また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2838767 全員に公開 山滑走 積丹・ニセコ・羊蹄山

羊蹄山(喜茂別)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年01月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候雪のち風雪強い
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
15分
合計
4時間45分
S喜茂別登山口04:4008:20羊蹄山08:3509:25喜茂別登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

この先に極寒の地獄が待っていた
2021年01月03日 07:27撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先に極寒の地獄が待っていた
2
試練の登りが続く。
−17℃だが、無風で−30℃の天人峡−トムより寒かった。
山のコンディションは風が全て
2021年01月03日 07:38撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
試練の登りが続く。
−17℃だが、無風で−30℃の天人峡−トムより寒かった。
山のコンディションは風が全て
10
地獄ゴーグルが凍ってきた…
吹き荒れるブリザードは南極みたいだった。
行った事ないけど…
2021年01月03日 08:09撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄ゴーグルが凍ってきた…
吹き荒れるブリザードは南極みたいだった。
行った事ないけど…
8
太陽が背中を押してくれた。
心を燃やせ!
この一瞬が無かったら敗退だった
2021年01月03日 07:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が背中を押してくれた。
心を燃やせ!
この一瞬が無かったら敗退だった
19
ボッコは無風で静かに僕たちを受け入れてくれた
2021年01月03日 08:21撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボッコは無風で静かに僕たちを受け入れてくれた
7
今日は充実感というか達成感を一入強く感じた
2021年01月03日 08:22撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は充実感というか達成感を一入強く感じた
5
逆から撮影
2021年01月03日 08:26撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆から撮影
4
着いたぜベイビー
新年明けましておめでとうございます!皆様にとって幸多き年になりますように。
2021年01月03日 08:27撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたぜベイビー
新年明けましておめでとうございます!皆様にとって幸多き年になりますように。
41
やっと視界が出たのに!
モナカのバカーっ!! (怒)
2021年01月03日 08:50撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと視界が出たのに!
モナカのバカーっ!! (怒)
9
ここからはドパウヒャッホー
2021年01月03日 08:56撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはドパウヒャッホー
5
森スキーはパラダイス銀河
2021年01月03日 08:57撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森スキーはパラダイス銀河
8
今日もこの一杯のために振り絞った
2021年01月03日 11:46撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もこの一杯のために振り絞った
15

感想/記録

いや〜寒かった〜!
下は雪が降っていたからジャケット着て、フードも被っているので汗が出ないペースで登ったつもりでいた
1300辺りで吹き下ろしの風が強くなり、かなり手が冷たくなってグローブを交換して、バラクラバ、メット、ゴーグルを装着しても手が回復しないので、非常用のナノパフ(化繊のダウンもどき)まで来ても、なかなか回復してくれなかった…
寒さに強いシロさんでも手足が冷たがっていたので、「もう撤退しましょう!」の言葉が来るのを待っていたが、最後まで出なかったから山頂まで行ってしまった…笑
ボッコで写真撮って直ぐに退散にするが、視界が無く我慢の滑りが続いた
1400辺りで楽しい時間になる予定も、風のお陰でモナカで疲れた
900まで降りるとサラサラパウダーが現れたが、木と薮がジャマで楽しさは半減だった
車に着いてジャケットを脱ぐとバリバリに凍っていて割れるかと思った
片付けて温泉に直行すると今日も手足に心臓が沢山あった…頑張った手足よ!ありがとう!

今日は良い耐寒訓練だったから、次回の為に対策を考えよう
かなり凍えてしまったけど、何だかんだで今日も地味に楽しかったし、新しいカメラが凍死しなくて良かった!

シロさんありがとでした!

ビールで録画した紅白とゆく年くる年見ます 笑

感想/記録

新年1発目はコンさんともちろん羊蹄へ。深々と雪が降っておりアウターを脱げないので汗を掻かないように控えめのペースで登っていく。気温が低く羽毛の様にフワフワの軽い雪なので帰りが楽しみだ。
森を抜け1100を超えると正面から風が吹き下ろしてきて滅茶苦茶寒い、というか超絶寒い。耐えきれなくなりまさかの1300でヒーヒー言いながら地獄装備に換装しもう安心。と思ったが1400からガス&ブリザードの地獄モードになり体と頭は大丈夫だが手と足の指先がみるみるうちに凍っていきマジで捥そうだ。
凍傷の危険を感じたので何度もお互い止まって指を温めて回復させながら進む。コンさんとは長い付き合いだが寒さでこんなに辛そうしているのを初めて見た。
ブリザードが正面、右、左と交互に容赦なく叩き付けてきて地獄ゴーグルが凍ってきた…やめる理由を探しながら一歩一歩足を前へ出す。コンさんが”もうやめよう”って言ってくれないかなぁと思っていたが、コンさんも同じ事を考えていたらしい(笑)
辛抱の登りを続けていくと急に周囲が明るくなり後ろから太陽が照らしてくれた。一瞬だったがこのお陰で、新年1発目から負けてたまるか!とスイッチが入り、ここまできたら絶対ピークを踏みましょう!とコンさんに告げる。
1700くらいから風は収まりガスも少し薄くなりボッコは静かに僕達を迎え入れてくれた。

記念撮影したらシールを剥がしてさっさと帰って温泉で生き返ろう。雪は切れるが薄いスラブなので沢に入れそうだが如何せん視界が無いので、セーフティーに薄く雪の付いている箇所を狙い尾根を滑っていく。
しかし1600からは再び地獄になり地吹雪とガスで視界0、止まっているか動いているのか、宙に浮いているのかも分からない。必死のデラガケで降りて1400から徐々に視界が戻り、いつもは忌まわしいモジャモジャ藪とポコが見えた時はホっとした。
今日は1400〜1600がデスゾーンだったらしい。こんな所を登ってきた俺らバカだわーと、つい呟いてしまった(笑)
ここからもモナカ気味で試練の滑走が続くが最後だけご褒美が残っており、900からフワフワのドライパウダーに変わり楽しい森スキーで無事に帰還を果たした。
新年1発目から極寒の地獄で刺激的だったが、やっぱり来て良かったと思ってしまう羊蹄先生でした。

thanks コンさん
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:779人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ