸びているけど、右へ下る
mikaboさんのレコとログのおかげで迷わずすんだ
2020年12月21日 14:33撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープの所は、T字路っぽくて、左の方に平らな尾根が伸びているけど、右へ下る
mikaboさんのレコとログのおかげで迷わずすんだ
1
左に作業道があって楽そうだけど、尾根から外れたら意味ないので、入りこまず
2020年12月21日 14:37撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に作業道があって楽そうだけど、尾根から外れたら意味ないので、入りこまず
尾根らしい尾根を進む
2020年12月21日 14:41撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根らしい尾根を進む
1
いくつかニセピークの後、大沢山
これ、手ぬぐいかなあ?
2020年12月21日 14:43撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかニセピークの後、大沢山
これ、手ぬぐいかなあ?
1
倒木のジャングルジム
2020年12月21日 14:46撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木のジャングルジム
間にまたニセピークがあり、今度こそ小梨山
2020年12月21日 14:56撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間にまたニセピークがあり、今度こそ小梨山
1
またこの布標識
2020年12月21日 14:58撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またこの布標識
1
三角点もある。二等なんて立派なモノが。
2020年12月21日 14:59撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点もある。二等なんて立派なモノが。
1
引き続き稜線を行くと
2020年12月21日 14:59撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き続き稜線を行くと
ヤバッツ岩峰だ。右に巻道、ピンクテープもあったけど、尾根から大きく外れて下ってしまう心配もあり直登
2020年12月21日 15:09撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤバッツ岩峰だ。右に巻道、ピンクテープもあったけど、尾根から大きく外れて下ってしまう心配もあり直登
1
頼りないトラロープを頼らないと足が届かなかった
2020年12月21日 15:12撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頼りないトラロープを頼らないと足が届かなかった
通行止め、じゃなく越えて行く。「難所」はこれで終わり、小梨峠が見えてきて
2020年12月21日 15:16撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止め、じゃなく越えて行く。「難所」はこれで終わり、小梨峠が見えてきて
1
裏から看板の所に出てきた
2020年12月21日 15:19撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏から看板の所に出てきた
が、安心するのはまだ早く、どこにクマやイノシシがいるかもわからないし
明るい時間は大丈夫だけど簡易舗装林道でも落石落枝だらけ、崩壊も
2020年12月21日 15:35撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、安心するのはまだ早く、どこにクマやイノシシがいるかもわからないし
明るい時間は大丈夫だけど簡易舗装林道でも落石落枝だらけ、崩壊も
水の流れた場所はツルンツルンに凍結
2020年12月21日 15:36撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の流れた場所はツルンツルンに凍結
この橋を渡れば人家もあり、山屋が嫌いランナーに好かれる舗装道路。
2020年12月21日 15:49撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を渡れば人家もあり、山屋が嫌いランナーに好かれる舗装道路。
ここを直進すると途中左へ関東ふれあいの道が分かれ、さらに進めば往路の大沢峠手前の道だけど
もう16時だから、これ以上山へは行けない
2020年12月21日 15:55撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを直進すると途中左へ関東ふれあいの道が分かれ、さらに進めば往路の大沢峠手前の道だけど
もう16時だから、これ以上山へは行けない
朝日岳登山口。もちろん今日は登らない
2020年12月21日 15:56撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳登山口。もちろん今日は登らない
住吉神社前を通り
人家や畑のある道でスタートに戻る
2020年12月21日 16:01撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住吉神社前を通り
人家や畑のある道でスタートに戻る
どんどん暗く寒くなる。赤城を眺めて、家路を急ぐ
うっかりしてたけど今日は冬至。明日から少しずつ日が伸びる
2020年12月21日 16:13撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん暗く寒くなる。赤城を眺めて、家路を急ぐ
うっかりしてたけど今日は冬至。明日から少しずつ日が伸びる
ゆず湯の用意が間に合わなかった。カボチャは食べましょう。でも、これは違うね
2020年12月21日 21:08撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆず湯の用意が間に合わなかった。カボチャは食べましょう。でも、これは違うね
1
冬至のカボチャならこっち
2020年12月21日 21:11撮影 by DSC-W830, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬至のカボチャならこっち
1

感想/記録

*ランナーらしく走り回っていたころ、小梨峠を越えて日野に下る道もホームコースの一つだった。山道へはあまり入らなかったけど、山の中の林道は好きだった。毎回、小梨峠でクロスする尾根はちゃんと道があるのか、どこに出るのか、興味深々だったけど、入って行く勇気がなかった。
*山に登ることが増えたら、ちゃんとした登山道じゃないと怖いと思えてきて、あんまり探検する勇気がなかった。激ヤブ、崩落、岩峰で行き詰まるのが心配。
*名山・三角点ハント、ロングトレイル、旧街道でお題はきりがなく、一生かけても終わりそうもないので、探検どころじゃなくなっていたけど、行く先が遠くなり、往復の時間が大変。やはり地元探検も良いかも。と思いはじめたとき、mikaboさんのレコが上がった。これはぜひ行ってみたい!でもそのうち、かな・・・いやいや、今日はどこに行こうか考えたらやはり、これでしょ!昼からの遅い出発なので、短縮バージョンで。
この尾根、そんなに険しくなく岩場も1箇所だけなので身の危険はなかったけど、全くの未踏だったら心細くてたまらない。ありがとうございました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:122人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/7
投稿数: 863
2020/12/23 13:43
 逆ルートで小梨山
tabigarasuさん、こんにちは。

私のレコが参考になったかわかりませんが
早速歩いて頂き、ありがとうございました。

実は私は昨日、鎌取山から繋げて歩いてきました。
今回は工事中の林道探索と小梨山の逆ルート
鎌取山を繋げたから車道歩きが多くて…
やはり、この二山繋げる山ではなかったようです

今回は笹藪を回避して歩きました。
南斜面の笹が切れている場所を歩けば問題なし
また、あの岩場も北側に巻き道らしきものがあり
たぶん獣道?回避できそうです!
下りは落葉で滑りやすく
また不安なトラロープで意外と難儀しました。
登録日: 2012/11/26
投稿数: 121
2020/12/25 1:03
 レコは大助かりでした!
ほんとに、mikaboさんのレコがなかったら、ざっくり尾根伝いにといってもどこを歩いてよいかわからず難儀したと思います。そのまま進めるのか不安いっぱいになるし。マイナー三山のエリアは地元ですが、奥が深いですね。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ