また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2923347 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 栗駒・早池峰

中央分水嶺から高松岳に続く分水嶺 純白の虎毛山(鬼首トンネルから往復)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年02月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 車で鬼首トンネルの宮城側入口付近の駐車場まで行く.路面に雪はなくほぼ乾いていた.
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間28分
休憩
58分
合計
12時間26分
S鬼首トンネル宮城側駐車場.06:0807:12送電線鉄塔07:1507:33旧国道07:3508:33950m峰08:3508:55948m峰08:5610:00940m鞍部10:1710:471085m峰12:271256m鞍部12:2913:10虎毛山13:2713:431256m鞍部14:511085m峰15:03940m鞍部から稜線を離れる.16:30950m峰16:3617:12旧国道17:32送電線鉄塔17:4018:34鬼首トンネル宮城側駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 スノーシューで歩く.ここ数日は晴れや気温の高い状態が続いたので雪が締まり気温の低い午前中は雪面がやや硬くスノーシューだと10cm程度しかもぐらなかったが,吹き溜まりだと膝上までもぐった.終始トレースはなく誰とも会わなかった.
 
 尾根伝いに歩いたが分水嶺までのルートは地形がやや複雑なのでなるべく無駄な登りをしないように地形図を見ながら適当に歩く.中央分水嶺は起伏が多く思ったより疲れる.1087.7m峰への登りは途中に急で雪庇のある場所があり慎重に歩く.1097m峰の下りは東側に見事な雪庇が発達しているが,今年は豪雪で時期的にもやぶがまだ出ていないので西側の樹林の中を歩ける.中央分水嶺から虎毛山までの稜線は広大な緩斜面の雪原で展望が良い.

 帰りは足跡を追って歩いたが,1087.7m峰から下りの急な場所を避けたかったので手前の鞍部から南西の沢に下って鞍部に登り返した.また948m峰は東側を巻いたが気温が高いため軟雪でもぐり,また尾根に出る場所の大きな雪庇の乗り越えが大変だった.送電線付近からヘッドランプを点けGPSで確認しながら分かりにくくなった足跡を追って車まで戻った.
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

写真

7:12 送電線の鉄塔に着いた.
2021年02月13日 07:12撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:12 送電線の鉄塔に着いた.
1
7:12 朝日に輝く雪原になっている.
2021年02月13日 07:12撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:12 朝日に輝く雪原になっている.
1
7:34 旧国道に出た.
2021年02月13日 07:34撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:34 旧国道に出た.
1
7:55 国道から急斜面の尾根を登る.
2021年02月13日 07:55撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:55 国道から急斜面の尾根を登る.
8:11 純白の神室連峰が見える.小又山と天狗森.
2021年02月13日 08:11撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:11 純白の神室連峰が見える.小又山と天狗森.
2
8:12 望遠で小又山.
2021年02月13日 08:12撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:12 望遠で小又山.
1
8:33 中央分水嶺の950m峰に着いた.
2021年02月13日 08:33撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:33 中央分水嶺の950m峰に着いた.
8:33 周囲は樹林で展望はない.
2021年02月13日 08:33撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:33 周囲は樹林で展望はない.
1
8:38 948m峰に向かって下る.
2021年02月13日 08:38撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:38 948m峰に向かって下る.
8:56 948m峰山頂付近.
2021年02月13日 08:56撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:56 948m峰山頂付近.
1
8:56 樹林越しに虎毛山が見える.
2021年02月13日 08:56撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:56 樹林越しに虎毛山が見える.
9:28 1087.7m峰の登り.稜線から西側に小さな雪崩が生じている.
2021年02月13日 09:28撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:28 1087.7m峰の登り.稜線から西側に小さな雪崩が生じている.
1
9:58 1085m峰に向かって下る.
2021年02月13日 09:58撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:58 1085m峰に向かって下る.
10:23 1085m峰の登りから神室連峰.
2021年02月13日 10:23撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:23 1085m峰の登りから神室連峰.
1
10:24 小又山と天狗森.
2021年02月13日 10:24撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:24 小又山と天狗森.
2
10:47 1085m峰山頂.
2021年02月13日 10:47撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:47 1085m峰山頂.
10:47 遠方は禿岳に続く稜線.
2021年02月13日 10:47撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:47 遠方は禿岳に続く稜線.
1
11:02 1085m峰に続く稜線.
2021年02月13日 11:02撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:02 1085m峰に続く稜線.
11:06 雪庇が発達している.なるべく樹林の近くを歩く.
2021年02月13日 11:06撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:06 雪庇が発達している.なるべく樹林の近くを歩く.
1
11:18 1097m峰の下りから1171m峰.
2021年02月13日 11:18撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:18 1097m峰の下りから1171m峰.
1
11:18 ここも雪庇がある.
2021年02月13日 11:18撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:18 ここも雪庇がある.
11:19 雪庇が続く.
2021年02月13日 11:19撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:19 雪庇が続く.
11:59 1171m標高点手前から1097m峰を振り返る.後方は禿岳に続く稜線.
2021年02月13日 11:59撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:59 1171m標高点手前から1097m峰を振り返る.後方は禿岳に続く稜線.
1
11:59 1097m峰東側は急峻で見事な雪庇が発達している.
2021年02月13日 11:59撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:59 1097m峰東側は急峻で見事な雪庇が発達している.
3
11:59 望遠で雪庇.
2021年02月13日 11:59撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:59 望遠で雪庇.
2
12:00 神室連峰.
2021年02月13日 12:00撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:00 神室連峰.
1
12:00 望遠で小又山と天狗森.
2021年02月13日 12:00撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:00 望遠で小又山と天狗森.
2
12:00 さらに望遠で小又山.
2021年02月13日 12:00撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:00 さらに望遠で小又山.
2
12:15 1171m標高点付近から神室連峰.神室山も見えてきた.遠くに鳥海山も見える.
2021年02月13日 12:15撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:15 1171m標高点付近から神室連峰.神室山も見えてきた.遠くに鳥海山も見える.
1
12:16 神室連峰が一望.
2021年02月13日 12:16撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:16 神室連峰が一望.
1
12:16 少し望遠で神室山と遠くに鳥海山.
2021年02月13日 12:16撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:16 少し望遠で神室山と遠くに鳥海山.
1
12:16 少し望遠で神室連峰.
2021年02月13日 12:16撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:16 少し望遠で神室連峰.
1
12:16 望遠で鳥海山.
2021年02月13日 12:16撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:16 望遠で鳥海山.
3
12:16 望遠で神室山.
2021年02月13日 12:16撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:16 望遠で神室山.
2
12:16 さらに望遠で神室山.
2021年02月13日 12:16撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:16 さらに望遠で神室山.
3
12:16 望遠で天狗森.
2021年02月13日 12:17撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:16 望遠で天狗森.
2
12:16 望遠で小又山.
2021年02月13日 12:17撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:16 望遠で小又山.
2
12:16 望遠で鳥海山.
2021年02月13日 12:17撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:16 望遠で鳥海山.
2
12:27 1256m鞍部付近より神室連峰と鳥海山.西側に雲が出てきた.
2021年02月13日 12:27撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:27 1256m鞍部付近より神室連峰と鳥海山.西側に雲が出てきた.
1
12:27 神室山.
2021年02月13日 12:27撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:27 神室山.
1
12:28 望遠で神室山.
2021年02月13日 12:28撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:28 望遠で神室山.
1
12:28 広大で緩斜面の雪原を登る.
2021年02月13日 12:28撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:28 広大で緩斜面の雪原を登る.
12:53 避難小屋が見えた.
2021年02月13日 12:53撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:53 避難小屋が見えた.
13:12 虎毛山避難小屋に着いた.
2021年02月13日 13:12撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:12 虎毛山避難小屋に着いた.
2
13:12 虎毛山山頂.
2021年02月13日 13:12撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:12 虎毛山山頂.
1
13:12 神室連峰は雲がかかった.
2021年02月13日 13:12撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:12 神室連峰は雲がかかった.
1
13:13 栗駒山.左遠方は焼石連峰.
2021年02月13日 13:13撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 栗駒山.左遠方は焼石連峰.
2
13:13 望遠で栗駒山.
2021年02月13日 13:13撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 望遠で栗駒山.
2
13:13 さらに望遠で栗駒山.
2021年02月13日 13:13撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 さらに望遠で栗駒山.
2
13:13 焼石連峰.
2021年02月13日 13:13撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 焼石連峰.
13:13 望遠で焼石連峰.
2021年02月13日 13:13撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 望遠で焼石連峰.
1
13:13 さらに望遠で焼石連峰.
2021年02月13日 13:13撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 さらに望遠で焼石連峰.
1
13:13 高松岳に続く稜線.
2021年02月13日 13:13撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 高松岳に続く稜線.
1
13:13 望遠で高松岳.
2021年02月13日 13:13撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 望遠で高松岳.
1
13:13 さらに望遠で高松岳.
2021年02月13日 13:13撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 さらに望遠で高松岳.
1
13:14 避難小屋.
2021年02月13日 13:14撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:14 避難小屋.
1
13:14 南側は広大な雪の斜面が広がっている.後方は禿岳に続く稜線.
2021年02月13日 13:14撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:14 南側は広大な雪の斜面が広がっている.後方は禿岳に続く稜線.
1
13:27 どこでも歩けるが視界が悪いと大変そう.
2021年02月13日 13:27撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:27 どこでも歩けるが視界が悪いと大変そう.
1
13:29 足跡を追って戻る.
2021年02月13日 13:29撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:29 足跡を追って戻る.
13:31 東側の沢に巨大な雪壁がある.
2021年02月13日 13:31撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:31 東側の沢に巨大な雪壁がある.
1
13:31 高さは50m以上あると思う.
2021年02月13日 13:31撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:31 高さは50m以上あると思う.
2
13:31 ここには大きな雪庇がある.
2021年02月13日 13:31撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:31 ここには大きな雪庇がある.
1
13:37 春川の源頭部でこの下流に有名な万滝がある.
2021年02月13日 13:38撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:37 春川の源頭部でこの下流に有名な万滝がある.
2
13:37 周囲の展望を見ながらサクサク下る.
2021年02月13日 13:37撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:37 周囲の展望を見ながらサクサク下る.
13:56 1097mの雪庇の場所に戻ってきた.
2021年02月13日 13:56撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:56 1097mの雪庇の場所に戻ってきた.
14:54 1085m峰の下り.前方の雪庇のある1087.7峰の南側の急な尾根は下りたくないのでこの先の鞍部から左側の沢に下ることにする.
2021年02月13日 14:54撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:54 1085m峰の下り.前方の雪庇のある1087.7峰の南側の急な尾根は下りたくないのでこの先の鞍部から左側の沢に下ることにする.
15:09 鞍部から緩い尾根を下るが軟雪で潜る.
2021年02月13日 15:09撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:09 鞍部から緩い尾根を下るが軟雪で潜る.
16:36 950m峰山頂.夕暮れが近づいてきた.
2021年02月13日 16:36撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:36 950m峰山頂.夕暮れが近づいてきた.
1

感想/記録

 2013年3月20日に中央分水嶺歩きとして今回と重複するコースを歩いた.この時は虎毛山に行かないでさらに東側の1298m峰まで行き往復した.今回は高松岳に続く稜線を繋げるために中央分水嶺から虎毛山までを歩いた.これで高松岳までの稜線が繋がった.

 中央分水嶺の部分は一度歩いているコースだが,3月と2月では状況が違った.3月は雪が落ち着きやぶも出始め雪庇の崩落も始まっていた.2月は雪庇が恐ろしいほど発達しているが,まだ崩落はなくやぶは隠れているので雪庇を避け樹林側を比較的楽に歩ける.今年は豪雪で雪が多い影響もあると思う.ただ1087.7m峰への急な登りは崩落しそうな軟らかい雪で緊張した.3月は特に問題とならない場所だったと思う.近くには雪崩の跡もあり,帰りはこの尾根を避けて沢に下って登り返した.危険はなかったが軟雪でもぐり疲れ,また稜線に戻る部分の雪庇の乗り越えに苦労した.

 中央分水嶺から虎毛山までの稜線は広大な雪原で展望も良く気持ち良かった.虎毛山南東の沢の源頭にある巨大な雪壁と雪庇,1097m峰の北東側の雪庇はまだ亀裂もなく綺麗で一見の価値があると思う.3月以降の残雪期にこのルートを歩く登山者はそれなりにいると思うが,2月に登る人は稀だと思うので写真が撮れたことは良かった.

 帰りは下りで楽だと思ったが,登り下り多い稜線歩きと午後の軟雪で疲れがたまり最後は暗くなりヘッドランプを点けて歩いた.やっと帰宅し風呂に浸かり寝ようとしていたら大きな地震が来て急遽職場まで行き状況の把握をすることになってしまった.

 ここと重複する中央分水嶺山行:
栗駒と蔵王を結ぶ中央分水嶺 鬼首峠〜1097m峰〜1298m峰
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1289495.html

 ここから北につづく分水嶺山行:
中央分水嶺から高松岳に続く分水嶺 虎毛山
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2550332.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:308人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/1
投稿数: 583
2021/2/14 19:12
 分水嶺山行
土曜日は天気が良くて最高でしたね。私はその日、高松岳を回ってました。
さて、全記録を拝見しました。きれいですね。見事です。鳥海山から神室山を結ぶ稜線をかつて「仙の山」とよんでいました。それを踏破したという方がいます。今後のご活躍を期待しています。
登録日: 2013/12/30
投稿数: 25
2021/2/14 20:46
 Re: 分水嶺山行
 私が虎毛山に登った日に conanさんは高松岳に登っておられたとのこと.2月なのに風もなく穏やかに晴れて最高の天気でしたね.午後から神室連峰には雲がかかってしまいましたが,高松岳は綺麗に見えましたので conanさんも最高の山行だったのではないでしょうか.

 私は分水嶺を中心に日帰りでコツコツと歩いています.山形在住なので県境の分水嶺も歩いていますが,鳥海山から神室山を結ぶ稜線はかなり渋くて大変になりそうです.高齢ですので達成できるかわかりませんが,無事に「仙の山」を歩けることを願っています.

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ