また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2869207 全員に公開 雪山ハイキング 志賀・草津・四阿山・浅間

烏帽子岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年01月18日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間37分
休憩
11分
合計
4時間48分
S烏帽子岳登山口09:4410:02臼窪湿原分岐10:13臼窪湿原・湯の丸山方面交差10:1410:49小梨平分岐10:5212:08烏帽子岳12:1213:03小烏帽子岳13:37小梨平分岐13:3914:08臼窪湿原・湯の丸山方面交差14:16臼窪湿原分岐14:29烏帽子岳登山口14:3014:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登りに、多分冬しか登れない道っぽい所を歩いてしまったので、時間は参考になりません。でも、ふかふかで景色も良く、樹の下を這いつくばる苦労さえ厭わねばお勧めです。
コース状況/
危険箇所等
たっぷりの積雪ですが、登りはツボ足でした。下りに軽アイゼン:スノーシューは歩荷訓練。
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

写真

地蔵峠の駐車場:風がないので特に寒いという感じはなかった。予定より薄着にした。
2021年01月18日 09:24撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠の駐車場:風がないので特に寒いという感じはなかった。予定より薄着にした。
烏帽子への道にトレースが付いたかどうか怪しいので、スノーシュー持参。
2021年01月18日 09:40撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子への道にトレースが付いたかどうか怪しいので、スノーシュー持参。
いつも、ここで雪にハマルのだが今日はスノーシューいらないね。後から思えば、この辺にスノーシューはデポしちゃえば良かったな。
2021年01月18日 10:00撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも、ここで雪にハマルのだが今日はスノーシューいらないね。後から思えば、この辺にスノーシューはデポしちゃえば良かったな。
1
烏帽子岳への道、トレースがあるのでこちらに進みます。
2021年01月18日 10:14撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳への道、トレースがあるのでこちらに進みます。
1
シッカリトレース有り。沈みません^^v
2021年01月18日 14:04撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シッカリトレース有り。沈みません^^v
霧氷がいいなー 樹氷よりも好きです。
2021年01月18日 10:14撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷がいいなー 樹氷よりも好きです。
2
スキーの足跡は有りがたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーの足跡は有りがたい。
湯の丸山のベルト道:八ツは見えましたが富士山は雲の中っぽい。
2021年01月18日 10:31撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の丸山のベルト道:八ツは見えましたが富士山は雲の中っぽい。
おおー、烏帽子が観えしたよ。
2021年01月18日 10:47撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおー、烏帽子が観えしたよ。
湯の丸山と烏帽子岳のコル
2021年01月18日 10:49撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の丸山と烏帽子岳のコル
コル:椅子になっている岩も雪の下:私の前にスキーで歩く人が入っていので、彼の足跡でしょう。
2021年01月18日 10:49撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コル:椅子になっている岩も雪の下:私の前にスキーで歩く人が入っていので、彼の足跡でしょう。
振り返って湯の丸山。
2021年01月18日 10:48撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って湯の丸山。
霧氷と雲
2021年01月18日 10:49撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷と雲
繊細な白樺の霧氷:拡大してみてね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
繊細な白樺の霧氷:拡大してみてね。
1
沈み始めますが、ツボ足で問題なし。
2021年01月18日 11:04撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沈み始めますが、ツボ足で問題なし。
夏道と違うところに道が出来ていたので、トレースの跡と分かれて進む。冬しか歩けない道は魅力です。
2021年01月18日 11:33撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道と違うところに道が出来ていたので、トレースの跡と分かれて進む。冬しか歩けない道は魅力です。
そして誰もいなくなった・・・ バージンスノーはラッセルする甲斐あるね、とこの辺ではお気楽だった。
2021年01月18日 11:12撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして誰もいなくなった・・・ バージンスノーはラッセルする甲斐あるね、とこの辺ではお気楽だった。
ラッセルよりも、こういう木の下を這いつくばる様に潜るのがキツイ。
2021年01月18日 11:19撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセルよりも、こういう木の下を這いつくばる様に潜るのがキツイ。
これでも道なので、樹の下を潜ります。時々、どかっとハマっても、ここでは誰にも拾って貰えないと思うと恐怖だった。
2021年01月18日 11:22撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これでも道なので、樹の下を潜ります。時々、どかっとハマっても、ここでは誰にも拾って貰えないと思うと恐怖だった。
やっと、樹林の下から抜け出し、稜線も近いかとほっとする。
2021年01月18日 11:12撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、樹林の下から抜け出し、稜線も近いかとほっとする。
振り返れば、スキー場が観える。
2021年01月18日 11:14撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば、スキー場が観える。
やっと、霧氷が綺麗と思う余裕が出来た。
2021年01月18日 11:26撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、霧氷が綺麗と思う余裕が出来た。
早く夏道に合流したいと願いながら歩くも、気配もなし。ヤマレコでGPS眺めたら、どうやら稜線に直で出るまで進むしかないみたい・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早く夏道に合流したいと願いながら歩くも、気配もなし。ヤマレコでGPS眺めたら、どうやら稜線に直で出るまで進むしかないみたい・・・
おおー、あそこが稜線だ! 登頂より嬉しかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおー、あそこが稜線だ! 登頂より嬉しかった。
稜線に出た!あれは小烏帽子かと思って進んだら、烏帽子岳本体だった。小烏帽子を抜かして飛び出したとは、きついはずだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出た!あれは小烏帽子かと思って進んだら、烏帽子岳本体だった。小烏帽子を抜かして飛び出したとは、きついはずだ。
2
登頂!根子岳四阿山バックに。
2021年01月18日 12:08撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂!根子岳四阿山バックに。
3
北アルプス方面は雲の中。
2021年01月18日 12:08撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス方面は雲の中。
小烏帽子に八ヶ岳:富士山はお預けだ。
2021年01月18日 12:09撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小烏帽子に八ヶ岳:富士山はお預けだ。
烏帽子岳の少し下の岩影:ランチ場所にて。
2021年01月18日 12:20撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳の少し下の岩影:ランチ場所にて。
雲が出て来た:登りには通らなかった小烏帽子岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が出て来た:登りには通らなかった小烏帽子岳。
雲が増えていく。
2021年01月18日 13:09撮影 by SH-02M, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が増えていく。
山が翳ってしまったと太陽をみると、周りに見事な彩雲。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山が翳ってしまったと太陽をみると、周りに見事な彩雲。
この所の雪山で、毎回のように彩雲に出会う幸運。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この所の雪山で、毎回のように彩雲に出会う幸運。
1
太陽が動くと形が色が違うので、ずいぶん粘ってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が動くと形が色が違うので、ずいぶん粘ってしまった。
2
モクモクも可愛いね。木に寄ってみな違うからいっぱい撮りたかったが、寒くてこれだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モクモクも可愛いね。木に寄ってみな違うからいっぱい撮りたかったが、寒くてこれだけ。
1
私は、この木々が本当に綺麗だと思う。写真に出せないので、実際に観た人だけの特権だろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私は、この木々が本当に綺麗だと思う。写真に出せないので、実際に観た人だけの特権だろう。
2

感想/記録

土曜日に降った雪で、とても綺麗でした。ここは霧氷が好い山なので期待したのですが、少し溶けてしまい残念。
夏道を歩けば楽だったと思うのですが、降りてみれば楽しかったと思えます。あちらでは途中でアイゼン付けられるような所がありません。ツボ足では少々滑ります。
登りは稜線に出るまでは風が驚くほどなかったのですが、山頂では風が強くゆっくり写真を撮っていられませんでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:289人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ