また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2884165 全員に公開 ハイキング 東海

坂祝駅〜迫間山〜八木山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年01月30日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
39分
合計
7時間4分
S坂祝駅07:5408:11猿啄城駐車場08:1809:53迫間不動 奥の院10:01迫間山10:2610:44多賀坂峠10:4711:38健脚のみち登山口13:21八木山13:2213:41双子山13:4214:11愛宕山14:1314:58羽場駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
元々は1/24に山登りに行くつもりで準備していましたが、そのあたりは天気が悪くて延期になりました。

いちおう1/30へ延期と決めたのですが。前夜1/29に雪が降っていたので、どうしようかなと思っていました。

1/30当日の朝に、天気が回復していたので、予定通りに行こうと決めました。



とはいえ状況次第では途中でやめるかもしれませんし。念のためにアイゼンも用意してきました。

スタートしてみたら、確かに雪は多かったのですが。寒さはそれほどでもなくて助かりました。凍っているところも無かった。昼頃に雪はもうだいぶ溶けてきました。

結果的にとても楽しかった。
コース状況/
危険箇所等
ルートは全体によく整備されています。とはいえ、この辺りはルートがたくさんありますから、くれぐれも道を間違えないように。
その他周辺情報世の中の状況を考えて、どこにも寄り道せずに帰りました。

おススメとしては、お弁当お惣菜の「たまご家」かなあ。
http://www.tamagoyabento.com/inuyama-top.html
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

写真

坂祝駅へ7:51着です。無人駅でした。
2021年01月30日 07:52撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂祝駅へ7:51着です。無人駅でした。
1
登山口へ着きました。車も10台ぐらい停めるスペースがあります。
2021年01月30日 08:11撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口へ着きました。車も10台ぐらい停めるスペースがあります。
1
登っていくと、昨夜降った雪がいっぱいあります。送電線の巡視路みたいでした。
2021年01月30日 08:23撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っていくと、昨夜降った雪がいっぱいあります。送電線の巡視路みたいでした。
送電線の鉄塔から素晴らしい眺めがありました。
2021年01月30日 08:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線の鉄塔から素晴らしい眺めがありました。
この辺りでも、こんなに雪があるなんてねえ。
2021年01月30日 08:55撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りでも、こんなに雪があるなんてねえ。
雪がいっぱいで嬉しくて、はしゃいでいました。後半その反動で疲れました。
2021年01月30日 09:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がいっぱいで嬉しくて、はしゃいでいました。後半その反動で疲れました。
坂祝町の勝山284mという三角点がありました。
2021年01月30日 09:05撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂祝町の勝山284mという三角点がありました。
1
雨の翌朝だから、眺めが素晴らしいです。
2021年01月30日 09:09撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の翌朝だから、眺めが素晴らしいです。
1
こんな風景ですが、寒さはそれほででもなくて、助かります。
2021年01月30日 09:17撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな風景ですが、寒さはそれほででもなくて、助かります。
ルートの上だけは雪が解けているのは何ででしょうね?
2021年01月30日 09:19撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートの上だけは雪が解けているのは何ででしょうね?
段々と雪が解けて来て、頭にかかってきます。
2021年01月30日 09:31撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々と雪が解けて来て、頭にかかってきます。
舗装道路の分岐点です。明王山を目指すなら往復30分ぐらいでしょうが、今回は諦めました。
2021年01月30日 09:39撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道路の分岐点です。明王山を目指すなら往復30分ぐらいでしょうが、今回は諦めました。
1
迫間不動の奥の院です。
2021年01月30日 09:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫間不動の奥の院です。
1
迫間山の頂上へ着きました。城跡だそうですが。
2021年01月30日 10:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫間山の頂上へ着きました。城跡だそうですが。
1
たぶんルートの上だけはほとんど草も何も生えていなくて、だからそこだけは地面の熱が直接伝わるから、雪が溶けているのだろう。
2021年01月30日 10:37撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶんルートの上だけはほとんど草も何も生えていなくて、だからそこだけは地面の熱が直接伝わるから、雪が溶けているのだろう。
山の南側は雪が溶けていきます。逆に山の北側とか谷沿いは雪が残っていました。
2021年01月30日 10:43撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の南側は雪が溶けていきます。逆に山の北側とか谷沿いは雪が残っていました。
多賀坂峠を通過します。たくさんのルートの分岐点になっています。
2021年01月30日 10:46撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多賀坂峠を通過します。たくさんのルートの分岐点になっています。
1
人気の高いルートはひとが多いのですが、あんまり人気のないルートには誰もいませんでした。
2021年01月30日 10:50撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人気の高いルートはひとが多いのですが、あんまり人気のないルートには誰もいませんでした。
また、いつか逆回りでも来てみたい、と思いました。
2021年01月30日 11:02撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、いつか逆回りでも来てみたい、と思いました。
ここの分岐点から、今回は谷沿いのルートへと進みます。
2021年01月30日 11:06撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの分岐点から、今回は谷沿いのルートへと進みます。
この辺りには砂防堰堤が連続します。
2021年01月30日 11:15撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りには砂防堰堤が連続します。
あんまり見慣れない光景が続いていました。
2021年01月30日 11:32撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あんまり見慣れない光景が続いていました。
何かの記念碑がありました。
2021年01月30日 11:38撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何かの記念碑がありました。
しばらく舗装された道路を歩きます。
2021年01月30日 11:49撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく舗装された道路を歩きます。
ここからまた山道へと進みます。
2021年01月30日 11:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからまた山道へと進みます。
12時ぐらいには、もう雪がずいぶん溶けてきましたが。山の北側は雪が残ったままですね。
2021年01月30日 12:00撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時ぐらいには、もう雪がずいぶん溶けてきましたが。山の北側は雪が残ったままですね。
12時ぐらいで、もう私はひどく疲れてきました。前半に興奮していたぶん、がっくりきた感じです。
2021年01月30日 12:25撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時ぐらいで、もう私はひどく疲れてきました。前半に興奮していたぶん、がっくりきた感じです。
この辺りは岩が連続しています。慣れているひとはともかく。ほんの少し、難しいかなと思います。
2021年01月30日 13:05撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは岩が連続しています。慣れているひとはともかく。ほんの少し、難しいかなと思います。
雨の翌朝だから、遠くまで眺めが素晴らしかった。
2021年01月30日 13:19撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の翌朝だから、遠くまで眺めが素晴らしかった。
13:20ごろ、八木山の頂上に到着です。
2021年01月30日 13:20撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:20ごろ、八木山の頂上に到着です。
1
14:10ごろ、愛宕山の頂上へ到着です。
2021年01月30日 14:11撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:10ごろ、愛宕山の頂上へ到着です。
1
こんな里に近くて標高も低めな山ですが。けっこう岩が多いですね。
2021年01月30日 14:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな里に近くて標高も低めな山ですが。けっこう岩が多いですね。
14時半ごろ、下山しました。最後も送電線の巡視路みたいでした。
2021年01月30日 14:38撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時半ごろ、下山しました。最後も送電線の巡視路みたいでした。
1
羽場駅へ15時前にゴールしています。
2021年01月30日 14:57撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽場駅へ15時前にゴールしています。
1

感想/記録

今回も感想を4点挙げておきます。



\磴いっぱいあって、すごく楽しかった。雪は多かったけれど、それほど寒く無くて助かりました。アイゼンも持って行ったけれど、どこも凍っていなかった。眺めも素晴らしく、行って良かった。



∈2鵑蓮△海Δい坂祝駅からスタートして、羽場駅へゴールしましたが。またいつか、この辺りを逆向きで歩きてみたいと思いました。



今回の歩いた周りには、色々なルートがあります。地図と、GPSと、使えるものは使って、道を間違えないように。グループだと、わりと先頭に続いてしまいがちですが。おかしいと感じたら必ず確認するほうがいいです。



ず埜紊留場駅で、どっち方面の電車に乗るのか分からなくて、案内もなく駅員さんも乗客も誰もいなくて、途方に暮れました。名古屋市方面とか岐阜市方面とか、表示されていてもなあ。段々と馴染んでくるのかもしれませんが。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:145人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ