また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 28779 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

川苔山と蕎麦粒山

日程 1998年11月01日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れていた
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7:00?古里駅−赤杭尾根−11:00?川苔山−13:30蕎麦粒山−
16:00東日原
コース状況/
危険箇所等
いいコースでした。

感想/記録

一時期、東京の西の方に住んでいまして、時間とお金があれば奥多摩の山に登りに行っていました。
父も東京出身で、若い頃はよく奥多摩を歩いたようです。紅葉の美しい山行でした。
父の山行記録を参考に、私自身の記憶も織り交ぜて書きました。

           以下記憶文

父と西武線の始発に乗り、古里駅につく。駅前のコンビニで弁当をかい、道標にしたがって尾根に入る。
杉林の中をじわじわ登る。
尾根にでると、広葉樹の林に変わる。明るい黄葉の林だった。
大岳山や御前山が時々見える。
父は長年のメタボがたたり、このあたりはかなりきつかったようだ。
川苔山をみて、「複雑な山だ」と思った。沢や尾根の入り組み方が独特だった気がする。
出発から4時間で川苔山頂についた。
雲取山が日原の谷の上に尾根を広げていて、石尾根や長沢背稜、飛竜が見えた。
三つ峠方面や大菩薩も見えていたようだ。
このあと、踊平に正午につく。
蕎麦粒まではほとんど人と会わず、黄葉の中、落ち葉を踏みしめながらの静かな尾根歩きを楽しんだ。
蕎麦粒の山頂はほとんど展望はなかった。
帰りのバスまで時間がなく急ぎ足で下る。
一杯水避難小屋の雰囲気が好ましかった。
ヨコスズ尾根を下る。ブナの林から次第に植林の急な下りとなり、コースタイムを30分短縮するペースで東日原に着いた。
立川で父と打ち上げの夕食をたべ、群馬に戻る父と別れた。
訪問者数:675人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

避難小屋 紅葉 ブナ 山行 道標 縦走

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ