また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2958878 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

鷹ノ巣山(峰谷から浅間尾根経由 ピストン)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年02月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
(1)往路
東伏見駅5:28〜5:37小平駅5:41〜6:02拝島駅6:16〜6:34青梅駅6:35〜7:18奥多摩駅(880円)7:45〜(バス:610円)〜8:21峰谷バス停
(2)復路
峰谷バス停16:55〜(バス:610円)〜17:31奥多摩駅17:47〜18:18青梅駅18:20〜18:37拝島駅18:59〜19:13小川駅19:19〜19:22東村山駅19:28〜19:31所沢駅19:35〜19:49保谷駅(920円)

交通費トータル:3,020円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
55分
合計
7時間45分
S峰谷バス停08:2509:40浅間尾根奥口09:4510:00浅間神社10:0511:40鷹ノ巣山の水場11:45鷹ノ巣山避難小屋11:5012:25鷹ノ巣山13:0013:30鷹ノ巣山避難小屋13:3513:40鷹ノ巣山の水場14:55浅間神社15:15浅間尾根奥口16:10峰谷バス停16:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(1)コース中、積雪箇所・凍結箇所全くなし。(2/27現在)
(2)鷹ノ巣避難小屋の水場あたりのトラバース道が一部土砂で埋まっていて足元がかなり不安定。通過要注意です。
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

写真

3週連続、奥多摩の山域に足を運ぶ。
2021年02月27日 07:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3週連続、奥多摩の山域に足を運ぶ。
1
奥多摩駅から1日3本の峰谷行きのバスに乗車。
2021年02月27日 07:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩駅から1日3本の峰谷行きのバスに乗車。
奥多摩駅から約40分、標高580メートル、登山口の峰谷バス停。ここで降りた乗客は私を含めて6人。
2021年02月27日 08:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩駅から約40分、標高580メートル、登山口の峰谷バス停。ここで降りた乗客は私を含めて6人。
浅間尾根登山口の奥集落まで林道を進む。
2021年02月27日 08:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間尾根登山口の奥集落まで林道を進む。
1
林道をショートカットする登山道。
2021年02月27日 08:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をショートカットする登山道。
1
途中、倒木が道を塞いでいた。
2021年02月27日 09:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、倒木が道を塞いでいた。
前方に人家が現れた。
2021年02月27日 09:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に人家が現れた。
1
ここは空き家ですね。
2021年02月27日 09:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは空き家ですね。
さらに進むと・・
2021年02月27日 09:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進むと・・
日当たりのよい開けた場所に出た。
2021年02月27日 09:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日当たりのよい開けた場所に出た。
1
ここが林道コースとショートカットコースの合流地点。
2021年02月27日 09:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが林道コースとショートカットコースの合流地点。
1
奥集落の景観。この辺りで標高900メートル。バス停から300メートル登ってきた。
2021年02月27日 09:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥集落の景観。この辺りで標高900メートル。バス停から300メートル登ってきた。
ここが奥集落から鷹ノ巣山への登山口。
2021年02月27日 09:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが奥集落から鷹ノ巣山への登山口。
浅間神社。この辺りで標高1000メートルを超える。
2021年02月27日 09:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間神社。この辺りで標高1000メートルを超える。
2
浅間神社から少し進んだ場所から石尾根のピークがみえた。日蔭名栗山ですね。
2021年02月27日 10:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間神社から少し進んだ場所から石尾根のピークがみえた。日蔭名栗山ですね。
浅間神社から樹林の急登が続いたが、標高1300メートルあたりで勾配が一段落した。
2021年02月27日 10:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間神社から樹林の急登が続いたが、標高1300メートルあたりで勾配が一段落した。
1
気持ちのいい冬枯れの尾根。左はシイタケの栽培地です。
2021年02月27日 10:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい冬枯れの尾根。左はシイタケの栽培地です。
登山道は一旦は尾根に沿って続いていたが
2021年02月27日 11:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は一旦は尾根に沿って続いていたが
標高1550メートルあたりから尾根の左側を巻いていた。
2021年02月27日 11:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1550メートルあたりから尾根の左側を巻いていた。
1
狭いトラバース。ここは土砂崩れの形跡あり足元が極めて不安定。
2021年02月27日 11:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭いトラバース。ここは土砂崩れの形跡あり足元が極めて不安定。
避難小屋が見えた。
2021年02月27日 11:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋が見えた。
1
ここが鷹ノ巣避難小屋。
2021年02月27日 11:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが鷹ノ巣避難小屋。
小休止ののち、鷹ノ巣山山頂を目指す。
2021年02月27日 11:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小休止ののち、鷹ノ巣山山頂を目指す。
1
山頂へ向かう登山道。前方に見えるのは・・・
2021年02月27日 12:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ向かう登山道。前方に見えるのは・・・
1
飛行機雲!
2021年02月27日 12:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛行機雲!
1
山頂が見えた!
2021年02月27日 12:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えた!
2
鷹ノ巣山山頂到着!標高差1000メートル超えは歩き応えあります。
2021年02月27日 12:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山山頂到着!標高差1000メートル超えは歩き応えあります。
6
西側に南アルプス。
2021年02月27日 12:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側に南アルプス。
1
山頂から富士山!その手前左から大室山、御正体山、三ッ峠山。
2021年02月27日 12:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から富士山!その手前左から大室山、御正体山、三ッ峠山。
3
大岳山と御前山。
2021年02月27日 12:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山と御前山。
1
都心方向。先週登った大岳山を遥か下に見下ろします。
2021年02月27日 12:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都心方向。先週登った大岳山を遥か下に見下ろします。
こちらは飛竜山。
2021年02月27日 12:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは飛竜山。
日蔭名栗山の向こうに甲斐駒ヶ岳。
2021年02月27日 13:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日蔭名栗山の向こうに甲斐駒ヶ岳。
山頂から避難小屋に下りる途中から、雲取山。
2021年02月27日 13:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から避難小屋に下りる途中から、雲取山。
3
再び、避難小屋に戻り、下山開始。
2021年02月27日 13:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、避難小屋に戻り、下山開始。
登るときは気が付かなかったが水場のすぐ先が崩壊地ですね。(水場は枯れていました)
2021年02月27日 13:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るときは気が付かなかったが水場のすぐ先が崩壊地ですね。(水場は枯れていました)
シイタケ栽培地。
2021年02月27日 14:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シイタケ栽培地。
立ち入り禁止立札。
2021年02月27日 14:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち入り禁止立札。
収穫されたシイタケを下に運ぶモノレールの軌道ですね。
2021年02月27日 14:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
収穫されたシイタケを下に運ぶモノレールの軌道ですね。
浅間神社まで下山した。
2021年02月27日 14:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間神社まで下山した。
1
一旦林道を通りショートカット登山道経由で
2021年02月27日 15:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦林道を通りショートカット登山道経由で
バス停まで下山。
2021年02月27日 16:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停まで下山。
16時55分発の奥多摩駅行き最終バスで帰途に就く。
2021年02月27日 16:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16時55分発の奥多摩駅行き最終バスで帰途に就く。

感想/記録

2/26(金)に関東地方は南岸低気圧の通過で雨もしくは降雪の可能性との予報でしたので、翌日土曜日は雪が踏めるのでは?と淡い期待をしたのですが、予報よりも低気圧が離れて通過したため、雪山ハイキングは叶いませんでした。
 早朝自宅を出るときは冷たい強風が吹いていたので、鷹ノ巣の山頂まで行けるか懸念しましたが杞憂だったようです。正午過ぎの登頂だったこともあり、山頂は風も穏やか、日差しも暖かく快適でした。


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:278人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ