また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2836164 全員に公開 ハイキング 中国

龍王山(岡山県岡山市:最上稲荷)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年01月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間44分
休憩
55分
合計
3時間39分
Sスタート地点12:0113:08龍泉寺13:3214:32龍王山15:0315:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道は分かりやすく、危険箇所もないが、龍王山登山口からの道は落ち葉と坂で、下りは滑るかも。
いくつかロープが張られている箇所もあり。
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

写真

最上稲荷に向かう道にある大鳥居。
ここからまだまだ進む
2021年01月02日 11:30撮影 by iPad Pro (11-inch), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最上稲荷に向かう道にある大鳥居。
ここからまだまだ進む
龍泉寺にある各干支の守護像。
超可愛い
2021年01月02日 13:07撮影 by iPad Pro (11-inch), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍泉寺にある各干支の守護像。
超可愛い
1
龍泉寺の駐車場敷地にある太閤の腰掛岩。
全体を撮りたかったが、真ん前に車が停められていた。
高松城を水攻めする際、秀吉が腰掛けたと言う岩。
2021年01月02日 13:15撮影 by iPad Pro (11-inch), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍泉寺の駐車場敷地にある太閤の腰掛岩。
全体を撮りたかったが、真ん前に車が停められていた。
高松城を水攻めする際、秀吉が腰掛けたと言う岩。
ここで滝行ができる様子。
寒中滝行でもらえるパワーは夏の比じゃない!!
寒中滝行サイコー!
みたいな看板があったが、
ここで事故が起きてもうちには一切責任ないんで、という立札も複数あった。
2021年01月02日 13:27撮影 by iPad Pro (11-inch), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで滝行ができる様子。
寒中滝行でもらえるパワーは夏の比じゃない!!
寒中滝行サイコー!
みたいな看板があったが、
ここで事故が起きてもうちには一切責任ないんで、という立札も複数あった。
龍王池
池の全体像が龍っぽい形をしているらしい。
2021年01月02日 13:45撮影 by iPad Pro (11-inch), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍王池
池の全体像が龍っぽい形をしているらしい。
1
三角点は、細い道路を挟んで、石碑群の向かいにあった
2021年01月02日 14:41撮影 by iPad Pro (11-inch), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は、細い道路を挟んで、石碑群の向かいにあった
拝殿横にある、石碑が林立した敷地。
この狛犬さん、なんか男前だなと思ったら、ストレートヘアーじゃないか。
院そのものは寺だったようだが、拝殿で思い切りパンパンしてしまった。
2021年01月02日 14:43撮影 by iPad Pro (11-inch), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拝殿横にある、石碑が林立した敷地。
この狛犬さん、なんか男前だなと思ったら、ストレートヘアーじゃないか。
院そのものは寺だったようだが、拝殿で思い切りパンパンしてしまった。
1
しばらくウロウロして見つけた階段を少し降りたところ。
工事中の場所だと思って確認しなかったところが、下へ向かう階段だった。
2021年01月02日 15:05撮影 by iPad Pro (11-inch), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくウロウロして見つけた階段を少し降りたところ。
工事中の場所だと思って確認しなかったところが、下へ向かう階段だった。
1
鳴谷川遺跡。
水攻めの際、ここの川の水も流し込んだれ!ってことで工事していたらしい。
2021年01月02日 15:34撮影 by iPad Pro (11-inch), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴谷川遺跡。
水攻めの際、ここの川の水も流し込んだれ!ってことで工事していたらしい。

感想/記録
by anna70

整備されているっぽいので、普通のスニーカーにストックなしで挑戦した。
登山口まで自転車で行き、最上稲荷まで降りて徒歩で登山口まで戻る心算だったが、想像していたよりも遠い。
なので、最上稲荷に参るのはやめて、往復しようと思った。
が、行きに利用した登山道は下りだとドングリころころ状態になること必至と判断して、奥の院から降りることに。
こう言う時はヤマレコありがとう、と思うけれど、本当は現地でのルート変更って発生しないように計画練られるのが一番なんだよなあ。

最上稲荷は子供の頃に来たことがあるが、奥の院に来たことはなかったと思う。
新しくてキラキラした最上稲荷よりも、奥の院から龍泉寺エリアの方が好みだった。
人も少なめでゆっくりできたし。
でも来年は三ヶ日を外して八畳岩やらなんやらあるらしい、最上稲荷エリアを歩いてみようかな。

今回、脳内再生曲は、デュランデュランの「プリーズ・テル・ミー・ナウ」だった。
何故だ。

ときに、年末に体内筋肉測定的なものを受けたところ、下半身、特に右脚が年齢平均以下という結果が出た。
マジか。
転びやすいのはそのせいかも、ということで、椅子から片足立ちを始めることにした。
頑張ろう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:128人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ストック 三角点 奥の院
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ