また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2940904 全員に公開 ハイキング 近畿

三嶽〜小金ヶ嶽(多紀連山)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年02月21日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
(往路)県道12号(復路)国道173号(能勢温泉に立ち寄り)。遠方からの場合は舞鶴若狭道(丹南篠山口IC)〜国道372号。

(駐車場)
三嶽登山口の他、大タワ(三嶽〜小金ヶ嶽縦走路の中間の鞍部)にもあり。いずれもキャパ30台位。

(電車・バス)
登山口までは地元の方用の乗り合いタクシーしかないので、アクセス厳しいと思われる。

(トイレ)
三嶽山頂手前と大タワ駐車場にあり。(汲取式・清潔ではない)

(コンビニ)
登山口に近づけば近づくほどなくなる。 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
34分
合計
5時間29分
S多紀連山登山者駐車場(無料)07:0908:00大岳寺鳥居堂跡08:0508:19大岳寺跡08:2108:52三嶽08:5809:35大タワ駐車場09:5210:45小金ヶ嶽10:4912:37多紀連山登山者駐車場(無料)12:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(概況)
三嶽の上り下りは概ね良好。歩きやすい。小金ヶ嶽の上りは岩場・鎖場の連続。下りも渡渉連続する部分あり、相対的に難度が上がる。

(三嶽登山口〜三嶽山頂〜大タワ)
山頂前後の傾斜がきついが、踏み跡は概ね明瞭。尾根を直登。等高線と予定ルートの相関を都度イメージできれば大丈夫。

(大タワ〜小金ヶ嶽山頂)
踏み跡は明瞭だが、山頂手前は鎖場の連続。難度は高くない。小学校高学年位の男の子も登っていた。 

(小金ヶ嶽山頂〜小金口)
前半は尾根筋下り、後半は沢歩き。岩が目立つ部分で一部踏み跡薄い箇所あり。ルートを外さないよう注意。後半の沢歩きは渡渉の繰り返し。まとまった雨の直後は避けた方が良さそう。
その他周辺情報舞鶴若狭道・国道176号方面(登山口から西側)であれば、今田温泉(ぬくもりの湯)。国道173号(登山口から東側)であれば、るり渓温泉・能勢温泉。他には籠坊温泉(県道12号沿い)

写真

7時頃三嶽登山者用駐車場着。先着車なし。
2021年02月21日 07:10撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時頃三嶽登山者用駐車場着。先着車なし。
7
車で上ってきた道を集落の方向へ少し戻る。
2021年02月21日 07:13撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車で上ってきた道を集落の方向へ少し戻る。
6
民家の脇から登山口へ。
2021年02月21日 07:17撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の脇から登山口へ。
8
これから登る三嶽(中央)。昨日に続き今日も晴天。
2021年02月21日 07:18撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る三嶽(中央)。昨日に続き今日も晴天。
10
里と山の間にはフェンスあり。
2021年02月21日 07:20撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里と山の間にはフェンスあり。
5
ひと上りして稜線に出る。
2021年02月21日 07:41撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと上りして稜線に出る。
5
鳥居堂跡で休憩。汗が出てきたので薄着に。日差しもきつくなり、春がすぐそこまでやってきていることを実感。
2021年02月21日 08:00撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居堂跡で休憩。汗が出てきたので薄着に。日差しもきつくなり、春がすぐそこまでやってきていることを実感。
5
三嶽山頂に近づくにつれ、岩がちになる。地図と踏み跡を確認しながら尾根を直登。
2021年02月21日 08:39撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶽山頂に近づくにつれ、岩がちになる。地図と踏み跡を確認しながら尾根を直登。
18
三嶽山頂広場遠景。
2021年02月21日 08:58撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶽山頂広場遠景。
21
空は綺麗なのだが、山並みは霞んでいて満足いく画像が撮れない。
2021年02月21日 08:40撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空は綺麗なのだが、山並みは霞んでいて満足いく画像が撮れない。
14
三嶽山頂から北(天橋立方向)
2021年02月21日 08:57撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶽山頂から北(天橋立方向)
14
木々の向こうに見えるのが小金ヶ嶽。間に深い鞍部あり、上り返しがきつそう。
2021年02月21日 09:14撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の向こうに見えるのが小金ヶ嶽。間に深い鞍部あり、上り返しがきつそう。
7
200m以上急降下して大タワへ。キャンプやアスレチックができる自然公園だった。お腹が空いたのでまだ10時前だがパンをかじる。腹ペコでは上れない。
2021年02月21日 09:35撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
200m以上急降下して大タワへ。キャンプやアスレチックができる自然公園だった。お腹が空いたのでまだ10時前だがパンをかじる。腹ペコでは上れない。
8
エネルギー充填して、小金ヶ嶽に向け上り返し。
2021年02月21日 09:52撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エネルギー充填して、小金ヶ嶽に向け上り返し。
4
登山口にあった祠にお参り。歩く人が少ない、マイナーな低山こそ危ない。
2021年02月21日 09:53撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口にあった祠にお参り。歩く人が少ない、マイナーな低山こそ危ない。
9
しばらく綺麗な沢沿いを緩やかに上る。
2021年02月21日 10:06撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく綺麗な沢沿いを緩やかに上る。
6
正面に小金ヶ嶽山頂が見えてきた。険しそう。
2021年02月21日 10:26撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に小金ヶ嶽山頂が見えてきた。険しそう。
8
鎖場の始まり。
2021年02月21日 10:29撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場の始まり。
10
この辺りからの眺望は良好。先ほど登頂した三嶽。
2021年02月21日 10:32撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからの眺望は良好。先ほど登頂した三嶽。
24
岩場の連続。
2021年02月21日 10:34撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の連続。
19
小金ヶ嶽山頂。
2021年02月21日 10:45撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小金ヶ嶽山頂。
26
山頂看板。
2021年02月21日 10:45撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂看板。
16
山頂から北方向。まだすっきりしない。
2021年02月21日 10:45撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北方向。まだすっきりしない。
15
山頂から東方向(八ヶ尾山)。手強い山だが近々挑む予定。
2021年02月21日 10:45撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から東方向(八ヶ尾山)。手強い山だが近々挑む予定。
12
下山開始。尾根筋だがそこそこの斜度。慎重に。
2021年02月21日 10:54撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始。尾根筋だがそこそこの斜度。慎重に。
7
尾根道の下り、注意していたのだが、ここで少し予定ルートを外してしまった。すぐ上り返し復帰。この木製の案内板、→ではなく、⇔にしてくれると有難いのだが。(下って来た時に枝道あり、紛らわしい)
2021年02月21日 11:08撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道の下り、注意していたのだが、ここで少し予定ルートを外してしまった。すぐ上り返し復帰。この木製の案内板、→ではなく、⇔にしてくれると有難いのだが。(下って来た時に枝道あり、紛らわしい)
6
ここから大タワ側へエスケープしようと思ったのだが、踏み跡なく沢に下るルートということもあり、リスキーなので予定通りのルートで下ることにする。
2021年02月21日 11:22撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから大タワ側へエスケープしようと思ったのだが、踏み跡なく沢に下るルートということもあり、リスキーなので予定通りのルートで下ることにする。
4
しばらくハイキング気分で緩やかに下る。
2021年02月21日 11:29撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくハイキング気分で緩やかに下る。
4
福泉寺跡。この辺りで少し足がつる。大した距離でもup・downでもないのだが・・・トシか?一応これでも学生時代はオリエンテーリングで山の中を走っていたんだが・・・
2021年02月21日 11:32撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福泉寺跡。この辺りで少し足がつる。大した距離でもup・downでもないのだが・・・トシか?一応これでも学生時代はオリエンテーリングで山の中を走っていたんだが・・・
9
この辺りから沢沿い。沢歩きは個人的に嫌だ。(2020年夏の堂満岳のトラウマが・・・)
2021年02月21日 11:41撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから沢沿い。沢歩きは個人的に嫌だ。(2020年夏の堂満岳のトラウマが・・・)
4
この辺りは赤テープがあるので、慎重に渡渉を繰り返しながら下る。
2021年02月21日 11:55撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは赤テープがあるので、慎重に渡渉を繰り返しながら下る。
5
ようやく林道に。
2021年02月21日 12:05撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく林道に。
5
登山者用のゲート。
2021年02月21日 12:09撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者用のゲート。
4
登山口。ここからさらに下って、迂回して駐車場に戻る。
2021年02月21日 12:11撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。ここからさらに下って、迂回して駐車場に戻る。
5
駐車場着。登山終了。今日も無事に下山できました。ありがとうございました。
2021年02月21日 12:37撮影 by SC-02L, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場着。登山終了。今日も無事に下山できました。ありがとうございました。
12

感想/記録
by zasan

少し前から計画していた丹波地方の未踏の山に出かけてきました。

気づけば生まれ育った京都府(19年)、学生時代の東京都(4年)をはるかに超え、兵庫県在住32年。京都府、東京都も好きですが、定期的に山行をするようになって兵庫県の良さもより一層実感するようになりました。

ご訪問ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:197人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/7/7
投稿数: 750
2021/2/21 19:47
 オリエンテーリング
ざーさんこんばんは〜

このコース行かれたのですね。
懐かしいです。意外と楽しかった覚えがあります。

ざ〜さんも学生時代に本式のオリエンテーリングで山走られていたのですね。
自分も高校時代やってました。京都の高校or大学でしたら
もしかしたら大会で会ってるかもしれないですね(笑)
もう関西には無くなってしまってますが、地図とコンパスだけで読図しながら山を走りまくって
今から考えたら、めちゃくちゃ元気でしたね💦
まだトレランという言葉も浸透していない時代なので
当時は同級生から「山猿」とか言われてました(笑)
登録日: 2019/2/8
投稿数: 192
2021/2/21 20:10
 Re: オリエンテーリング
woodtableさん

こんばんは。
そうなんですね!オリエンテーリングされてたんですね。

確かに関西はオリエンテーリングに適した植生の綺麗な林が少ないこともあり、どちらかというと関東の方がメジャーでしたね。1980〜90年代位が一番盛んだったかも知れません。

私は東京に行ってから(大学時代)4年だけなので、大したことありません。

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ