また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2871643 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 丹沢

塔ノ岳 / 丹沢表尾根縦走

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年01月20日(水) [日帰り]
メンバー
 yamabico(感想)
 ohana55(記録)
, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
新宿〜秦野:小田急線
※丹沢フリーパス(大山ケーブルなしのBチケット1560円)でバス代混み、お得です。
秦野〜ヤビツ:バス
※平日は始発08:25発
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間27分
休憩
1時間5分
合計
7時間32分
Sスタート地点09:1009:28富士見橋09:2910:38二ノ塔10:4410:57三ノ塔10:5811:08三ノ塔地蔵菩薩11:0911:28烏尾山荘11:36烏尾山11:54行者ヶ岳11:5512:08行者の鎖場12:0912:15政次郎ノ頭12:35書策新道分岐12:3612:46新大日茶屋12:4813:00木ノ又小屋13:0213:03木ノ又大日13:29塔ノ岳14:0914:10尊仏山荘14:1214:15塔ノ岳14:1714:31金冷シ14:35花立14:41花立山荘14:58天神尾根分岐14:5915:13堀山の家15:1515:23堀山15:30駒止茶屋15:3115:47一本松15:59見晴茶屋16:03雑事場ノ平16:14観音茶屋16:1516:30丹沢クリステル16:34どんぐり山荘16:42大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
積雪、凍結箇所なし。
木ノ又小屋は工事中で、「トイレ新しくなるから待っててね〜」と工事の方がナイスな笑顔で教えてくれました。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし
凍結、積雪なし

写真

次は大山行こう!と、始まって間もないのに次回計画を練る欲しがりの2人
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は大山行こう!と、始まって間もないのに次回計画を練る欲しがりの2人
4
絶好の丹沢日和!
ニノ塔で青空と富士山に歓声
2021年01月20日 10:59撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶好の丹沢日和!
ニノ塔で青空と富士山に歓声
3
撮影が終わりません
2021年01月20日 10:59撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮影が終わりません
3
やっぱり富士山は雄大で美しい
道中は富士山への愛を三人三様に口にしていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり富士山は雄大で美しい
道中は富士山への愛を三人三様に口にしていた
3
ポクポク
2021年01月20日 12:13撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポクポク
3
縦走路にテンションがダダ上がり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路にテンションがダダ上がり
3
13:30到着!
爽やかで気持ちいいがじっとしていると寒い
2021年01月20日 13:29撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:30到着!
爽やかで気持ちいいがじっとしていると寒い
2
昼ごはんを食べ終わった頃には富士山は水墨画のようになっていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼ごはんを食べ終わった頃には富士山は水墨画のようになっていた
3
大倉尾根は金色
2021年01月20日 15:24撮影 by POT-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根は金色
2

感想/記録

元旦の鉄砲ノ頭&三国山に続き、K、J、Yの3人で丹沢へ。積雪も凍結もなく、穏やかで気持ちのいい絶好のハイク日和でした。

密を避けるため平日を選択。
土日と違って始発バスが一本遅く下りは日没過ぎるかなと思っていましたが、登山経験が一番ないはずのKさんの身体能力が段違いで、安定した力強いペースメイクに先導され明るいうちに降りてこられました。

「日頃の行い、そんなに良かったっけ」と戸惑うほどの晴天で、富士山や登山への愛を語らい、身体能力を上げるトレーニングを語らい、隊の名前を「おこじょ」にするなど論議し、とにかく楽しい山行でした。
(マスクとソシャデはキープ)

二ノ塔手前のベンチで会った「じつはね〜」を何度も繰り出すボーイ(4歳)も最高に可愛かった! 
お山では抱っこは封じられすべて自力で歩くそうで、ぴょんぴょん跳ねながら一生懸命話す様子にメロメロになってしまいました。
この子の未来に幸あれと願わずにはいられない。そのまますくすく大きくなるんやで〜。

帰りは「山降りると何食べたい?」から始まって「焼肉!」「にく」「シャトーブリアン」「ハラミだけでもいい」と肉談義が止まらなくなった3人。だがしかし焼肉飲み会をするわけにもいかないご時世なので、大人の良識をもって大人しく解散したのでした。

また行きましょ〜(^^)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:225人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テン 山行 縦走 ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ