また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2818425 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

足和田山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年12月26日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。
アクセス
利用交通機関
電車バス
行きは西八王子から河口湖まで高速バス。
帰りは河口湖から大月まで富士急行。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
43分
合計
5時間18分
S紅葉台入口バス停09:3309:53紅葉台展望台09:5610:24紅葉台10:3110:50三湖台10:5813:01足和田山13:0413:31段和山13:51東海自然歩道分岐13:5614:03機織り窪14:11大嵐天神社14:2314:27大嵐山14:2814:37羽根子山14:3914:41秋葉神社14:4214:47羽根子山登山口14:4814:51道の駅かつやまG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良く整備されている。
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

紅葉台入口。
2020年12月26日 09:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉台入口。
牧場が。
2020年12月26日 09:42撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場が。
富士山が見えた。
2020年12月26日 09:54撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見えた。
北側の山並み。
2020年12月26日 09:55撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の山並み。
コブシの冬芽?
2020年12月26日 10:05撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブシの冬芽?
西湖が見える。
2020年12月26日 10:13撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西湖が見える。
紅葉台からの青木ヶ原樹海。
2020年12月26日 10:25撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉台からの青木ヶ原樹海。
遠くに雪の付いた南アルプス。
2020年12月26日 10:32撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに雪の付いた南アルプス。
そして富士山。
2020年12月26日 10:33撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして富士山。
ホオノキの冬芽。
2020年12月26日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホオノキの冬芽。
三湖台から西側の眺め。青木ヶ原樹海の右奥に本栖湖が見える。
2020年12月26日 10:52撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三湖台から西側の眺め。青木ヶ原樹海の右奥に本栖湖が見える。
遠くに雪の付いた南アルプス。
2020年12月26日 10:53撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに雪の付いた南アルプス。
西湖と王岳。
2020年12月26日 10:53撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西湖と王岳。
鬼ヶ岳と十二ヶ岳。
2020年12月26日 10:53撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岳と十二ヶ岳。
青木ヶ原樹海。
2020年12月26日 10:57撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青木ヶ原樹海。
こちらから見える富士山は少し違って見える。
2020年12月26日 11:00撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらから見える富士山は少し違って見える。
1
穴の周りにつついた跡が残っている。
2020年12月26日 11:12撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴の周りにつついた跡が残っている。
マユミの赤い実が落ちていた。
2020年12月26日 12:03撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マユミの赤い実が落ちていた。
足和田山頂上。ここで救助活動を行うことになるとは。
2020年12月26日 12:08撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足和田山頂上。ここで救助活動を行うことになるとは。
下に河口湖が見える。
2020年12月26日 13:39撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に河口湖が見える。
富士山のピークが2つに見える。
2020年12月26日 13:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山のピークが2つに見える。
河口湖の街並み。
2020年12月26日 13:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河口湖の街並み。
だいぶ降りてきた。
2020年12月26日 14:07撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ降りてきた。
落ち葉のラッセル。
2020年12月26日 14:08撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉のラッセル。
天神社が見えた。
2020年12月26日 14:12撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神社が見えた。
お地蔵様。でも道を間違えた。
2020年12月26日 14:38撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵様。でも道を間違えた。
急な下り。
2020年12月26日 14:40撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な下り。
もう一息。
2020年12月26日 14:44撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一息。
登山口に着いた。
2020年12月26日 14:49撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に着いた。
のどかな河口湖畔。
2020年12月26日 14:50撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のどかな河口湖畔。
道の駅かつやま。
2020年12月26日 14:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅かつやま。
水鳥がいた。
2020年12月26日 15:21撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水鳥がいた。
さすが富士五湖、湖畔に岩が出ていた。
2020年12月26日 15:23撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが富士五湖、湖畔に岩が出ていた。
日が沈む。
2020年12月26日 15:29撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が沈む。

感想/記録
by visco

今日は特別な1日となった。
河口湖まで電車で行く予定であったが、コロナの影響で運行注意が出ていたので、急遽、高速バスで行くことにした。
スマホで検索すると幸い1席空きがあり何とか予約できた。
八王子からの乗車であったが、西八王子からのバスの乗り継ぎが3分しかなかったので、気が気ではなかった。
到着して急いで高速の乗車場に駆け上がったが、高速バスはなかなか来なくて、結局15分も遅れてきた。
何とか高速バスに乗ることができたが、今度は河口湖駅で次のバスとの待ち時間が5分しかない。
富士急ハイランドで多くの人が降りるのに時間がかかり、イライラしてしまった。
何とか河口湖には時間通りついたが、本栖湖行きのバスがいない。
案内所で聞くともうすぐ来ると思いますと、のんびりしたものである。
少し待つとバスが来て、やっと目的の紅葉台入口につくことができた。
登山口に着くまでにこんなにハラハラしたのははじめてである。
登りは広葉樹林帯の中、なだらかで広い登山道で、快適である。
この時期なので、葉っぱは全て落ち葉となっているが、木々の冬芽を見るのも楽しい。
紅葉台では視界が開け、南に富士山、西に青木ヶ原の樹海が見えた。
さらに三湖台まで登ると、富士山はもとより、青木ヶ原樹海が一面に広がり、その向こうに雪をたたえた南アルプスが望め、これまでに見たことがない眺めであった。
また、南には西湖の向こうに、鬼ヶ岳、十二ヶ岳がそびえていた。
途中、鳥の群れがいたが、枯葉を踏みしめる音で逃げてしまった。
ただ、コゲラがつついたとみられる木の穴がいくつか見られた。
足和田山について昼食をとっていると、女性がしきりに電話をしていた。
最初は気が付かなかったが、ベンチに男性が横たわっており、救助を頼んでいるようであった。
尋ねてみると、めまいがして動けなくなったので、救助ヘリを呼んだとのこと。
男性が寒そうにしているので、持っていた非常用のアルミ袋に入れてあげると暖かいとのことであった。
自分ではまだ使ったことがなかったが、持っていてよかった。
なかなかヘリが来なかったが、遠くからかすかにヘリの音が聞こえはじめ、だんだん近づいてくるのが分かった。
やっと木の間からヘリが見えたので、腕を振って合図をすると、真上にやってきた。
ものすごい風で、埃は舞い上がるし寒いし、アルミ袋がはちきれそうで抑えるのに大変であった。
救助隊員がロープで降りてきて、一度ヘリコプターは離れていった。
救助隊員は男性と女性に救助用のベストを着せたあと、再びヘリを呼び一人づつ抱きかかえて、ヘリまで引き上げ去っていった。
その時、救助隊員から女性の持っていたストックは持っていけないということで、私が下山する道の駅かつやまに預けることになつた。
これまでも山で何度かヘリの音を聞いたことはあるが、このようなことは初めてである。
予定外の時間を取ったが、帰りのバスの時間に余裕があったのが幸いした。
下りは針葉樹が多い登山道であったが、落ち葉も多く、落ち葉の中をラッセルするようなところもあった。
下りで気が緩んだのか、2回ほど道を間違えて引き返し、やっと道の駅かつやまについた。
預かったストックを店の主人にお願いして、ついでに干し柿と吉田のうどんをお土産に買った。
バス停は河口湖に面しており、時間があったので湖畔まで行ってみた。
太陽は山際まで降りてきていたが、西日に照らされた湖面は穏やかで、水鳥も泳いでいた。
今日は色々なことがあった一日であったが、最後は穏やかな気分で終えることができた。








お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:176人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ストック 紅葉 ホオノキ 地蔵 山並み
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ