また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2846584 全員に公開 ハイキング 奥秩父

奥武蔵 秩父 二子山(クレイジーなほうの)直登コース、大寒波が来る前に登っちゃお!

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年01月06日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り一時小雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
皆野寄居有料道路経由、西秩父林道で二子山北の登山口に行きます。ここはクライマーさんたちの入口です。
誰にも会わない一日でした。
本日は8,613歩でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間6分
休憩
57分
合計
3時間3分
S二子山倉尾登山口11:0911:16股峠11:1911:41二子山 東岳11:4512:04股峠12:1512:53三等三角点 / 二子山13:0213:21二子山13:4913:56ローソク岩13:5714:06股峠14:11二子山倉尾登山口14:1214:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
二回目の股峠でお昼にしましたが、寒くて早々に出発します。
気温は−2℃で、風が少しありました。
全体に危険個所が多いので、あまり早くは歩けません。
コース状況/
危険箇所等
登山口周辺には分散して15台ほど停められます。登山口には登山ポストはありません。そこから股峠までは5分程です、東岳には急登が待っています。
東岳への中間地点の辺りに鎖場があり、スタンスをよく見ながら確実に登ります、帰りもここを降りましたが、条件が悪ければかなり危険です。下の方がすぽっと抜けています。
股峠から西岳へは急な登山道を5分も登れば大きな岸壁が現れますので、私の場合は直登ルートに行きますので、左に行きます。すると篤志家さんが取付けた鎖を撤去した旨の案内がありますので、その辺りからクライムゾーンになります。全体にかなり緊張させられる岩登りになります。ホールドはかなりしっかりしているので、ゆっくり3点支持で登りましょう。傾斜は70度くらいでしょうか、高度差100メートル?位、途中の一箇所でスタンスがグラグラしているところが有りますので確実に3点支持で登りましょう。左に落ちれば、あちらの世界。右に落ちれば、全身打撲。グレードはRCC兇埜世┐弌2級上くらいです。恐くても降りるのは危険です。西岳東峰に飛び出したときは、ほっとしました。でもまだまだこの先ナイフリッジが続きます。兎に角、進行方向左に落ちれば、着地は100メートル以上、下になります。これが西岳西峰まで続きます。西峰からの下山路にも鎖、ロープ場が有りますのでそれを降りてトラバースルートに出るまでは油断しないで下さい。
その他周辺情報時間が無いので、よく見ていません、ごめんなさいm(_ _)m

写真

志賀坂峠方面に少し行ったところから、二子山を見ると急に立ち上がった岩峰が見られます。
2021年01月06日 10:40撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志賀坂峠方面に少し行ったところから、二子山を見ると急に立ち上がった岩峰が見られます。
西秩父林道を東進するとここ、北登山口に着きます。
今日は10台ほど停まっています。
2021年01月06日 11:08撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西秩父林道を東進するとここ、北登山口に着きます。
今日は10台ほど停まっています。
北登山口から五分ほどで股峠に着きます。ここから東峰へ登ります。急登です
2021年01月06日 11:14撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北登山口から五分ほどで股峠に着きます。ここから東峰へ登ります。急登です
15分も登れば振り返って、西峰が見えてきます。切り立っていますね。
2021年01月06日 11:28撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分も登れば振り返って、西峰が見えてきます。切り立っていますね。
前の写真を撮った所のすぐ上の岩場です。
下の方に金属のステップが有りますがそのまま登ると足が逆足になるので一度金属の左下に左足を置くとスムーズに行くようです(人によります)
2021年01月06日 11:29撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の写真を撮った所のすぐ上の岩場です。
下の方に金属のステップが有りますがそのまま登ると足が逆足になるので一度金属の左下に左足を置くとスムーズに行くようです(人によります)
2
雪や雨の時などはビレイして登るのですかね?
2021年01月06日 11:31撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪や雨の時などはビレイして登るのですかね?
1
東岳に到着です。
先が有るので直ぐに降ります。
2021年01月06日 11:42撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東岳に到着です。
先が有るので直ぐに降ります。
小雪が舞ってきました。
この分では一般ルートに変更しようかな、、、
2021年01月06日 11:49撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雪が舞ってきました。
この分では一般ルートに変更しようかな、、、
1
道は凍っていないので、直登ルートを選びます。
鎖は全部撤去したそうです。
大丈夫かな?
2021年01月06日 12:26撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は凍っていないので、直登ルートを選びます。
鎖は全部撤去したそうです。
大丈夫かな?
ボルトは打ってありますが、ハーネスはもとよりガチャ類は一切持ってきていませんので、突っ込んだのはいいけれど、かなりな岩場が待ち構えていました。
もう戻れない!
戻る方が危険だ!
グラグラする岩もあるし、、、
2021年01月06日 12:30撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボルトは打ってありますが、ハーネスはもとよりガチャ類は一切持ってきていませんので、突っ込んだのはいいけれど、かなりな岩場が待ち構えていました。
もう戻れない!
戻る方が危険だ!
グラグラする岩もあるし、、、
1
左は絶壁、落ちれば、、、、、、
2021年01月06日 12:47撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は絶壁、落ちれば、、、、、、
2
よっ!
西岳の三等三角点峰です。
念の為にヘルメットをかぶっています。
ヘルメットは南アの鋸に行くために二年前に買ったものですが、いまだに鋸は登れていません。
その内にね!
2021年01月06日 12:53撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よっ!
西岳の三等三角点峰です。
念の為にヘルメットをかぶっています。
ヘルメットは南アの鋸に行くために二年前に買ったものですが、いまだに鋸は登れていません。
その内にね!
1
西岳西峰に向かうナイフリッジです。
危ない所ではシャッターを切れないので、歩き易い所で撮っています。
左は絶壁です。
2021年01月06日 12:56撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳西峰に向かうナイフリッジです。
危ない所ではシャッターを切れないので、歩き易い所で撮っています。
左は絶壁です。
3
心配していた雪も少しあります。
2021年01月06日 12:59撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心配していた雪も少しあります。
1
振り返りで西岳中央峰です、右下のローソク岩の左にクライマーが見えていますね。
2021年01月06日 13:06撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返りで西岳中央峰です、右下のローソク岩の左にクライマーが見えていますね。
3
さあ行きますか!
2021年01月06日 13:15撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ行きますか!
2
振り返りで辿ってきた岩稜です。
2021年01月06日 13:23撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返りで辿ってきた岩稜です。
3
これから行く岩稜は西岳西峰です
2021年01月06日 13:24撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行く岩稜は西岳西峰です
2
西峰からは左に折れて、ここを降ります
2021年01月06日 13:35撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西峰からは左に折れて、ここを降ります
1
立派なステップ。これはありがたいですね。
2021年01月06日 13:37撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なステップ。これはありがたいですね。
1
帰りは岸壁下のトラバースルートです。
2021年01月06日 13:43撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは岸壁下のトラバースルートです。
ここが本当のトラバースルートの分岐です。
右上の小さい字(マジックの)で股峠に行く道が分かります。
2021年01月06日 13:48撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが本当のトラバースルートの分岐です。
右上の小さい字(マジックの)で股峠に行く道が分かります。
樹林の中の踏み跡、初めは薄いふみ跡でした。
分岐からはアップダウンの有る道でした。
2021年01月06日 13:55撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の中の踏み跡、初めは薄いふみ跡でした。
分岐からはアップダウンの有る道でした。
ローソク岩入り口が有ります。
2021年01月06日 13:59撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ローソク岩入り口が有ります。
傾斜ハングです。
こういうのを見ると昔を思い出します。
2021年01月06日 14:03撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜ハングです。
こういうのを見ると昔を思い出します。
1
股峠まで帰りました、帰りは早いです。
安全ですからね!
2021年01月06日 14:07撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
股峠まで帰りました、帰りは早いです。
安全ですからね!
北登山口に着きました。
事故が無くてよかった、よかった。
2021年01月06日 14:12撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北登山口に着きました。
事故が無くてよかった、よかった。
1

感想/記録

先月近くの諏訪山に登った時に、すごい岩峰が有るのを見て、登山口までは見ておきましたので、今回は迷わずに到着しました。
途中の集落の所に雪が消えないところが有ったので、山は凍っているのかと、心配でしたが登山道を歩いてみると何とか滑らずに登れそうでしたので、直登コースを登ることが出来ました。
もう岩登りはしないつもりでしたが、女性でも楽しかったとかのレコが有りましたので、楽勝かなと思っていたら、結構しょっぱい岩稜が続きますので(特に直登部分)三点支持を守ってゆっくり歩くように心がけました。
対向者が来ても慌てないで確実に歩くことが必要です。
もし事故ったら救助は困難ですので、登る予定の方はよく考えて登ってください。
晴れた気候の良い時期がお勧めです。
出来れば同行者が有ればなお良いです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:507人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/8/11
投稿数: 442
2021/1/6 19:27
 はやくー!
yahiro1621さん、あけましておめでとうございます!

クレイジーな方だー。
早くレコ、アップ希望!
憧れの山ですー!

てか、めちゃカッコいい♡
やっぱ、最終的には藪岩だなー。
登録日: 2016/12/11
投稿数: 54
2021/1/6 21:37
 Re: はやくー!
明けましておめでとうございます。
お元気な様子で安心です。
もしここに行くなら、テイーチャーさんクラスの実力のある方と行くようにしてください。ハーネスとお助けロープは持参した方が良いでしょう。ヘルメットもね!
一般コースでも緊張します。
冬は登れる山が限定されますのでこれからはどこに登ろうか、私には思案の毎日です。
それではご安全に!
登録日: 2020/1/10
投稿数: 33
2021/1/9 15:57
 dojifuji
凄いとこを上ったのですね、昔を思い出しましたか?無理はしないでください。
登録日: 2016/12/11
投稿数: 54
2021/1/9 20:54
 Re: dojifuji
明けましておめでとうございます。
この山は思った以上に半バリエーションルートでした。
ハイキング程度の山と思っていましたが、上級者(直登)ルートはフリーでは2級上です、ロープなしでは緊張します。
何しろ、しくじった時は重傷以上になると思います。
多くの皆さんは夢中になって登ると思いますので、あまり気にしないのかもしれません。
でも数々の事故を知っている身としては、慎重にと思ってしまいます。
これからは安心ルートを登ることを心がけますので、よろしくお見守りください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ