また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2938624 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

千丈寺山・北千丈寺山 北尾根コースで下山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年02月20日(土) [日帰り]
メンバー
 shigsak(SL)
, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青野ダムの駐車場にマイカーを停めました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間6分
休憩
11分
合計
6時間17分
S青野ダム駐車場08:5809:41北浦天満宮11:36千丈寺山11:49松住権現12:0012:08北千丈寺山12:5513:21青野川15:15青野ダム駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
千丈寺山への登りはハイカーが多いので道ははっきりしています。千丈寺山〜北千丈寺山〜青野川までは倒木があったりと荒れていますがテープやリボンでマークされているので迷うことなく進めます。
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

青野ダムに車を停めてスタート。千丈寺湖の向こうにこれから登る千丈寺山が見えています(奥にある山)。
2021年02月20日 08:58撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青野ダムに車を停めてスタート。千丈寺湖の向こうにこれから登る千丈寺山が見えています(奥にある山)。
北浦天満宮の右側にある道を登っていきます。
2021年02月20日 09:41撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北浦天満宮の右側にある道を登っていきます。
登山道に入ってすぐにある砂防ダム。1/25000地形図をよく見ると地形図記号で描かれているので、破線のとおりダムの右側にある道で登っていきます。
2021年02月20日 09:57撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入ってすぐにある砂防ダム。1/25000地形図をよく見ると地形図記号で描かれているので、破線のとおりダムの右側にある道で登っていきます。
序盤は急な岩場を歩きます。
2021年02月20日 10:03撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤は急な岩場を歩きます。
ふと振り返ると絶景。湖の左側の奥にある山は、ちょい前に登った加茂金毘羅山。
その左にある三角の山は三角点283.1があるピーク。通りすがりのハイカーがこれを有馬富士だと誤解していました。有馬富士は写真で一番左に写っているとんがったピークです。
2021年02月20日 10:04撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと振り返ると絶景。湖の左側の奥にある山は、ちょい前に登った加茂金毘羅山。
その左にある三角の山は三角点283.1があるピーク。通りすがりのハイカーがこれを有馬富士だと誤解していました。有馬富士は写真で一番左に写っているとんがったピークです。
1
尾根から千丈寺山の山頂を確認。もうちょいです。
2021年02月20日 10:55撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から千丈寺山の山頂を確認。もうちょいです。
1
山頂手前の急な岩場を登っていくと・・・
2021年02月20日 11:16撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の急な岩場を登っていくと・・・
岩場の上に大絶景が広がっていました。
写真左側の、濃く写っている三角の山は405ピーク。その左にある台形をした山は飯盛山。
405ピークの右奥にあるとんがった山は有馬富士。
ここから先は眺望がなかったです。
2021年02月20日 11:28撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の上に大絶景が広がっていました。
写真左側の、濃く写っている三角の山は405ピーク。その左にある台形をした山は飯盛山。
405ピークの右奥にあるとんがった山は有馬富士。
ここから先は眺望がなかったです。
1
千丈寺山の三角点
2021年02月20日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千丈寺山の三角点
三角点を過ぎると岩場がしばらく続きます。足元の安定さを確認しながら慎重に進みました。
2021年02月20日 11:39撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点を過ぎると岩場がしばらく続きます。足元の安定さを確認しながら慎重に進みました。
尾根から見えた風景。中央のとんがった山は大船山。
2021年02月20日 11:46撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から見えた風景。中央のとんがった山は大船山。
1
乙原に降りる道の分岐にある松住大権現。ここで昼食しました。
2021年02月20日 11:49撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乙原に降りる道の分岐にある松住大権現。ここで昼食しました。
大権現のちょい手前に戻り、北千丈寺山に向かう道に入りました。明るい雑木林のなかを、テープを頼りに進んでいきました。
ひょっこりと北千丈寺山の案内板が出現。
2021年02月20日 12:08撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大権現のちょい手前に戻り、北千丈寺山に向かう道に入りました。明るい雑木林のなかを、テープを頼りに進んでいきました。
ひょっこりと北千丈寺山の案内板が出現。
北千丈寺山からは急な道を下がっていきます。落ち葉で足元が滑るので、木をつかみながら慎重に足を進めました。
2021年02月20日 12:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北千丈寺山からは急な道を下がっていきます。落ち葉で足元が滑るので、木をつかみながら慎重に足を進めました。
唯一ルート発見に迷ったのがこれ。
北に向かって歩くはずなのに、西向きの下りに見えたので「この道を歩くのではない」と解釈してまっすぐ先にある岩場に進んでいきました。そこから藪漕ぎしていると左手にテープを発見。道っぽいのもあったので、気になってそこを登るとこのテープの場所に出ました。
西向きに向かうのはちょっとだけですぐに道は北に向かっていたというオチでした。
2021年02月20日 12:46撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一ルート発見に迷ったのがこれ。
北に向かって歩くはずなのに、西向きの下りに見えたので「この道を歩くのではない」と解釈してまっすぐ先にある岩場に進んでいきました。そこから藪漕ぎしていると左手にテープを発見。道っぽいのもあったので、気になってそこを登るとこのテープの場所に出ました。
西向きに向かうのはちょっとだけですぐに道は北に向かっていたというオチでした。
峠に到着。
2021年02月20日 12:55撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠に到着。
池まで降りてきました。
2021年02月20日 13:13撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池まで降りてきました。
青野川沿いに、ダムまで歩いていきました。
2021年02月20日 13:21撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青野川沿いに、ダムまで歩いていきました。

感想/記録

5年くらい前、千丈寺山に登りました。「単調な登り」という記憶だったのですが、最初にガッと登って、尾根をのんびりと歩いて、最後にまたガッと登って大絶景という記憶より楽しい登りでした。
前回は大権現から乙原に降りるコースを歩きましたが、今回はヤマレコで北尾根で降りることができると知ったので、行ってみました。
過去のヤマレコの記事では「道なき道を下っていく」という印象を持ったのですが、実際に行ってみると荒れているものの道らしきものはありました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:191人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 藪漕ぎ 倒木 砂防ダム
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ