また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2828125 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

ダイヤモンド富士狙いで「竜ヶ岳」へ

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年12月29日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間27分
休憩
4分
合計
3時間31分
S本栖湖キャンプ場06:1107:25石仏、見晴らし台08:08湖畔登山口・石仏分岐点08:0908:21竜ヶ岳08:2408:33湖畔登山口・石仏分岐点09:39本栖湖キャンプ場09:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

夜明け前、中央高速「河口湖IC」を降りると残距離は21km。国道139を西進して暗闇の中、本栖湖畔の「登山者専用駐車場」に駐車して 6時7分、ヘッドランプを点灯して暗い森へ出発。
2020年12月29日 06:08撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前、中央高速「河口湖IC」を降りると残距離は21km。国道139を西進して暗闇の中、本栖湖畔の「登山者専用駐車場」に駐車して 6時7分、ヘッドランプを点灯して暗い森へ出発。
約800m先の「竜ヶ岳登山道入口」標識地点から登山開始。100mほど高度を上げると薄明るくなりライトを仕舞う。
2020年12月29日 06:20撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約800m先の「竜ヶ岳登山道入口」標識地点から登山開始。100mほど高度を上げると薄明るくなりライトを仕舞う。
6時55分、標高約1130mの小ピークに上ると・・東に「富士山」がスッキリした山体を・・
2020年12月29日 07:01撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時55分、標高約1130mの小ピークに上ると・・東に「富士山」がスッキリした山体を・・
3
西に「本栖湖」が静かな湖面を、その先に僅かに赤く染まった南アルプス。暫し展望を楽しんで先へ進むと・・
2020年12月29日 14:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西に「本栖湖」が静かな湖面を、その先に僅かに赤く染まった南アルプス。暫し展望を楽しんで先へ進むと・・
1
右前に「竜ヶ岳」が姿を見せた。緩く下って緩く上る。
2020年12月29日 07:22撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右前に「竜ヶ岳」が姿を見せた。緩く下って緩く上る。
7時27分、標高約1230mの「あずまやと石仏」広場に着くと10人ほどがカメラを富士山に向けて日の出を待っていたが・・ここは冷風が強く吹き込むので先へ上っていくと・・
2020年12月29日 07:27撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時27分、標高約1230mの「あずまやと石仏」広場に着くと10人ほどがカメラを富士山に向けて日の出を待っていたが・・ここは冷風が強く吹き込むので先へ上っていくと・・
富士山に雲が懸かり始めた。更に上を目指す。
2020年12月29日 07:34撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山に雲が懸かり始めた。更に上を目指す。
1
7時40分、九十九折で登りながら富士山を眺めると・・山頂後ろが明るくなったが雲も増え始めた。先へ上る。
2020年12月29日 07:40撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時40分、九十九折で登りながら富士山を眺めると・・山頂後ろが明るくなったが雲も増え始めた。先へ上る。
7時47分、標高1320m辺りまで上った所で「ダイヤモンド富士」に対面。
2020年12月29日 07:49撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時47分、標高1320m辺りまで上った所で「ダイヤモンド富士」に対面。
4
富士山頂から朝日が昇る「ダイヤモンド富士」ゲット!!。
2020年12月29日 07:49撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山頂から朝日が昇る「ダイヤモンド富士」ゲット!!。
6
8時9分、朝日を受け、下山口になる「三分岐」を通過。
2020年12月29日 08:09撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時9分、朝日を受け、下山口になる「三分岐」を通過。
8時22分、「竜ヶ岳1485m」に到着。広場には15人ほどが休んでいたが風が強くて寒いので私たちは記録写真を撮って即、下山を開始。
2020年12月29日 08:22撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時22分、「竜ヶ岳1485m」に到着。広場には15人ほどが休んでいたが風が強くて寒いので私たちは記録写真を撮って即、下山を開始。
緩く下りながら東天を見ると・・雲に纏いつかれた富士山頂に雲間から朝日が差し込む荒々しいダイナミックな景観。
2020年12月29日 15:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩く下りながら東天を見ると・・雲に纏いつかれた富士山頂に雲間から朝日が差し込む荒々しいダイナミックな景観。
1
見ている間にも雲の様子が変化していく・・
2020年12月29日 15:20撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見ている間にも雲の様子が変化していく・・
1
一方、西遥かには・・雪を纏った南アルプスの山々がシャープな姿。
2020年12月29日 08:30撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一方、西遥かには・・雪を纏った南アルプスの山々がシャープな姿。
1
8時33分、三分岐は「←湖畔登山口」標識に従い左折。
2020年12月29日 08:33撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時33分、三分岐は「←湖畔登山口」標識に従い左折。
西斜面へ移ると強風が遮られ、背後から朝日が差し込み、眼下に本栖湖を見下ろせるので気持ちよく下山を開始したが・・
2020年12月29日 08:36撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西斜面へ移ると強風が遮られ、背後から朝日が差し込み、眼下に本栖湖を見下ろせるので気持ちよく下山を開始したが・・
高度差約600mのこの裸木ばかりの急斜面は展望が得られなくなり、唯々下る。
2020年12月29日 09:01撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度差約600mのこの裸木ばかりの急斜面は展望が得られなくなり、唯々下る。
「ミズナラの巨木」看板の老木を通過すると下に車道が見えた。
2020年12月29日 09:29撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ミズナラの巨木」看板の老木を通過すると下に車道が見えた。
1
9時29分、「湖畔登山口」に降り、
2020年12月29日 09:30撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時29分、「湖畔登山口」に降り、
車道で「本栖湖湖畔」を北へ進む。
2020年12月29日 09:35撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道で「本栖湖湖畔」を北へ進む。
9時40分、車に戻ると車はまだ40台以上も残っていた。
往路で帰路に就いて 11時30分には無事帰宅。
2020年12月29日 09:41撮影 by DMC-GF5, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時40分、車に戻ると車はまだ40台以上も残っていた。
往路で帰路に就いて 11時30分には無事帰宅。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:244人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ミズナラ ダイヤモンド富士
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ