また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2934675 全員に公開 雪山ハイキング 東海

天狗棚・井山 新雪トレースつけてのんびり雪山ハイク

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年02月19日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 早朝強風 その後無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
<アクセス・駐車場>
名古屋から猿投グリーンロード、国道153号、国道257号、
茶臼山高原道路でアクセス。井山川沿いの県道80号もこの日は通行可。
この日は茶臼山高原道路から凍結・積雪あり。
国道153号伊勢神峠より東は冬期、最低でもスタッドレス必須です。
面の木園地に未舗装駐車場あり。40台程。トイレなし。
冬期は積雪状況でコンディションガ悪いので進入注意。
面の木園地入口のコンクリ階段そばは吹き溜まり。スタック注意。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間50分
休憩
0分
合計
3時間50分
S面ノ木園地駐車場09:2010:00井山10:20面ノ木園地駐車場10:50共存国栄碑11:30尾根取付12:30天狗棚12:40天狗棚展望台13:10面ノ木園地駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<面の木園地〜井山〜面の木園地>
園地P向かいの車道を歩き、井山へ。
冬期は雪で両サイドにある側溝が埋まっているので注意。

<面の木園地〜共存国栄碑>
県道80号脇を下って入ります。道路との境に深い側溝有。
基調のオリエンテーリングコースです。

<共存国栄碑〜県道80号〜林道野入月ヶ平線〜尾根取付>
車道歩き。県道は車両通行あるので注意。
林道は冬期一般車両通行止。道なりに進むと登山道入口。

<尾根取付〜天狗棚〜天狗棚展望台〜面の木園地>
尾根伝いのオリエンテーリングコース。
看板は少ないですが明瞭で歩きやすいです。
1200高地を巻いて東側に道なりにアップダウンを進むと天狗棚。
天狗棚から展望台まではやや足場の悪い急な登山道です。
天狗棚展望台そばから面の木への道は細めのトラバース。
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

写真

面の木園地です。−6℃で霧氷たっぷり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面の木園地です。−6℃で霧氷たっぷり。
10
ゆっくりしてたらこのあと霧氷は落ちてしまった;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくりしてたらこのあと霧氷は落ちてしまった;
5
面の木駐車場。未舗装で部分的に吹き溜まり。スタック注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面の木駐車場。未舗装で部分的に吹き溜まり。スタック注意。
7
井山山頂。芝生の丘ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井山山頂。芝生の丘ですね。
6
多分、真ん中奥のやや左が猿投山と思われます。旭高原元気村も見えてたのに写ってない…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分、真ん中奥のやや左が猿投山と思われます。旭高原元気村も見えてたのに写ってない…
4
真ん中あたりに寧比曽と筈ヶ岳と思い撮影したけど、写真だとわかりにくいなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中あたりに寧比曽と筈ヶ岳と思い撮影したけど、写真だとわかりにくいなぁ。
4
左が御嶽、中央が恵那山、右が大川入山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が御嶽、中央が恵那山、右が大川入山です。
6
電波塔の横をぐるっと。保全路がついています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電波塔の横をぐるっと。保全路がついています。
3
自分のトレース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のトレース。
5
三基の風車があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三基の風車があります。
2
牧歌的で素敵。あまり綺麗で駆け寄って側溝にハマって転倒。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧歌的で素敵。あまり綺麗で駆け寄って側溝にハマって転倒。
8
県道80号脇からオリエンテーリングコースへ。ここに深い側溝があり、腰までハマりました;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道80号脇からオリエンテーリングコースへ。ここに深い側溝があり、腰までハマりました;
4
橋上は冷え込むため、雪が解けずしっかり乗ってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋上は冷え込むため、雪が解けずしっかり乗ってます。
3
今日はセブンイレブンのミルク餡まん。博多通りもんが好きな人はオススメ。シャトレーゼの酪花もよい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はセブンイレブンのミルク餡まん。博多通りもんが好きな人はオススメ。シャトレーゼの酪花もよい。
5
林道野入月ヶ平線へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道野入月ヶ平線へ。
2
で、尾根に取り付きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、尾根に取り付きます。
2
静かでよい感じです。・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かでよい感じです。・
4
ここからの恵那山は近く見えます。その左手前に大船山の風車が見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの恵那山は近く見えます。その左手前に大船山の風車が見えています。
6
きくらげが木に着いたまま乾燥しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きくらげが木に着いたまま乾燥しています。
6
ブナの枝が綺麗。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの枝が綺麗。
6
天狗棚展望台直下の急階段。今日はトレースないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗棚展望台直下の急階段。今日はトレースないです。
3
この階段途中からの萩太郎山と茶臼山ごしの南アルプスがメチャ綺麗です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段途中からの萩太郎山と茶臼山ごしの南アルプスがメチャ綺麗です。
6
トラバースで面の木園地に戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースで面の木園地に戻ります。
3
ここからいつものセリバオウレン群生地に寄りみち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからいつものセリバオウレン群生地に寄りみち。
12
花芯がほんのりピンクでかわいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花芯がほんのりピンクでかわいい。
8
花は盛り。まだ蕾が立ち上がってきているのであと2週間ほどは楽しめそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花は盛り。まだ蕾が立ち上がってきているのであと2週間ほどは楽しめそう。
3
青空もいれて。ここはセリバとキクバが混生しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空もいれて。ここはセリバとキクバが混生しています。
5
帰りに豊田市足助「花の木」でテイクアウト。今日はもも焼とロールです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに豊田市足助「花の木」でテイクアウト。今日はもも焼とロールです。
7

感想/記録

前日寒波の影響で名古屋でも5センチ程の積雪。
新雪を求めていつもの天狗棚に出掛けて来ました。

アクセス路のコンディションはかなりよく、
積雪多めの日は避けている面の木園地駐車場へ駐車。
風車の回る井山へのアクセスも近いので歩きに行って…
予想以上の大展望や風車のある風情ある景色に感動でした。
車道歩きの山だしと思ってたけど、
元は放牧地だったと思われる井山の風情は素晴らしかったです。
景色に魅了されて車道両脇の側溝にハマりまくりでしたけど;

で、そのあとは先日歩いていい感じだった、
1200高地の西の尾根を歩くべくオリエンテーリングコースへ。
またここでも側溝に腰までハマりました…側溝深すぎる;
誰も歩いておらずノートレースの雪道を静かに進みます。
車道を経由し、尾根道へ取り付き。やはり誰もおらず。
踏み跡のない雪道をゆっくりゆっくり歩いて行きます。
1200高地付近でトレースに合流しましたが
面の木駐車場付近以外ではどなたとも会わない静かな1日でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:252人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 高原 ブナ 霧氷 トラバース
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ