また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 29012 全員に公開 トレイルラン日光・那須・筑波

皇海山

日程 2008年06月17日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:12皇海橋-9:07尾根-9:38皇海山頂上9:41-皇海橋10:30
過去天気図(気象庁) 2008年06月の天気図 [pdf]

感想/記録
by ojyo

シートベルトをしてないと体が浮きそうなほどの悪路だ。クルマの底が大きな石で当たり、このまま走りつづけると、壊れちゃいそうな道が延々と続き、18キロの道のりに約1時間もかかった。
対向車とあわなかったのがせめてもの救い。登山口がある皇海橋 に8時に着くと、1台のパジェロミニが止まっている。こういう道は四輪駆動にうってつけだ。皇海橋からの登山道は不動沢沿いに登って、鋸山と皇海山の鞍部に辿り着くここまで1時間だ。やや右手に鋸山のギザギザが現れる。その左側に庚申山だ。
笹原に道が覆われて最後の心臓破りの急登で先行者に追いついた。パジェロミニの男性だ。「お先に!どうぞ」と道を譲られ、「どうも!」と先を急いだ。青銅剣が出現し皇海山の頂上に到着。登山口から1時間半だ。快晴だが、樹木に遮られて見通しが無く、羽化した虫達が飛び交っている。北の燧ケ岳などが辛うじて眺められた。パジェロの男性が到着して、しばらく山談議して、早々にに引き上げる。
下山途中二組と行き交い、帰路は1時間で皇海橋に着く。
クルマが5台に増えていた。まだ午前11時だからこれから登る登山者もいそうだ。悪路を走ったのでクルマが真っ白に汚れる、まるでワールドラリーのクルマのようだ。
帰りは下り坂なので、来る時よりもスピードが出て、更にクルマの底に石コロが当たりまくる。
なんとか無事に吹割の滝の国道に出てひと安心。この皇海山だけが、思い通りに辿り着けなかった唯一の山だ。
過去三度は、足尾の銀山平から庚申山を経て、先の鞍部で阻まれた。一度は時間不足、二度目は道を見失い時間を無くし、三度目は残雪が多くルートが見つからず断念。
そして、今回、積み残した宿題をクリアーすることが出来た。
訪問者数:1625人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 急登 クリ

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ